EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

国際交流

☰ MENU
TOP > 国際交流 > 経営情報学部 >私費外国人留学生の方へ

私費外国人留学生の方へ

私費外国人留学生の方を対象としたページです。

在留カード

在留カードは、常に携帯してください。
在留カードは常時携帯することが必要で、入国審査官、入国警備官、警察官等から提示を求められた場合には,提示する必要があります。

在留カードを携帯していなかった場合は20万円以下の罰金、提示に応じなかった場合は1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処せられることがあります。

参考: 法務省 入国管理局 在留カードについて

在留資格「留学」の期間更新手続き

在留期限の3か月前から入国管理局で手続きすることができます。

〔必要書類〕

  • 在留期間更新許可申請書(本人作成) ※ 学生課で渡します
  • 在留期間更新許可申請書(大学作成)
  • 写真(4cm×3cm)
  • パスポートおよび在留カード
  • 在学証明書(学内 自動証明書発行機で購入 100円)
  • 成績証明書(学内 自動証明書発行機で購入 100円)
    ※1年生の春学期は不要です。
  • 日本在留中の経費支弁能力を証する文書 (通帳のコピーなど)
  • 4,000円(収入印紙で納付)
    ※日本語学校からの書類は不要です。

在留期間更新許可申請書(大学作成)の準備に時間がかかるため、入国管理局に行く2週間前には学生課に来てください。
更新後、新しい在留カードを学生課に持って来てください。 万一、在留期間が過ぎると、強制出国となりますのでご注意ください。

参考:法務省 在留期間更新許可申請について

卒業・休学・退学に関わる在留資格

留学の在留資格は、在学していることを条件として許可されていますので、卒業・休学・退学した場合、〔留学〕に関わる活動を3ヶ月以上行っていないと、有効期限にかかわらず在留資格が取り消されます。
休学中、卒業・退学後に日本に滞在し、アルバイト等をすることは禁止されています。
卒業後も就職活動を続ける場合、一定の条件を満たすことで、1年間日本に滞在することが可能です。

参考: 法務省 大学等を卒業後就職活動のための滞在をご希望の方へ  

外国人在留総合インフォメーション

入国管理局 インフォメーションセンター・ワンストップ型相談センター

電話、メール、訪問による問い合わせに、日本語だけでなく外国語(英語・韓国語・中国語・スペイン語等)でも対応しています。

奨学金

〔私費外国人留学生授業料減免〕

学業成績が優秀で、経済的に困難な私費外国人留学生を対象に、年間授業料の3割を免除します。(減免額: 年間21万円)

入学生: 7月に書類提出・面談
在校生(1・2・3年生): 1月に書類提出・面談

経済的に困難であることの基準のいずれかを満たすこと。
(1)アパート等の住居費が月額8万円以下
(2)仕送りが平均月額9万円以下
(3)在日している扶養者の年収が500万円未満
(4)その他経済的に恵まれていないと判断できること

提出書類
(1)私費外国人留学生授業料減免申請書 (PDF 63KB)
(2)私費外国人留学生授業料減免調査票 (PDF 86KB)
(3)上記、経済的に困難であることの証明書類(アパートの契約書など)
募集案内、結果ともに、学生課よりT-NEXTにてお知らせします。

〔日本学生支援機構 学習奨励費〕

学業成績・人物ともに優秀で、経済的に修学が困難であると認められる私費外国人留学生を支援することを目的としています。
月額 48,000円
多摩キャンパス、湘南キャンパスから計1名の留学生が推薦されます。
2年生以上が対象、毎年4月にT-NEXTにて学生課から募集の案内をします。

 

その他、奨学金につきましては随時、T-NEXTにて案内いたします。

各種届出

以下の場合、学生課への届出が必要になります。

  • 住所、電話番号、保証人を変更したとき
  • 海外渡航をするとき

問い合わせ

学生課 shien@gr.tama.ac.jp
042-337-7114