多摩大学 現代の志塾

地域・産官学連携

TOP 地域・産官学連携産官学連携ポリシー

産官学連携ポリシー

多摩大学産官学連携ポリシー

 多摩大学は、「国際性」、「学際性」、「実際性」の3つをキーワードとした基本理念を謳っている。国際化、情報化社会の進展に即応して、世界の中で大きな役割を担い、日本の将来を背負うという自覚に基づいた強い実行力と広い視野を持ち自らを厳しく律することが出来る高い倫理観のある人材を育成することが本学の目的である。
 本学は開学以来、高い志を抱き、社会環境の変化に伴い発生する多様な問題を解決できる人材を輩出し、社会貢献に努めてきた。
 社会環境は大きな変動期にあり、産官学連携による貢献が、本学に求められている新たな社会的責務であると認識している。これを推進し、教育・研究・社会貢献を果たすとともに、活動成果が本学等に還元されることで、本学の教育・研究・社会貢献活動がより一層活性化することを目的に、「産官学連携ポリシー」を制定する。

(教育研究促進)

  1. 主体性及び教育・研究活動の自主性を尊重した産官学連携活動を推進する。

(組織・体制)

  1. 本学は、産官学連携活動を積極的かつ持続的に推進する組織を設置し、社会に貢献するための知の創造に努める。

(人材育成)

  1. 産官学連携活動を通じて、多摩のローカリティーとグローバリティの両輪を究め、我が国の産業に貢献する"多摩グローカル人材"を育成する。

(共同研究)

  1. 産業界や国・地方自治体等との共同研究・受託研究を柔軟かつ積極的に推進し、我が国の社会・経済の発展に寄与するとともに、本学の研究・基盤の向上を図る。

(遵法精神・説明責任)

  1. 透明性と公平性をもって産官学連携に取組み、説明責任を果たす。

(知的財産管理)

  1. 発明者の権利の保護を適切に行うとともに、得られた知的財産を適切に管理する。また、知的財産の創出を推進し、産業界等で有効的に活用されるよう情報発信を行う。

 

 

ページトップへ