多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

グローバルスタディーズ学部の記事

一般社団法人寒川町観光協会と多摩大学グローバルスタディーズ学部との連携協定に基づいて、寒川町商工会での第2回「ホスピタリティ観光セミナー」は、ANAインターコンチネンタルホテル東京 セールス&マーケティング部長 佐藤健一様を講師としてお招きして『13.34km2の可能性』~宿泊施設の見地から~をテーマに講演いただきました。

地域創生、宿泊施設の役割、寒川でしか味わうことのできない特別な体験、ホテルが地域にもたらす効果など、佐藤健一講師の鋭い指摘や分析にもとづいた内容でした。とりわけ、小規模分散型ホテルの可能性は興味深い内容でした。今後、寒川町にホテルを誘致した場合、どのようなホテルが適しているのかを考えさせられる内容となりました。

一方寒川町の景観を損なわない開発、藤沢・平塚・海老名など近隣地区にもホテルはあるなか、寒川町に滞在する必要があるのかなど根本的な課題、さらに付加価値は何なのか、圏央道の出口が2カ所、JRは3駅と恵まれているともいえるのでそれらの活用方法など、多角的な視点からの課題提起と、いくつかの提案が話されました。

当日は20名の参加があり、講演後には多くの方が佐藤講師に話しかけられ、また参加者が帰り際に、非常に勉強になった、考えさせられた等の感想をいただきました。中にはこうしたセミナーをもっと開催して欲しいなどのコメントもありました。大学の地域貢献らしいセミナーに成長したことは間違いないと言えます。また、参加者の関心の高さを再確認させていただけました。

後援:寒川町、寒川町商工会、JAさがみ寒川地区運営委員会事務局、一般社団法人寒川青年会議所

  • 本日のテーマ
    本日のテーマ
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京 セールス&マーケティング部長佐藤健一 講師
    ANAインターコンチネンタルホテル東京
    セールス&マーケティング部長 佐藤健一 講師
  • 会場の様子
    会場の様子

2023年1月14日(土)より、一般社団法人寒川町観光協会と多摩大学グローバルスタディーズ学部は連携協定に基づき、観光を通して寒川町の町づくりおよび活性化の可能性を引き出すための「ホスピタリティ観光セミナー」を開催いたします。セミナーは計6回行われ、初回の登壇者は株式会社日本旅行 地方創生推進本部チーフマネージャー 安島 聖(ヤスジマ セイ)講師が担当してくださいました。

講演のタイトルは「地域への誘客施策について~旅行会社が提案できることとは~」で、旅行会社が寒川町の活性化にどうのように協力できるのか、その提案を述べるという内容でした。

受講者からは様々な意見・コメントや質問があり、寒川町と本学部の今後の協力体制を考える上でも非常に有意義な内容でした。

株式会社日本旅行は1905年(明治38年)に創業し、日本では最も伝統ある総合旅行会社として日本でのツーリズムの発展を担ってきました。それぞれの時代に合わせた変化やニーズに応じたサービスを提供して参りました。講演ではそうした歴史から生み出されたノウハウで寒川町の活性化へどのように貢献・協力するか、インバウンドへの「おもてなし」、などについて触れていただきました。

株式会社日本旅行はSDGs宣言を行っており、ホームページには『Tourism for Tomorrow:「おもいやり」と「きずな」で今、ツーリズムにできることを。』と書かれています。それと寒川町の「農業」、「工業」、「寒川神社」、「歴史・文化」など様々なポテンシャルを持っており、今後それらに対する気づき、協力体制を構築することで『「高座」のこころ』、すなわち由緒ある土地、風景、寒川神社、ホスピタリティ精神あふれる人との接点を見出すことで連携の可能性を広げることができると思いました。

この「ホスピタリティ観光セミナー」は、寒川町商工会(会議室)において、毎週土曜日14時~15時30分にかけて開催されます(2月11日(土)は除く)。

後援:寒川町、寒川町商工会、JAさがみ寒川地区運営委員会事務局、一般社団法人寒川青年会議所など

  • 本日のテーマ
    本日のテーマ
  • 株式会社日本旅行 地方創生推進本部チーフマネジャー 安島 聖 講師株式会社日本旅行 地方創生推進本部チーフマネージャー
    安島 聖 講師

新春恒例のスタンプラリー「藤沢七福神めぐり2023」が1月7日(土)から始まりました。これは第26回目の新春藤沢・江の島歴史散歩めぐりで、8つの神社に参拝してスタンプを貯めると、色紙や干支暦手拭(写真①)などを購入または交換することができます。

多摩大学グローバルスタディーズ学部生は1月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)29日(日)の計9日間、藤沢駅2階の湘南藤沢コンシェルジュに午前9時から17時まで待機しています。

七福神めぐりと言っても実際にめぐり神社および寺は8カ所あります。「藤沢七福神めぐり」のポスター(写真②)に記載されている順に紹介すると以下のようになります。(左から右)
龍口寺:毘沙門天(知恵と勇気の守り神)
白旗神社:毘沙門天(知恵と勇気の守り神)
皇大神宮:恵比寿(商売繁盛の神)
養命寺:布袋(不老長寿・無病息災)

江島神社:弁財(商売・芸能の神)
感応院:寿老人(長寿の神)
諏訪神社:大黒天(富貴・長寿の神)
常光寺:福禄寿(幸福・財宝・長寿の神)

  • 干支暦手拭
    写真① 干支暦手拭
  • 「藤沢七福神めぐり2023」のポスター
    写真② 「藤沢七福神めぐり2023」のポスター

本学部生は、時間厳守、緊急の場合には連絡する、一般の方々に対する対応の際は敬語、姿勢など基本的な事項から来場者に対して七福神めぐりに関連する質問に対応すること、その他、藤沢駅周辺に関する質問に応対するなど様々な業務をこなす必要があります。そうした意味から実際に観光協会のイベントについて学ぶだけではなく、旧東海道、藤沢宿についても学ぶことができます。

多摩大学グローバルスタディーズ学部は2015年11月の藤沢市および藤沢市観光協会との三者連携協定締結以降、この「藤沢七福神めぐり」に協力させていただいております。

  • 1月7日(土)3年 川口真衣さん、1年 代士金さん
    1月7日(土)2年 川口真依さん、1年 代士金さん
  • 1月9日(月・祝)3年 関沼舞さん、1年 代士金さん
    1月9日(月・祝)3年 関沼舞さん、1年 代士金さん

令和4年12月10日(土)13時より、藤沢市地球温暖化対策地域協議会の「近隣大学生との意見交換会」が開かれ、本学グローバルスタディーズ学部(SGS)の学生3名が参加しました。

この地域協議会は、地球温暖化対策の推進に関する法律第40条に規定されているもので、地方自治体、事業者、住民等が日常生活に関する温室効果ガスの排出抑制等について協議するためのもの。藤沢市地球温暖化対策地域協議会においては、会員同士の協議に加え例年この時期に藤沢市内及び近隣の4大学(SGS、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス、日本大学生物資源科学部、文教大学湘南キャンパス)の学生との意見交換会を行っており、SGSは2010年以降、毎年参加してきています。

今回は一昨年、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症対策として、従来のような参加者が一堂に会する会議形式を避け、協議会事務局が藤沢市役所会議室からZoomを用いた遠隔方式により実施されました。SGSからは、2年生の根木美佳、1年生の代士金、平間明紀、また橋詰博樹・特任教授(本稿筆者)が参加しました。4大学より12名の学生・教員が、また協議会員・藤沢市環境部職員等の約12名を合わせ、24名が参加しました。

SGS生は、意見交換会の第1部/各大学における関係分野の活動紹介において、10月22日に、新型コロナウィルス感染症による中止を経て3年ぶりに開催された「ぶらりごみ拾いin六会2022」を中心に、SGSにおいて行ってきているごみ拾いの活動について、この7年間程度を振り返るとともに、地域に根ざしつつグローバル社会での活躍を目指す「グローカル」を旨とするSGS生として、留学生や地域の外国人従業員・実習生等との交流や、観光など環境に留まらない地域連携を視野に入れた活動を紹介しました。

第2部は、パリ協定、我が国の温室効果ガス排出量2050年実質ゼロ目標、藤沢市の気候非常事態宣言等の動きを踏まえた「脱炭素社会実現のために大学および大学生に求められること-気候危機を我が事として考えるために」をテーマに、慶應大の学生の司会進行の下、学生を中心に全参加者による全体討議となりました。学生による対策行動の推進方法やそのための意識醸成の方法が中心となりましたが、SGSからの1年生参加者・代と平間は、ぶらりごみ拾いの実行委員の経験に立ち、地域連携や環境行動への参加契機としてのイベントの役割・意義等に触れるなど、議論の流れを作る上で大きな役割を果たしました。また根木は、海外経験も踏まえ日本の多すぎる自動販売機問題や、行動参加へのゲーム活用といった問題提起をするとともに、事務局から指名された記録係として、議論全体の整理・報告を行いました。

意見交換会後、SGS生からは、「他大学の学生とも様々な意見の交換出来て良かった」「来年も是非参加したい」と異口同音の感想がありました。

他大学の学生や、協議会に属する関心の強い市民、大学教員等との意見交換を通じ、2050年までに温室効果ガス実質排出ゼロを目指して急速に動きつつある社会の最近の動きと考え方を理解するとともに、実践のキッカケとなったものと思われます。

  • 発表スライド
    発表スライド
  • 根木の発言時
    根木の発言時
  • 左から代、平間、橋詰、根木(後日撮影)
    左から代、平間、橋詰、根木(後日撮影)

グローバルスタディーズ学部では、2023年度入学予定の合格者を対象に、12月11日(日)に入学前教育プログラムを実施しました。

入学前教育プログラムは、合格者を対象に入学までの数か月を大学で学ぶための準備期間として有効に活用できるよう、実際に大学での授業に参加し、本学の教員から英語力向上のための指導を受けたり、教員や先輩たちと交流したりすることにより、大学生として主体的に学ぶ姿勢を修得し、また、大学での教育を理解することを目的にしています。

先輩たちが学ぶ実際の授業に参加した合格者たちからは様々な感想がありました。中でも多く聞かれたのが、「留学して英語力を高めたい」「少人数教育を実際に経験でき大学での学びを実感できた」という声でした。
早速、当日配布した英単語帳を勉強する参加者もみられました。
合格者の皆様のこれからの成長を期待しております。

2022年12月11日(日)、江の島の片瀬漁港にて第18回 海藻シンポジュウム~養殖ワカメの種付け編(別名「江ノ島フィッシャーマンズ・プロジェクト」)が開催されました。今回のワカメの種付け編に対して年明け2月にはワカメの刈り取り編が開催されます。

本プロジェクトは江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト代表、江の島片瀬漁業協同組合代表理事 北村 治之様および江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト副代表 阪急阪神第一ホテルグループ、第一イン湘南、統括支配人 山下 由香里様(SGS非常勤講師)のもと2015年から活動し始め、多摩大学グローバルスタディーズ学部との関係は2017年からです。江ノ島フィッシャーマンズ・プロジェクトは、この『海藻シンポジュウム』以外に『船釣り教室』、『体験学習』、『藻場保全活動』、『海底清掃』など、五感に訴える活動を心がけております。

今回のプロジェクトの趣旨は藻場について学び(写真①)、海藻を作ることによって海の資源の再生についての説明がありました。4つの体験コース(ワカメの種付け、ワカメ棚までのクルージング、海の生き物に触れる、ダイビングの機材)があり(写真②、③、④)、大型漁船によるクルーズ(写真⑤、⑥)もございます。小学生・中学生が主な参加者で保護者も同行してくれます。今回は92名の参加があり、今後は東京の小・中学生にも海の自然の状況を知ってもらいたいと企画しているそうです。

大学生の参加は、皆さんをグループ分け、体験コースに誘導する、クルージングの際参加者の安全を見守ることです。
参加者は4年生:小山田 桜、3年生:佐々木 悠舞、佐野 磨李、中尾 宝、林 梨乃、久保木 真歩、東京海洋大学3年生:岸本 将光、長塚 美月。

身近な江の島の海底が、今どの様な状況であるかを知るためのプロジェクトで、子どもたちから大人まで参加しております。

  • 藻場について学ぶ
    藻場について学ぶ
  • 佐々木 悠舞、佐野 磨李
    佐々木 悠舞、佐野 磨李
  • 小山田 桜、林 梨乃
    小山田 桜、林 梨乃
  • 中尾 宝
    中尾 宝
  • 江の島の裏側を堪能、中々観られない光景
    江の島の裏側を堪能、中々観られない光景
  • クルーズ開始、林 梨乃、久保木 真歩
    クルーズ開始、林 梨乃、久保木 真歩
  • 参加者は左から4年生:小山田 桜、3年生:佐々木 悠舞、佐野 磨李、中尾 宝、林 梨乃、久保木 真歩、東京海洋大学3年生:岸本  将光、長塚 美月
    参加者は左から4年生:小山田 桜、3年生:佐々木 悠舞、佐野 磨李、中尾 宝、林 梨乃、久保木 真歩、東京海洋大学3年生:岸本 将光、長塚 美月

中国昆明市と友好都市である藤沢市を中心とした湘南地域において、中国語を学ぶ学生や生徒を対象に、中国語スピーチコンテストを開催します。優勝者は昆明市への研修旅行に招待し、日中両国の青少年交流を行います。

※今後の中国入国規制等の状況により応分の副賞に代替えすることがあります

開催日:
2023年(令和5年)2月11日(土曜日)午後1時~
会場
多摩大学湘南キャンパス(藤沢市円行802)
部門:
高校生の部、大学生の部
課題:
テーマ「私と中国語」 1人3分
表彰:
大学生の部及び高校生の部それぞれの成績優秀者等に以下の賞を与える。
一等賞 1名(優勝):昆明市研修旅行招待
二等賞 1名
三等賞 1名
特別賞 若干名
参加賞 全員
出場資格:
①藤沢市を中心とした湘南地域にある大学、高校等に通学する学生・生徒、及び湘南地域外の大学、高校等に通学する学生・生徒であって藤沢市在住の者、並びにそれらに準ずる者で実行委員会が特に認める者
②中国に半年以上住んだことのない者
③2週間以上中国に招聘されたことのない者
④父母がどちらも母国語が中国語ではない者
主催:
湘南中国語スピーチコンテスト実行委員会
申込:
2023(令和5)年1月10日(火)までに、電話またはメールに住所・氏名・学校名・学年・電話番号・メールアドレスを書いて、湘南中国語スピーチコンテスト実行委員会事務局(多摩大学グローバルスタディーズ学部事業推進室)【電話】(82)3331、【メール】sgs-pro@gr.tama.ac.jp
 

ページトップへ