多摩大学 現代の志塾

アクティブ・ラーニング
センター

TOP アクティブ・ラーニングセンターアクティブラーニング

アクティブ・ラーニングの多摩大

多摩大学のアクティブ・ラーニング


多摩大学は、開学当初よりアクティブ・ラーニングを実践してきた大学です。

多摩大学の実学教育は、問題解決学であり、ゼミで培ったさまざまなアクティブ・ラーニングの教育手法を講義でも展開し、学生の学びを支援してきました。この支援を加速するために、2016年度より新たに『アクティブ・ラーニングセンター』を開設し、良質な体験型講義「アクティブ・ラーニング プログラム」を多く配置するとともに、多用なシチュエーションに対応した学修施設を用意し、学生にとって馴染みやすく快適に自習・コミュニケーション、グループワークができる環境を提供しています。

アクティブ・ラーニングセンター パンフレット(PDF 1.95MB)


平成31(2019)年度 アクティブ・ラーニングプログラム一覧

海外研修・留学導入

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
1 アジアダイナミズム研修
-済州平和フォーラム-
韓国政府と済州島が主催し、アジアの政治・経済経営・外交を論じる済州平和フォーラムに参加し、研修視察を行う。
さらに現地学生やリーダーとの交流を通じてのネットワークづくりをめざす。
2 アジアサイエンスパーク協会研修
(韓国大邱)
アジアサイエンスパーク協会での研修を通じてアジア発の大学・研究機関のR&Dとベンチャー創出促進のためのネットワーク作りに取り組む。 別途案内
3 EJC外国語学院 (韓国・スウォン (水原)韓国語・韓国文化研修 韓国スウォンのEJC語学学院における韓国語研修プログラムです。午前中は韓国語を学び、午後は、視察観光(華城行宮、水原華城、韓国民族村など)や現地学生との交流会を行う。

企業研究

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
4 問題解決型データ分析実践 PBL型の活動を通し、学修手法、分析方法、問題解決手法、プロジェクトマネジメント方法、チームワーク構築方法、チームコミュニケーション、プレゼンテーション手法などを能動的に学ぶ。 春・秋

地域研究

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
5 競技スポーツをめぐ飛騨高山地域の
地域産業・観光研究るマネジメント活動
競技スポーツ活動を通じた、岐阜県高山市の企業・NPO等への訪問・ヒアリングおよび人的交流を通じて地域の課題を明らかにし、その課題解決に向けた方策を提案・実施する。組織のマネジメント、広報、地域貢献の活動を計画的に展開し自己の成長に結びつける。 春・秋
6 競技スポーツをめぐるマネジメント活動 競技スポーツ活動を通じた、組織のマネジメント、広報、地域貢献の活動を計画的に展開し自己の成長に結びつける。 春・秋
7 世代継承講座 多摩地域に数多く存在するすでに退職した日本の高度経済成長を牽引した高齢者活力を、学生世代の若者に継承する活動である。 春・秋
8 学生プラン・コンテスト・
チャレンジ・チーム(GPCCC)
多摩地域の自治体や商工会議所等が主催する、観光・まちづくり・モノづくり・ビジネスプランなどの学生・プラン・コンテストへの応募を目指して、1年間を通じてグループワークに取り組むチャレンジ・チームのメンバーを募集する。 春・秋

知識・教養

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
9 インターゼミ
(社会工学研究会)
ICT関連各論を先取り学習する。また早期卒業寺島学長が主催し、両学部の学生から院生まで、年次も様々な学生が参加するゼミである。(1年次のみ)、多摩大学大学院データサイエンスコースに進学する学生のサポートも行う。 春・秋
10 特別講座 寺島学長の企画の下、毎回各界の識者による講演をリレー形式で展開する。 春・秋
11 ICTクラブ ICT関連各論を先取り学習する。また早期卒業、多摩大学大学院データサイエンスコースに進学する学生のサポートも行う。 春・秋
12 読解力を鍛えよう ALを含む「全ての学びの基盤となる」学生の読解力を強化する。
13 TOPSIC を利用した
プログラミング的思考法の習得
情報系企業の採用・新人研修で利用が拡大しているアルゴリズム検定試験「TOPSIを利用して、プログラミング的思考法を身につける。 春・秋
14 企業・学校対抗プログラミングコンテスト「PG BATTLE」参加 アルゴリズム検定試験「TOPSIC」を利用してプログラミング的思考法を身につけ、2019/09/28 開催の「PG BATTLE(企業・学校対抗プログラミングコンテスト)」で、その成果を競う。

資格取得

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
15 ハングル能力検定試験 韓国語Ⅰ・Ⅱ及び韓国ビジネスコミュニケーションⅠ・Ⅱによって得た知識を活かせる試験である。 春・秋
16 ITパスポート ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験である。 春・秋
17 ビジネス能力検定(ジョブパス)
(3級、2級、1級)
社会人に必要な仕事の能力を評価する試験である。 春・秋
18 日商簿記検定(3級、2級、1級)
全経簿記検定(2級商業簿記)
主に会社の経理事務に必要な会計知識を身につける資格である。 春・秋
19 販売士検定(3級、2級、1級) 小売業に従事する人々の資質の向上や消費者サービスのレベルを高めることに繋がる資格である。 春・秋
20 秘書検定(2級、準1級、1級) ビジネス秘書の能力について、知識及び技能を試験する資格である。 春・秋

学修支援

No プログラム名 プログラムの概要 活動学期
21 :多摩大学アクティブラーニング・ポイント・
プログラム・サポーター
(多摩大学学修サービス学生スタッフ)
「学修サービス」に、学生運営スタッフとして参加し、自らもアクティブラーニングのスキルを学ぶとともに、獲得したスキルを他の学生と共有することを目的とする。 春・秋
22 アクティブ・ラーナー育成
「主体的思考力を鍛える講座」
15回のアクティブ・ラーニング型講義を通じて、主体的思考力、
フレームワークを身につけ活用できることを目標とする。
春・秋

 

以前のプログラム

ページトップへ