多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ニュースリリースの記事

5月8日、「多摩大学 寺島実郎監修リレー講座」の受講者を対象に、農業体験を通して、リタイア後の世代が新たな社会参画を考える企画として、山梨県南アルプス市との連携で「田植え体験×講座」をコロナ禍以降では初めて、3年ぶりに実施しました。

当日は、天候にも恵まれ、南アルプス市の富士山と甲府盆地を一望できる棚田にて、26名の参加者が「田植え」体験に取り組みました。
膝元にまで達する深い水の中で、泥に足を取られながらかがんだ姿勢を維持し、後退しながら稲を1列に植える作業は思ったよりも難しく、農作業の大変さと楽しさを体験することができました。
一般参加者、教職員、学生の皆さんでなんとか苗を植えることができました。

田植えの後は、景色を眺めながら南アルプス市の食材を使った「ふるさと弁当」をみんなで美味しくいただきました。
その後は「やまなみの湯」に移動し、入浴や地元物産品の買物を楽しみました。
さらに会場を旧回春堂医院に移し、 南アルプス市教育委員会文化財課、NPO法人森の劇場のご協力により、会場となった旧回春堂医院の施設紹介と「鎌倉殿を支えた甲斐源氏」と題した講座を受講。現在テレビ放映中で話題の大河ドラマの時代背景と歴史を振り返りました。
南アルプス市が甲斐源氏と呼ばれる源氏の一流が拠点とした「源氏の里」であったことに気付かされるとともに、なぜこの地で甲斐源氏が活躍したのかなど、時に講師の方々の迫真の演技を交えながらその背景を丁寧にご説明いただき、学びの多い時間となりました。

  • 会場の旧回春堂医院
    会場の旧回春堂医院
  • 講座「鎌倉殿を支えた甲斐源氏」
    講座「鎌倉殿を支えた甲斐源氏」

3年ぶりとなるジェロントロジー企画は、第一次産業に触れることにより、生産活動へ携わることができる貴重な経験となりました。
秋には今回植えた稲の刈り取りを実施する予定です。

  • 集合写真 ※撮影時のみマスクを外しています
    集合写真 ※撮影時のみマスクを外しています

新入生・保護者の皆様

掲題の件につき、下記のとおりご案内申し上げます。皆様のご列席を心よりお待ち申し上げております。

1.スケジュール
開催日:2022年4月5日(火)
受 付:12時30分~13時25分
(受付終了間際は混雑します。時間に余裕をもってお越しいただきますよう、お願いいたします。)
式 典:13時30分~14時20分
保護者説明会:14時40分~15時40分(式終了後、学部毎に分かれて、保護者説明会を行います。)

2.会場(会場は多摩大学キャンパスではございません。お間違いのないよう、ご注意ください。)
会場  :調布市グリーンホール 大ホール(〒182-002東京都調布市小島町2-47-1 TEL042-481-7611)
アクセス:京王線 調布駅改札より徒歩3分
https://www.chofu-culture-community.org/renter/green-hall

3.新型コロナウイルス感染症対策について
当日は以下の対策を講じます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
■検温の実施
■アルコール消毒液の設置
■マスクの着用

(問合せ先)多摩大学 多摩キャンパス(経営情報学部)       総務課 042-337-7112
湘南キャンパス(グローバルスタディーズ学部)総務課 0466-82-4141

卒業生・保護者の皆様

掲題の件につき、下記のとおりご案内申し上げます。皆様のご列席を心よりお待ち申し上げております。

1.スケジュール
開催日:2022年3月24日(木)
受 付:12時30分~13時25分
(受付終了間際は混雑します。時間に余裕をもってお越しいただきますよう、お願いいたします。)
式 典:13時30分~14時40分(式終了後、学部毎に分かれて、学位記をお渡しいたします。)

2.会場(会場は多摩大学キャンパスではございません。お間違いのないよう、ご注意ください。)
会場  :府中の森芸術劇場どりーむホール(〒183-0001東京都府中市浅間町1-2 TEL042-335-6211)
アクセス:京王線 東府中駅 北口より徒歩7分
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/access/index.html

3.新型コロナウイルス感染症対策について
当日は以下の対策を講じます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
■検温の実施
■アルコール消毒液の設置
■マスクの着用
■座席を一席おきに使用

(問合せ先)多摩大学 多摩キャンパス(経営情報学部)       総務課 042-337-7112
湘南キャンパス(グローバルスタディーズ学部)総務課 0466-82-4141

3月9日、多摩大学は本学多摩キャンパスにてTAC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田敏男氏)と「包括連携に関する協定書」の調印式を行いました。今後、相互に連携を強化することで地域経済の発展と地域社会の課題解決を図ります。

本協定は、地域の産業振興、中小企業や金融機関の経営革新に貢献することを目的として、地域社会の魅力度向上や課題解決に資する連携事業、地域社会の企業・個人・団体等の課題解決に資する連携事業、地域社会及び企業・団体等に関する共同研究等について産学連携の取り組みをより一層推進するものとして締結いたしました。

1.多摩大学とTAC株式会社との包括連携の主旨
以下の事項について連携して取り組む
①中小企業と地域金融機関の人材育成に関すること
②中小企業と地域金融機関の経営に関すること
③産学官民連携による地域活性化に関すること

2.  今後の展開について
社会人教育に力を入れている多摩大学と、1980年の創立以来プロフェッショナル人材の養成に取り組んできたTAC株式会社が包括連携協定を締結することで地域の金融機関とも協業し、地域の中小企業に対して“次世代の「本業」を生み出せる人材”を育てる「次世代事業開発人材育成プログラム」の開講を見据え、相互に連携して地域の魅力向上や課題解決に取り組んでまいります。

  • 左から本学副学長:杉田文章、TAC㈱代表取締役:多田敏男氏
    左から本学副学長:杉田文章、TAC㈱代表取締役:多田敏男氏

2022年3月2日・3日、第1回東京フェスティバルが武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開催されました。
第17回全⽇本⼤学フットサル大会の代替大会として開催された本大会では、決勝に進んだ体育会フットサル部が東京都大会決勝、関東大会決勝に続き、東京大学と対戦、接戦を繰り広げましたが見事勝利を収めました。

昨年夏に実施される予定だった第17回全⽇本⼤学フットサル大会が新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止となりましたが、今回の代替大会が行われることになったことで、2019年第15回全日本大学フットサル大会、2020年 KANSAI INTER COLLEGE CUP(第16回代替大会)、そして今般実施された2021年東京フェスティバル(第17回代替大会)で優勝することにより、3大会連続で大学日本一の栄冠を手にしました。

4年生にとってはコロナに翻弄された大学生活でしたが、有終の美を飾ることができました。

2022年2月19日、帝塚山大学東生駒キャンパス(学長:蓮花一己 所在地:奈良県奈良市)にて、「第10回『実学の帝塚山大学』実践学生発表祭~アクティブ・ラーニングの実践事例」が開催されました。本学と帝塚山大学は「学術交流に関する包括協定」を締結しており、その一環として毎年実施されている本発表祭に、本学からはインターゼミ(社会工学研究会)「アジアダイナミズム班」(学生2名)と「サービス・エンターテインメント班」(学生2名)が参加しました。今回は新たに大阪電気通信大学も加わり、3校による多様な教育研究分野の発表が行われました。

アジアダイナミズム班は「倭寇とモンゴル帝国史~海洋の渡海民と大陸の遊牧民」、サービス・エンターテインメント班は「コンビニエンスストアの新たな経済・社会的役割~暮らしの一部から必要不可欠な存在へ~」をテーマに、ゼミで一年間積み上げた研究成果を報告しました。
各チームの発表の最後には学生や教員から次々と質問の手が挙がり、活発な質疑応答が展開されました。

帝塚山大学は昨年12月11日に本学で開催した「多摩大学アクティブ・ラーニング発表祭」にも参加しており、研究発表を行っています。多摩大学と帝塚山大学は、このような研究発表を軸に学生と指導教員が毎年交流を深めており、互いに切磋琢磨する貴重な機会となっています。

  • アジアダイナミズム班による発表
    アジアダイナミズム班による発表
  • サービス・エンタテインメント班による発表
    サービス・エンターテインメント班による発表
  • 金教授による講評
    金教授による講評

多摩大学グローバルスタディーズ学部 田中孝枝准教授著の「日中観光ビジネスの人類学ー多文化職場のエスノグラフィ」(東京大学出版会)が、観光学術学会学会賞「著作奨励賞」を受賞しました。

詳細は 観光学術学会ホームページよりご覧ください。

 

ページトップへ