多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

11月13日(土)・14日(日)、第15回多摩大学湘南キャンパス学園祭『SGS Festa 2021』を開催します。

今年もオンラインでの開催となりますが、毎年ご参加いただいていた方のみならず、遠方にお住まいの方も楽しめるよう実行委員一同で準備を進めています。

毎年幅広い年代に人気のお笑いライブ以外にも、橋詰博樹特任教授や(株)ショーナン代表取締役 田中利忠氏による公開講座、ビンゴ大会、団体紹介映像の放映などさまざまな企画を用意しています。

YouTubeの専用チャンネルよりプログラムを配信しますので、ぜひご自宅よりお気軽にご参加ください。

最新情報は、随時下記ホームページにアップします。
ぜひご覧ください!

第15回多摩大学湘南キャンパス学園祭『SGS Festa 2021』ホームページ
https://tamauni.wixsite.com/sgsfesta2021

第33回 多摩大学学園祭「多摩大学オンライン学園祭」を実施致します。

今年度は昨今の情勢を鑑みて、完全オンラインでの開催を決定いたしました。
バーチャルSNS「Cluster」を使用しての完全オンライン学園祭。
オンラインだからこそ楽しんで頂ける様々な企画をご用意しております。
詳細情報は公式HPで随時更新中!ぜひぜひチェックしてください!!
https://www.tamasai.jp/

〈開催日時〉
2021年11月13日(土)
2021年11月14日(日)
10:00~18:00
バーチャルSNS「Cluster」にて

2021年秋学期の講座募集は、2021年9月30日(木)12:00 にて終了しました。
今期も多数の方のお申し込みありがとうございました。

多摩大学寺島実郎監修リレー講座「現代世界解析講座XⅣ」2021年秋学期を
お申込の方はこちらの申込フォームに入力してください。

なお、現在申込は、 湘南キャンパスライブビューイング受講会場、
インターネットオンデマンド受講【講義資料ネット配信形式】のみとなります。

「現代世界解析講座XⅣ」2021年秋学期 の詳細についてはこちら

9月16日をもちまして、お申込みを締め切らさせていただきます。
数多くのお申込み、誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

多摩大学では「コロナ禍におけるIRの推進」と題して、オンラインでの「IRセミナー」を開催いたします。
基調講演の講師に豊田 義博 氏を迎え、本学のこれまでの調査・分析により得られた知見を共有し、
皆様方とIRを推進していきたいと存じます。
ご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

日時:2021年9月21日(火)14:00~17:00
開催形式:オンライン


詳細はこちら

多摩大学寺島実郎監修リレー講座「現代世界解析講座XⅣ」2021年春学期 を
お申込の方はこちらの申込フォームに入力してください。

申込締切日:2021年3月29日(月)12:00 にて、多摩キャンパス受講・東京都心サテライト受講については、定員に達しましたので申込を締め切りました。

インターネット(オンデマンド)受講、湘南キャンパス受講のみ、引き続き申込を受け付けております。

「現代世界解析講座XⅣ」2021年春学期 の詳細についてはこちら

多摩大学村山貞幸ゼミ日本大好きプロジェクトは、東京ミッドタウンにて「和紙キャンドルガーデン-TOHOKU 2021-」を企画・運営します。
和紙キャンドルガーデン-TOHOKU-は、2011年より昨年を除き、年一度のペースで開催していました。
震災から10年経ちますが、この間、毎年学生が東北の市町村をまわり、累計約15,000人を超える方々のメッセージを集め、和紙キャンドルとして多くの方に伝えてきました。
今年度は、芝生広場に2011年から2021年までにいただいたメッセージを年ごとに配置し、被災された方々の想いを感じていただきます。

日時 : 2021年3月9日(火)~11日(木) 17:00~20:00 ※入場無料
会場 : 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン、芝生広場 他
アクセス : 都営地下鉄大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
主催 : 東京ミッドタウン

企画・運営:多摩大学 村山貞幸ゼミ 日本大好きプロジェクト

協力 :カメヤマキャンドルハウス
<東北> 1大学 <東京> 9大学 1団体

※悪天候や新型コロナウイルス感染拡大の状況により予告なく変更・中止になる場合がございます。

プレスリリース(PDF 996KB)

2021年2月20日、本学と「学術交流に関する包括協定」を締結している帝塚山大学の東生駒キャンパス(奈良県奈良市)にて、「第9 回『実学の帝塚山大学』実践学生発表祭 ~アクティブ・ラーニングの実践事例~」が開催され、本学のインターゼミ(社会工学研究会)「サービス・エンターテインメント班」(学生2 名)と「DX(デジタル・トランスフォーメーション班)」(学生2 名)が参加しました。
「サービス・エンターテインメント班」のテーマは「2020年代の日本の「観光立国を考える」-「安定」かつ「高付加価値」産業を構築するには-」
「DX(デジタル・トランスフォーメーション)班」のテーマは「DXによるこれからの社会変化~イノベーションを軸に~」をテーマにゼミで一年間積み上げた研究成果を発表しました。
昨年12 月12 日には、本学で開催した「多摩大学アクティブ・ラーニング発表祭」にも帝塚山大学からの参加があり、研究発表を行っています。
このような研究発表を軸に学生と指導教員が毎年交流を深めてお
り、互いに切磋琢磨する貴重な機会となっています。

 

ページトップへ