多摩大学 現代の志塾

大学概要

TOP 大学概要 多摩大学のポリシーアドミッションポリシー

アドミッションポリシー

経営情報学部 アドミッション・ポリシー

はじめに

  • 本学は、地域に密着しつつ、世界に目をひらき、地域社会、グローバル社会に貢献する高い志を持った人物を求める。
  • 経営情報学部は、ディプロマポリシーで示した「多摩グローカル人材」の具体像として、企業経営、情報科学に関する学術と応用を教育研究し、高度の経営情報知識と、これを支える豊かな教養とを合わせ備えた創造的、実践的な問題解決能力を有する人材を育成することを教育目標にしており、次のような人物を求める。
1. 入学者の受入方針(求める人物像)
  • 異なる文化や習慣、価値観を学ぶ意欲および、それらを受け入れる素地を持ち合わせ、且つ自国や地域の文化、歴史、風土を学び他者に説明し理解してもらう力を習得する意欲がある者を求める。
  • 英語によるコミュニケーション力を身に着ける意欲がある者を求める。
  • 現代世界に対する広範な関心を持つ者を求める。
  • 自ら考え、なにごとにも挑戦し、やり遂げる意欲がある者を求める。
2. 入学者選抜の基本方針
(1) 総論

求める人物像に沿って、多様な入試方法により、学力の3要素を多面的・総合的に選抜する。

①基礎的な知識・技能

  • 大学での授業・カリキュラムに対応できる基礎的な知識・技能を身に付けている者を求める。
  • 自ら学修計画を立てることに意欲が感じられる者を求める。
  • ゼミ活動等を通じて主体的な学びの態度を習得する意欲が感じられる者を求める。

②知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等

  • 今後のキャリア形成を見据えて、自らの「志」を実現するのに必要な思考力がある者を求める。
  • 今後のキャリア形成を見据えて、自らの「志」を実現するのに必要な判断力を持つ者を求める。
  • 自らの志を文章や言葉でわかりやすく表現できる者を求める。

③主体的に学習に取り組む態度

  • 高校までの生活で自らが打ち込んできた事を考察し、自らの将来の志に結び付けることができる者を求める。
  • 自らの志に基づき、ビジネスを構想する力を身に付けていく意欲もしくは、情報技術をビジネスに活用したいという意欲がある者を求める。

 

(2) 入試方法別の評価方法

①AO入試

「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」と、高い志(「主体的に学習に取り組む態度」)を確認するために、面談および志望理由書等の内容を考慮し、総合的に評価し判定する。

②AL入試

問題解決力を獲得するための「基礎的な知識・技能」を調査書等の提出書類で確認する。また「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」を確認するために、グループワークの内容を考慮し、総合的に評価し判定する。

③推薦入試

問題解決力を獲得するための「基礎的な知識・技能」を調査書等の提出書類で確認する。また「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」を確認するために、面談および志望理由書の内容を考慮し、総合的に評価し判定する。

④一般入試

問題解決に必要な「基礎的な知識・技能」を確認するため、原則として、個別学力試験の結果を最重要視して評価する。参考として調査書等の提出書類を考慮し、総合的に評価し判定する。

⑤センター試験利用入試

問題解決に必要な「基礎的な知識・技能」を確認するため、原則としてセンター試験の結果を最重要視して評価する。参考として調査書等の提出書類を考慮し、総合的に評価し判定する。

3. 高等学校で履修していることが望ましい科目

外国語(英語)・国語・地理歴史・公民・数学・情報

4. 入学前に期待される学習や活動

  • 部活動等での活動
  • 生徒会での活動
  • 地域でのボランティア活動や社会と関わる活動
    等を通して得た学習に取り組む継続力および真摯な姿勢を期待する。

 

グローバルスタディーズ学部 アドミッションポリシー

はじめに

  • 本学は、地域に密着しつつ、世界に目をひらき、地域社会、グローバル社会に貢献する高い志を持った人物を求める。
  • グローバルスタディーズ学部は、ディプロマポリシーで示した「グローバルな問題を解決し、グローバルな舞台で活躍する人材を育てる」ことを教育目標にしており、次のような人物を求める。

1. 入学者の受け入れ方針(求める人物像)

  • 異なる文化や習慣、価値観を学ぶ意欲および、それらを受け入れる素地を持ち合わせ、且つ自国や地域の文化、歴史、風土を学び他者に説明し理解してもらう力を習得する意欲がある者を求める。
  • 英語によるコミュニケーション力を身に着ける意欲がある者を求める。
  • 現代世界に対する広範な関心を持つ者を求める。
  • 自ら考え、なにごとにも挑戦し、やり遂げる意欲がある者を求める。

2. 入学者選抜の基本方針

(1) 総論

求める人物像に沿って、多様な入試方法により、学力の3要素を多面的・総合的に選抜する。

①基礎的な知識・技能

  • グローバルスタディーズ学部での英語教育に対応できる基礎的な英語力を身に付けている者を求める。
  • グローバルな課題に対し基礎的な知識を有している者を求める。
  • 大学での授業・カリキュラムに対応できる基礎的な知識・技能を身に付けている者を求める。
  • 自ら学修計画を立てることに意欲が感じられる者を求める。
  • ゼミ、またはその他の活動等を通じて主体的学びの態度を習得する意欲が感じられる者を求める

②知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等

  • グローバルな課題を解決するための広い視野と柔軟な思考ができる者を求める。
  • 自らの志を文章や言葉でわかりやすく表現できる者を求める。
  • 今後のキャリア形成を見据えて、自らの「志」を実現するのに必要な思考力、判断力を持つ者を求める。

③主体的に学習に取り組む態度

  • グローバルな舞台で活躍する将来を見据え、その目標達成のために必要な知識、及び技能を自ら進んで学ぶ意欲がある者を求める。
  • 高校までの生活で自らが打ち込んできた事を考察し、自らの将来の志に結び付けることができる者を求める。
(2) 入試方法別の評価方法

①AO入試

  • 「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」と、高い志(「主体的に学習に取り組む態度」)を確認するために、面談および志望理由書等の内容を考慮し、総合的に評価し判定する。
  • 面談の際には受験者の英語能力や英語学習意欲の確認を行う。

②AL入試

  • 問題解決力を獲得するための「基礎的な知識・技能」を調査書等の提出書類で確認する。また「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」を確認するために、プレゼンテーションの内容を考慮し、総合的に評価し判定する。
  • プレゼンテーションの際には受験者の英語能力や英語学習意欲の確認を行う。

③推薦入試

  • 問題解決力を獲得するための「基礎的な知識・技能」を調査書等の提出書類で確認する。また「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」を確認するために、面談および志望理由書の内容を考慮し、総合的に評価し判定する。
  • 面接試験の際には受験者の英語能力や英語学習意欲の確認を行う。

④一般入試

  • グローバルスタディーズ学部では英語の基礎力を必要としているため一般入試において英語を必修科目とする。
  • 問題解決に必要な「基礎的な知識・技能」を確認するため、原則として、個別学力試験の結果を最重要視して評価する。参考として調査書等の提出書類を考慮し、総合的に評価し判定する。

⑤センター試験入試

  • グローバルスタディーズ学部では英語の基礎力を必要としているためセンター試験入試において英語を必修科目とする。
  • 問題解決に必要な「基礎的な知識・技能」を確認するため、原則としてセンター試験の結果を最重要視して評価する。参考として調査書等の提出書類を考慮し、総合的に評価し判定する。

3. .高等学校で履修していることが望ましい科目

外国語(英語)・国語・地理歴史・公民・数学

4. 入学前に期待される学習や活動

  • 英語学習・部活動等での活動・生徒会での活動・地域でのボランティア活動や社会と関わる活動等を通して得た学習に取り組む継続力および真摯な姿勢を期待する。

 

経営情報学研究科 アドミッションポリシー

  1. 経営の現場・現実に根ざした高度な経営専門知識および創造的問題解決能力の修得と錬成に、強い意欲と学習能力を有する人。
  2. 「何のための理論か」「何に役立つ知識なのか」を常に追求し、これまでの経験の振り返りと新たな知の吸収により、新たな時代認識のもとで、「知の再武装」を行う覚悟がある人。
  3. 現実を転換しようとする熱い思いとしたたかな実践知を養い、イノベーションを起こしていく、挑戦するリーダーとして社会に貢献することを志す人。

 

ページトップへ