多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

2013年2月13日(水)キッズデザイン製品開発による企業戦略セミナーが開催され、下記のテーマで本学 紺野 登教授が講師を務めます。

「新たなビジネス領域を生み出すキッズデザイン」 <16:20~16:40>
産業界が取り組むCSRや次世代育成の意義と経済効果をビジネス視点から探ります」
(講師:多摩大学大学院教授 KIRO代表 キッズデザイン賞審査委員 紺野 登)


本学、紺野 登教授が審査委員を務めるデザインコンペについて。

詳細は下記をご覧下さい。

多摩大学と多摩信用金庫は、多摩地域で海外展開を行っている、もしくは今後海外展開を計画している中小企業の人材面における課題に焦点をあて、300社弱に対し「採用実態調査」を行いました。

この調査結果をより多くの企業に生かしていただくために、中小企業の「外国人雇用に関する調査」の結果発表と、「海外展開を成功するするために必要な『人材戦略』」について具体的な事例を交えたパネルディスカッションを行います。

詳細はこちらをご覧ください(PDF 463KB)

望月ゼミは、多摩大学が平成元年(1989年)に建学されて以来24年間継続している最も伝統のあるゼミです。
ゼミを卒業し社会で活躍している方々は、400名を超えています。
そのゼミOBの方々は、ゼミのモットーである「高い志、事業創造力、先進の社会デザイン」をモットーに、様々な方面で大きな力を発揮しています。 

それは、ゼミでの厳しい事業構想力やリーダーシップ力、組織力が問われるプロジェクト発注方式やD-1と呼ばれるディベート(闘論)、ワンディエスキースという1日で企画を完成させプレゼンする方式など新しい脳力開発が不断に行われてきた結果であるのかもしれません。

望月ゼミを率いてきた望月照彦先生が、この度退任を決意されました。
少々早い退任ですが、現役生の私たちは悲しんでいる暇はありません。
そこで、望月ゼミの伝統を受け継ぎ、次代への力にしていくための「知の博覧会」を企画しました。

ゼミOBの諸先輩方に、ゼミでの学びを社会でどう成果に結実させたかをお聞きし、私たち現役生がそれらを未来に向けていかに生かすか、ということが大きなテーマになるでしょう。

博覧強記な望月先生の知のスタイルを表現するために、『望月ゼミ博覧会』と名付けました。
この博覧会は、ゼミの終りや望月先生の退任を祝うものではありません。
望月ゼミの「知の創造のためのアジール(知の自由領域)」は永遠であることの証として、そして私たち自身の未来へのエネルギーの源泉創造のための博覧会である、と考えたいと思います。

望月ゼミ博覧会実行委員会

 

日時:2012年12月1日(土)13:00~

場所:多摩キャンパス101教室

構成:第1ステージ(14:00~14:15)

     ・趣旨説明 木下裕司 3年ゼミ長

     ・ご挨拶   白倉正子 ゼミOB会会長

   第2ステージ(14:20~15:50)

     ・プレゼン1 「まちづくり、ひとづくり、あすづくり」・・・『耳をすませば』明日が聞こえてくる
         鴨川美紀 ゼミOB会

     ・プレゼン2 「マイノリティがマジョリティになる社会デザイン」・・・湯河原での私の小さな活動報告
         佐藤擁 ゼミOB会

     ・プレゼン3 「いまこそ、多摩大にベンチャー精神を」・・・大学1年の時から、起業を夢見ていた
         中田将来 ゼミOB会

   第3ステージ(16:00~17:30)

     ・シンポジューム『一人ひとりが、知のアジールを持つために』・・・自立互援の思想と行動とは

         総合司会:坂西元 大学院OB
         3年生:2名(木下裕司、篠原勇人)
         2年生:2名(鈴木志竜、喜田貴人)
         4年生:1名(橋本桂介)
         アドバイザー:OB数名
         (柳生好彦、鈴木崇、小島幸博、田貝桂、矢部智也、中島慶太、松井要・・・)

    

   第4ステージ(17:40~17:55)

    ・総括 『社会デザイン:地球危機と経済の哲学』・・・自立互援と<宇宙を構想して、身の丈で生きる>
         望月照彦

   第5ステージ(17:55~18:00)
    ・閉会の言葉:望月ゼミは永遠なり
         平野智子 OB会

望月ゼミ博覧会実行委員
委員長:木下裕司
副委員長:鈴木志竜
委員:篠原勇人
委員:岡本拓樹
委員:大成信一
委員:品川遼太

去る2012年7月2日~9月21日までの間、募集いたしました第4回「私の志」小論文コンテストにおきまして、多数のご応募いただき、誠にありがとうございました。皆様から頂いた作品を拝見し、今回の作品に取り組まれたことが志を考え、深めるきっかけになったことと確信しております。

応募総数1553点の中から、厳正なる審査の結果、各賞が決定しましたので、お知らせいたします。

各賞の入賞者はこちらをごらんください。

多摩大学同窓生の皆様、2012年度の総会・懇親会を以下のとおり開催いたします。
今年度の会場は、湘南キャンパスとなります。
当日は、グローバルスタディーズ学部の学園祭を開催しており、「寺島実郎学長 特別講演会」も行われます。
グローバルスタディーズ学部 学園祭

是非足をお運びくださいますようご案内いたします。
 
日時:2012年11月3日(土)
会場:湘南キャンパス<お間違いのないようお願いいたします> 
    アクセス:http://www.tama.ac.jp/info/guide_shonan.html
 
    14:20~寺島実郎学長 特別講演会<EAST301教室>
         テーマ:「3.11の衝撃、そして世界の構造変化」<開場:13:30>
         寺島実郎の世界
    15:30~総会(20分程度)
    16:00~懇親会<開場15:30>
    17:30 閉会
会費:講演会・総会・懇親会 無料
 
※学園祭と同時開催となり、駐車場がございませんのでお車でのお越しはご遠慮ください。
※10月26日(金)までに出欠のご連絡をメールにてお願いいたします。
  E-mail:info@tama-alumni.jp
※多摩大学同窓会ホームページ http://tama-alumni.jp/
※多摩大学同窓会は本年度より情報交換・発信の場としてface bookにて同窓会のグループを立ち上げました。
 
<各種お問合せ先>
多摩大学同窓会事務局 担当 高野(多摩大学学長室)
TEL:042-337-7300

sgsfesta.jpg

2012年11月3日(土)湘南キャンパス学園祭にて「寺島実郎学長 特別講演会」を開催いたします。
 
テーマ:「3.11の衝撃、そして世界の構造変化」
寺島実郎の世界

日時:2012年11月3日(土)14:20~15:20<開場:13:30>
会場:湘南キャンパス EAST301教室
参加料:無料 事前予約不要
問合せ:グローバルスタディーズ学部 学園祭実行委員会
     TEL:0466-82-7461
 

関連リンク
グローバルスタディーズ学部学園祭(SGS FESTA)
湘南キャンパスへのアクセス

 

 

ページトップへ