EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

多摩大学経営情報学部 丹下英明ゼミでは、5月22日に日の出町赤いプロジェクトの皆様を招いて、「日の出町観光マップコンテスト」を開催しました。
当日は、丹下ゼミに所属する2年生と3年生が6チームに分かれ、日の出町の観光マップ案を日の出町の皆様に提案しました。
その結果、経営情報学部2年の秋山加奈さん、許田大輝さん、田中梓さん、増田昂貴さん、武藤萌さん、米盛裕香さんからなる「チームマニパニ」の提案「隠れた日の出 名スポット」が優勝を果たしました。
日の出町赤いプロジェクトの鎌田光美様からは、「親子三世代向けやインスタ映えなど、興味深い提案が多かった。今後も日の出町の振興にぜひ携わってほしい」との言葉をいただきました。
丹下ゼミでは、2017年度より東京都西多摩郡日の出町の振興に取り組んでいます。今後は、提案したマップ案をベースに、2018年度中に観光マップを作成し、配布する予定です。


  • プレゼンの様子

  • 日の出町の鎌田様、國高様と優勝した
    「チームマニパニ」のメンバー

  • 最後はみんなで記念写真

関連リンク
丹下 英明ゼミ

2018年6月24日(日)多摩キャンパスにて経営情報学部の後援会定期総会、保護者向け教育セミナー『学生による多摩大学での成長報告会』を同時開催いたします。

<日時>2018年6月24日(日)
10:30~12:00 後援会総会
13:00~16:00 教育セミナー(保護者向け)

○第1部(13:00~)
・経営情報学部の教育方針
・学生による多摩大学での成長報告会

○第2部(14:30~)
・ゼミ別懇談会とアクティブラーニング・留学相談会

<申込>
URL:https://business.form-mailer.jp/fms/c994a13787587

<セミナー内容詳細>
こちらをご覧ください (PDF 453KB)

<スクールバスのご案内>
スクールバスのご案内 (PDF160KB)

5月19日(土)午後、神奈川県寒川町において、「ぶらりごみ拾い in さむかわ 2018」が行われた。多摩大学グローバルスタディーズ学部(以下「SGS」)の学生が、寒川町、寒川町観光協会の後援を得て実行委員会を組織して行ったもの。2016年より藤沢市、日大と共同で行ってきた「ぶらりごみ拾い」の3年目の最初のイベントとなった。

ごみ拾い対象エリア
ごみ拾い対象エリア

近隣の中学・市民団体等を含む15チーム、52人(うち、SGSからは留学生7人を含む5チーム27人)が参加。SGSの学生実行委員10人、当日サポートスタッフ15人等の運営関係を含めた総参加者数は77人に昇った。

11時よりさむかわ中央公園で行われた開会式では、副実行委員長・SGS 1年草野優衣の司会により、実行委員長・SGS2年渡邊凌、木村俊雄寒川町長の挨拶、副実行委員長SGS 2年石井大輝によるルール説明と進み、寒川町観光協会・久米順之常務理事のスタート号令により出発。限られたエリアの中で、1時間で一人当たり最も多くのごみを集めたチームが優勝というルールで行われた。

ゴールとなったさむかわ中央公園では、「ぶらりごみ拾い」と同時開催していた「さむかわ環境フェスティバル」「ニコニコリサイクルフリーマーケット」などのイベントにも寒川町のたくさんの人が集まり、賑わっていた。

計量後の12時過ぎから石井副委員長の司会で行われた閉会式では、1位:寒川斎場チーム(1.44kg/人)、2位:多摩大学・チーム大高(1.1 kg/人)、3位:観光サポーターチーム(1.04kg/人)が渡邊委員長から表彰された。また特別賞として、たった二人でかなりのごみを拾い集めた旭ヶ丘中学校チームに「ハイパー中学生賞」が、インドネシア人研修生5名が健闘したシロキ工業チームに「国際交流賞」が渡邊委員長から贈られた。最後に、安田震一SGS学部長より参加者への感謝が述べられ、無事閉幕した。集められたごみ計約32kg。皆様、ありがとうございました。
(ぶらりごみ拾いinさむかわ2018実行委員会 委員長渡邊凌、顧問橋詰博樹 記)


  • 受付風景

  • 木村町長挨拶

  • 観光協会 出発号令

  • ごみ拾い風景

  • ごみ拾い風景

  • 計量風景

  • 委員長 結果発表

  • 優勝 寒川斎場

  • 学部長謝辞

村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」は、平成30年7月6日(金)~7日(土)に浄土宗大本山 増上寺にて開催する『増上寺七夕祭り和紙キャンドルナイト2018』の企画・運営を行います。
3,500個の和紙キャンドルで創られた天の川は、皆様を七夕の夜へとお連れします。本イベントで使用する和紙はすべて、学生が一枚一枚心をこめて手で漉いています。
是非、本イベントにお越しいただきたく存じます。

増上寺七夕祭り『和紙キャンドルナイト2018』
開催日時:平成30年7月6日(金)~7日(土)18時~21時
   ※入場無料
会場:浄土宗大本山 増上寺
アクセス:都営三田線 芝公園駅/御成門駅 (徒歩3分)
  JR線 浜松町駅 (徒歩10分) 都営浅草線 大門駅(徒歩5分)

※お問い合わせは、下記までご連絡ください。

【連絡先】 (広報担当) 藏田 智大
MAIL:npj.kurata@gmail.com

【プレスの皆様へ】
プレスリリース「増上寺七夕祭り 和紙キャンドルナイト2018」(PDF 1.5MB)

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組 」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学 中村そのこゼミナールのメンバーが、多摩大学経営情報学部の熱意あふれる先生の研究・ゼミナール活動、そしてプライベートまで、ねほりはほり聞いてしまうコーナー「たまうが」第11回「多摩大学 経営情報学部 梅澤佳子 教授」を追加しました。

こちらからご覧ください。

グローバルスタディーズ学部では、平成29(2017)年度秋学期VOICE(授業評価)結果を「多摩大学授業評価規程」に照らし、以下のとおり、評価の高かった教員を顕彰しました。
なお、顕彰対象候補者は、アクティブ・ラーニング支援センター委員会が「授業評価表彰に関する基準」を基に集計し、学部長が顕彰者を決定します。

sgs_voice.jpg

顕彰対象者

対象教員名   カテゴリ
ブライアン イングリッシュ 教授 EP(English Program)科目
アイグル クルナザロバ 教授 コア科目
金本 佐紀子 専任講師 一般科目
太田 哲 准教授 専門科目
堂下 恵 教授 40人以上クラス

チームで拾ったごみの量を競う「ぶらりごみ拾い2018 in さむかわ」5月19日(土)神奈川県寒川町で開催致します。この度、多摩大学グローバルスタディーズ学部がある藤沢市で開催していた「ぶらりごみ拾い」を本学の学生の出身地が多い寒川町にも広めようと学生、教員が中心となって実行委員会を設立致しました。今後、この活動を神奈川県全域に広めて参ります。