多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

T-Studioの記事

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組 」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学 中村そのこゼミナールのメンバーが、多摩大学経営情報学部の熱意あふれる先生の研究・ゼミナール活動、そしてプライベートまで、ねほりはほり聞いてしまうコーナー「たまうが」第13回「多摩大学 経営情報学部 水盛涼一 准教授 Part1」を追加しました。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩というローカルな地域の歴史を深く見つめると、世界史にもつながることに視界がひらかれる。
『多摩地域からみた江戸時代』は、多摩大学 大森映子 名誉教授をゲストに迎えて、江戸時代に焦点をあて、多摩地域から時代を紐解く番組です。

第9回 Part1「【江戸時代・大名たちの相続事情】対馬藩宗家の相続問題-天明5年(1785)の場合- 」、Part2「趙佑鎭×大森映子 歴史 ぷらすα」を追加しました。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組 」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学 中村そのこゼミナールのメンバーが、多摩大学経営情報学部の熱意あふれる先生の研究・ゼミナール活動、そしてプライベートまで、ねほりはほり聞いてしまうコーナー「たまうが」第12回「多摩大学 経営情報学部 良峯徳和 教授 Part1」を追加しました。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

AIが進化する時代を生きるための示唆がちりばめられた内容に年代を問わず誰もがヒントを見つけることができる番組「トレンドウォッチャー~時代の波がしら~」第16回「令和の時代を生き抜くテーマ」を追加しました。

久恒啓一 特任教授、橘川幸夫 客員教授、久米信行 客員教授 3名が、それぞれ「令和の時代」を生き抜くテーマについて語ります。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩というローカルな地域の歴史を深く見つめると、世界史にもつながることに視界がひらかれる。
多摩地域からみた江戸時代』は、多摩大学 大森映子 名誉教授をゲストに迎えて、江戸時代に焦点をあて、多摩地域から時代を紐解く番組です。

第7回「【江戸時代・大名たちの相続事情】江戸幕府の相続原則 ―大名家の継承をめぐって― Part1」、第8回「【江戸時代・大名たちの相続事情】江戸幕府の相続原則 ―大名家の継承をめぐって― Part2」を追加しました。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

久恒啓一副学長の番組『久恒啓一の名言との対話』 第35回を追加しました。

『久恒啓一の名言との対話』は、ゲストの「座右の銘」とエピソードを紹介、ナビゲータの久恒啓一が「偉人の名言」の独自データベースを駆使して多角的に解説します。「言葉の力」を再認識する番組です。

今回のゲストは多摩大学経営情報学部 客員教授 樋口裕一。

ゲストの樋口裕一客員教授と久恒啓一教授は同郷の幼馴染。縁あって多摩大学で共に教鞭をとってきた。樋口裕一客員教授は「小論文の神様」と呼ばれる文章の達人。久恒啓一教授はビジネス界出身の「図解の教祖」。表現の手法が全く違う二人が樋口裕一客員教授の「座右の銘」を紐解くと、幼馴染だからこそ分かり合える人生100年時代を支える心の持ち方が浮かんでくる。

こちらからご覧ください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学プレゼミナールは、1年生対象の導入教育の一つです。「多摩大学プレゼミナール2018 私の志Ver.1」「多摩大学プレゼミナール2018 私の志Ver.2」は多摩大学中村その子ゼミ生が動画編集をサポート、”飛び出せ!!それぞれの想いを胸に・・・!!”

こちらからご覧ください。

 

ページトップへ