多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

多摩大学グローバルスタディーズ学部主催
学長 寺島実郎 基調講演
「グローバル化する観光産業の人材育成と活用VII」シンポジウム

開催予定日:2018年10月1日(月)18:00~20:10
会 場:藤沢商工会館ミナパーク(JR、小田急、江ノ電藤沢駅より徒歩約5 分)

プログラム
17:30 受付開始
18:00 学部長 安田 震一 挨拶
18:10 鈴木 恒夫 藤沢市長 ご挨拶(予定)
18:20 田中孝枝専任講師:「藤沢市・昆明市の双方向観光交流の促進に向けて」
18:50 休憩
19:00 学長 寺島実郎 基調講演
   「2020年への湘南の構造変化 ~ジェロントロジーの視界から~」
20:10 終了

詳しくはこちらをご覧ください

お申し込み方法・お問い合わせ
9月27日(木)までに電話、FAX、メールのいずれかの方法にて住所・氏名・年齢・職業・電話番号を添えてお申込みください。

宛先:多摩大学湘南キャンパス「シンポジウム」係
【電話】0466(82)4141 【FAX】0466(83)7917
【メール】sgs-fun@gr.tama.ac.jp

多摩大学寺島実郎監修リレー講座「現代世界解析講座XI」2018秋学期の
申込はこちらからお願いします。
       
「現代世界解析講座XI」2018秋学期の詳細についてはこちら

8月5日開催の湘南キャンパスのオープンキャンパスで、スケルトン競技選手として、ソルトレークシティー(2002)、トリノ(2006)の2度のオリンピック出場を果たした中山英子さんのご講演があります。

詳細は以下をご確認ください。
https://www.tama.ac.jp/admission/go/opencampus/sgs180805.html

村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」は、平成30年7月6日(金)~7日(土)に浄土宗大本山 増上寺にて開催する『増上寺七夕祭り和紙キャンドルナイト2018』の企画・運営を行います。
5,400個の和紙キャンドルで創られた天の川は、皆様を七夕の夜へとお連れします。本イベントで使用する和紙はすべて、学生が一枚一枚心をこめて手で漉いています。
是非、本イベントにお越しいただきたく存じます。

増上寺七夕祭り『和紙キャンドルナイト2018』
開催日時:平成30年7月6日(金)~7日(土)18時~21時
   ※入場無料
会場:浄土宗大本山 増上寺
アクセス:都営三田線 芝公園駅/御成門駅 (徒歩3分)
  JR線 浜松町駅 (徒歩10分) 都営浅草線 大門駅(徒歩5分)

※お問い合わせは、下記までご連絡ください。

【連絡先】 (広報担当) 藏田 智大
MAIL:npj.kurata@gmail.com

【プレスの皆様へ】
プレスリリース「増上寺七夕祭り 和紙キャンドルナイト2018」(PDF 228KB)

7月15日開催の多摩キャンパスオープンキャンパスにYouTuberの相馬トランジスタ様が登壇されます。

詳細は以下をご確認ください。
https://www.tama.ac.jp/admission/go/opencampus/smis180715.html

第14回日総研フォーラム(多摩大学共催)「超高齢化社会における地域の幸福を考える - ジェロントロジーの視点から」が下記の日時に開催されます。
        

日 時:2018年7月30日(月)18:30~20:40

会 場:時事通信ホール [東京都中央区銀座5-15-8]

詳 細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

5月19日(土)午後、神奈川県寒川町において、「ぶらりごみ拾い in さむかわ 2018」が行われた。多摩大学グローバルスタディーズ学部(以下「SGS」)の学生が、寒川町、寒川町観光協会の後援を得て実行委員会を組織して行ったもの。2016年より藤沢市、日大と共同で行ってきた「ぶらりごみ拾い」の3年目の最初のイベントとなった。

ごみ拾い対象エリア
ごみ拾い対象エリア

近隣の中学・市民団体等を含む15チーム、52人(うち、SGSからは留学生7人を含む5チーム27人)が参加。SGSの学生実行委員10人、当日サポートスタッフ15人等の運営関係を含めた総参加者数は77人に昇った。

11時よりさむかわ中央公園で行われた開会式では、副実行委員長・SGS 1年草野優衣の司会により、実行委員長・SGS2年渡邊凌、木村俊雄寒川町長の挨拶、副実行委員長SGS 2年石井大輝によるルール説明と進み、寒川町観光協会・久米順之常務理事のスタート号令により出発。限られたエリアの中で、1時間で一人当たり最も多くのごみを集めたチームが優勝というルールで行われた。

ゴールとなったさむかわ中央公園では、「ぶらりごみ拾い」と同時開催していた「さむかわ環境フェスティバル」「ニコニコリサイクルフリーマーケット」などのイベントにも寒川町のたくさんの人が集まり、賑わっていた。

計量後の12時過ぎから石井副委員長の司会で行われた閉会式では、1位:寒川斎場チーム(1.44kg/人)、2位:多摩大学・チーム大高(1.1 kg/人)、3位:観光サポーターチーム(1.04kg/人)が渡邊委員長から表彰された。また特別賞として、たった二人でかなりのごみを拾い集めた旭ヶ丘中学校チームに「ハイパー中学生賞」が、インドネシア人研修生5名が健闘したシロキ工業チームに「国際交流賞」が渡邊委員長から贈られた。最後に、安田震一SGS学部長より参加者への感謝が述べられ、無事閉幕した。集められたごみ計約32kg。皆様、ありがとうございました。
(ぶらりごみ拾いinさむかわ2018実行委員会 委員長渡邊凌、顧問橋詰博樹 記)


  • 受付風景

  • 木村町長挨拶

  • 観光協会 出発号令

  • ごみ拾い風景

  • ごみ拾い風景

  • 計量風景

  • 委員長 結果発表

  • 優勝 寒川斎場

  • 学部長謝辞
 

ページトップへ