多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

多摩大学(東京都多摩市、学長:寺島 実郎)は、小田急グループの小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司様)および小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:五十嵐 秀様)と2022年4月14日(木)に、「連携協力に関する包括協定」を締結しました。

本協定は、多摩大学と小田急グループが、社会や地域の持続的な発展を目指して、相互が持つ人的資源と知的資産を活用した教育・研究、社会課題の解決や、社会貢献活動を通じたより一層の連携協力を推進するものとして締結したものです。

1.多摩大学と小田急電鉄株式会社および小田急不動産株式会社との包括連携の主旨
以下の事項について連携して取り組んでまいります。

(1)小田急沿線の地域のまちづくりやくらしに関する拠点機能の創設・運営
(2)小田急沿線における産学連携に関するシンポジウム等の情報発信
(3)多摩大学の実施する授業や講演等での連携

2.今後の展開について
小田急多摩線の栗平駅前には、小田急不動産が2019年3月に開業したコミュニティー施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」があります。地域にお住まいの方が気軽に集い・寛げる憩いの場所として、コミュニティーカフェを中心に、多目的に利用いただけるレンタルスペースやワークスペースを提供しています。本協定を通じて、当施設を拠点に、地域のこどもを対象とした知的好奇心や思考力を育むスクール「マチカドこども大学(仮称)」を連携して運営します。
また、小田急電鉄では、経営ビジョン「UPDATE 小田急」の実現にむけて地域価値創造の取り組みを推進しています。2021年12月には地域の未来を考えるプレーヤーの情報発信・共創のきっかけの場としてオンラインピッチ「Odakyu Innovation Week」を開催しました。新たに産学連携によるシンポジウム「Odakyu Innovation Roots(仮称)」を実施することで、小田急沿線におけるイノベーティブな取り組みを加速します。

 (左)小田急電鉄㈱ 社長 星野 晃司様 (中)本学 学長 寺島 実郎 (右)小田急不動産㈱ 社長 五十嵐 秀様

「令和4年度多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト」の参加学生募集を行います。
今年度は八王子市と日野市が新たにエリアに加わり、Withコロナにおける域内観光の活性化を目指すコンテストを実施するとともに、昨年度のエントリー企画案の事業化へ向けた取組みとして、さらなる実証実験のサポートを行います。
長期化するコロナ禍、地域を盛り上げるアイディアを具体化していく本プロジェクトに興味のある学生を募集します。
本プロジェクトは、多摩大学経営情報学部 長島 剛 教授のゼミが企画を担当しています。

令和4年度「多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト事前説明会」
日時:
令和4年5月7日(土) 13時~14時
内容:
本プロジェクトの目的、昨年度の実施事例の紹介、エントリーから最終審査会までの流れ、学生同士での交流会などを予定しています。
実施手法:
オンライン(Zoom)
※事前にご連絡いただいた方に、Zoom招待IDをお伝えします。
※5月7日(土)以降、当日録画映像を多摩市公式YouTubeに公開予定です。
主催:
多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト実行委員会
(構成組織・・・多摩市・稲城市・八王子市・日野市・多摩大学総合研究所・京王観光株式会社連携事業)

注意事項:事前説明会参加後、本コンテストに参加を希望するチームは、6月1日(水)までにエントリーする必要があります。

  • タマリズム事務局会議の様子
    タマリズム事務局会議の様子
  • 長島ゼミの学生が企画説明をしました
    長島ゼミの学生が企画説明をしました
〇多摩地域マイクロツーリズムプロジェクトとは
地域における実用可能なマイクロツーリズムプランの構築により、地域経済の活性化を目指すもので、長期化するコロナ禍が、観光・宿泊業はじめ地域経済に大きな影響をあたえていることを踏まえ、地元の魅力を再発見するなど、継続性のある地域活性化を目指し、官民学連携で実施するものです。
プロジェクトでは、次世代を担う大学生等により構成されるチームを対象として、郊外住宅地を有する都市における課題を踏まえたマイクロツーリズムのアイディア企画を公募し、1年間をかけて、自治体・観光協会・地元事業者と連携しながら事業構築をし、次年度以降の実用化を目指します。

詳細は多摩地域マイクロツーリズムプロジェクトホームページよりご確認ください。
URL:https://tamarism.com/

問い合わせ

多摩大学 産官学民連携センター事務課
電話 042-337-7583(直通)
Fax 042-337-7100

4月8日から3日間、立川駅直結型百貨店「グランデュオ立川(住所:東京都立川市)」3階「BALL.HUB」にて、経営情報学部 松本祐一教授のゼミ生(9名)が奥多摩物産展「ドウサンパーク」を開催し、奥多摩町の特産品を使用した商品や工芸品、さらにゼミ生自ら考案したガチャガチャなどを展示販売しました。

「ドウサンパーク」とは「ドウサン」=「動産」のこと。

奥多摩の不動産は都会ほど価値が高くないが、奥多摩の地域資源に志のある人たちがスパイスを加えることで、「動くもの(動産)」=「価値あるものにしたい」という想いを込めて名付けました。

松本ゼミは、奥多摩町の人口減少、若者不足の課題を解決し、移住者を増やしたいという想いから、ゼミの創設以来、イベント・ガチャポン・スーパーの3つの事業部に分かれ、6年間にわたり奥多摩町の魅力を伝え続けながら、地域課題解決に取り組んでいます。

今回は、イベント事業部が中心となり、奥多摩町の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいという想いから企画が実現しました。

これまで奥多摩町の特産品である治助芋の栽培や治助芋を使用した商品を学園祭で販売したり、奥多摩の魅力がつまったガチャポンの出店、奥多摩PRのための動画を作成したりするなど、ゼミ生が主体となって地域の人の助けを借りながらさまざまな企画を考えてきました。

松本ゼミは、今後も奥多摩町と大学との連携を図り、奥多摩町の地域社会の発展へ貢献していきます。

BALL.WEB MAGAGINEホームページはこちらをご覧ください。
https://baaall.tokyo/life/tamadai/

  • 奥多摩物産展「ドウサンパーク」開催
    奥多摩物産展「ドウサンパーク」開催
  • 松本ゼミの学生
    松本ゼミの学生
  • とてもきれいな展示会場
    とてもきれいな展示会場
  • 打ち合わせの様子
    打ち合わせの様子

4月8日、「教職員会社見学会9」が開催され、本学 教職員6名がFSX株式会社東京本社(住所:東京都国立市 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 藤波 克之様)を訪問しました。

同社は、おしぼり・タオルのレンタルや資材販売を行っている創業50年を超える企業であり、当日は、専務取締役 秋葉勝様と総務部人事労務課兼社長室係長 淺井宏宣様から、おしぼりの出来上がりまでの工程や新しいテクノロジーやデザイン、サイエンスを掛け合わせた日本ならではのおしぼり文化の可能性などについてご紹介をいただきました。

事業紹介、働き方、地域貢献、環境保全の取り組み、人材採用と育成などについてお話いただいた後、実際に貸しおしぼりやポケットおしぼり(使い切り)の製造過程を見学しました。

意見交換会では同社のロジスティクスの見直しや人材不足の課題についてお話があり、基盤となる配送部門については、経験を積むことでキャリアプランを立てることができる企業であるとの説明がありました。さらに、同社のビジョンである「新しいおもてなしの感動を創造し 世界中に笑顔を届ける。」ために「チャレンジ精神を持った、日本特有の文化であるおしぼり(おもてなし)の心を理解できる人材を求めています」との採用方針についてのお話がありました。

最後に本学経営情報学部 福角有紘客員教授より「御社のビジョン達成に向けて個人を尊重し、各々が元から持っている個性を活かしながら、入社後に具体的な目標の設定をし、成長することでチームワーク力が高まり、将来的な企業価値の向上につながるのではないか」との提案がありました。

FSX株式会社ホームページはこちらをご覧ください。
http://www.fsx.co.jp/

  • 工場見学の様子
    工場見学の様子
  • おしぼりの検品中
    おしぼりの検品中
  • 10層の洗濯機が一度に稼働
    10層の洗濯機が一度に稼働
  • 意見交換会
    意見交換会

多摩市では、「健幸まちづくり」の一環として企業・団体に「健幸!ワーク宣言」を行っていただき、多摩市内で働く方一人ひとりが健康と幸せを獲得できるようサポートする取り組みを進めています。このプロジェクトをPRするために本学学生が参加企業である株式会社CSS技術開発と「健幸ワーク」を紹介していきました。

3月29日、株式会社CSS技術開発(本社:東京都多摩市 代表者 大山 竜吾様)にてPR動画撮影を行いました。当日は多摩市健幸まちづくり推進室の勝屋祥様・コマーシャルディレクターの瀧口寿彦様・株式会社CSS技術開発の社員4名・本学経営情報学部 長島剛教授のゼミ生2名・本学職員1名の計9名が参加しました。

株式会社CSS技術開発をよりよく理解するために職場体験や座談会を行いました。CAD体験と測量体験は入社3~4年目の社員の方主導で行われました。学生からは、「測量のイメージは男性社会であったが、女性がとても多くきれいなオフィスで驚きました」と、会社の中に入ってみないとわからない発見がありました。

瀧口さんの進行で「自分たちが働きやすい職場とは?」をテーマに前述した社員の方2名と座談会を行いました。学生と世代が近いこともあり「オンとオフはきちんとわける」「職場が話しやすい」など健康で働きやすい職場の定義を共有し、中でも社員の方の「通勤時間や、福利厚生など会社選びの基準はいろいろあるが自分が少しでも興味のある分野であるということは重視する点の一つだと思う」という意見に感銘をうけていました。

会社見学や就職活動など様々な角度から学生が企業と交流できる良い機会となりました。

株式会社CSS技術開発のホームページはこちらよりご覧ください。
https://www.css24.jp/

多摩市役所 健幸まちづくりサイトはこちらよりご覧ください。
https://www.city.tama.lg.jp/category/17-0-0-0-0.html

  • 撮影風景
    撮影風景
  • 集合写真
    集合写真

藤沢市は、月曜~金曜、レディオ湘南(FM , 83.1MHz)において広報番組「ハミングふじさわ」を放送しています。その「大好きふじさわ」コーナーに、本学グローバルスタディーズ学部(SGS)の4年生 礒淵泰果さんが出演します。

礒淵さんは、勉学に加え、SGSが藤沢市等と協力して行っている様々な活動にも積極的に参加してきましたが、高名な紅茶専門家であったお父様の急逝に伴い、その老舗の紅茶専門店の運営を引き継ぐなど、学生生活を続けながら、苦労も大きな生活を明るく送っています。

放送は、4月18日(月)と19日(火)の2回に分けて行われます。いずれも10:00~10:30(再放送は同日19:00~19:30)の始めの部分です。Smart Phone等にアプリ「FMプラプラ」をダウンロードすれば、藤沢市外からでも聴取できます。是非、お聴き下さい。
https://www.radioshonan.co.jp/company/app.html

  • テイスティングする礒淵さん
    テイスティングする礒淵さん
  • 藤沢市役所内での収録を終えて
    藤沢市役所内での収録を終えて

3月18日、本学にて多摩大学総合研究所とTAC株式会社の連携事業「次世代事業開発人材育成プログラム(全8回講座)」のプレキックオフ講座第5回を開催しました。

当日は、講師として本学経営情報学部の松本祐一教授が登壇、企業3社(株式会社協同インターナショナル、FSX株式会社、株式会社パール技研)の社員、信用金庫(多摩信用金庫、東京東信用金庫)の職員、企業経営アドバイザーの計8名の受講者とオンライン受講者1名が参加しました。

今回のテーマ「事業のコンセプトを明確にする」に沿ってグループワークを行い、各社の「現場の構造」を徹底調査、課題の本質を捉えて顧客像を鮮明にすることでデザインコンセプトを考えました。

「次世代事業開発人材育成プログラム」の詳細および多摩大学総合研究所プロジェクトの事例紹介については、下記リンクをご覧ください。

多摩大学総合研究所ホームページ
http://tmuri.jp/

  • 講義の様子
    講義の様子
  • グループワークの様子
    グループワークの様子
 

ページトップへ