多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ニュースリリースの記事

11月5日(火)に6回目となる会社見学会が開催され、神奈川県横浜市に本社のある株式会社野毛印刷社様へ学生2名、教職員5名でお伺いしました。

株式会社野毛印刷社は、1948年9月に創業し、環境・MUDに配慮した商品の企画・制作・販売を行い、CRS(企業の社会的責任)を掲げ、環境への取り組み、社会への取り組み、地域貢献活動、社員の成長をバックアップといったさまざまな取り組みを進めています。

はじめに、森下代表取締役社長からご挨拶をいただき、「ひらめきで課題解決!」をモットーに時代の変化に合わせながら、古き良き「紙」だからこそ伝えられることを提案し続けることの重要性と社員の方々との価値観の統一を図ることを大切にされているという貴重なお話がありました。

見学会では、環境対応印刷方式による高精細カラー印刷機を使用しているプリントセンターでノートが製本されるところを拝見し、また、デザイン作成、動画編集しているクロスメディア推進室では、担当の方からデザインを作成する際にはクライアントからの要望を整理し、わかりやすさを一番に意識しているという大変為になるお話を伺うことができました。

また、意見交換会では入社1年目から21年目の社員の方々の入社の動機から現在の業務に至るまでのお話を伺い、参加した教職員・学生にとって学びのある時間となりました。

  • Welcomeボードでお迎えいただきました
    Welcomeボードでお迎えいただきました
  • 森下代表取締役社長のご挨拶
    森下代表取締役社長のご挨拶
  • 会社概要の説明
    会社概要の説明
  • 机も椅子も紙で出来ています
    机も椅子も紙で出来ています
  • プリントセンター内の見学
    プリントセンター内の見学
  • 御社の特長は何ですか?
    御社の特長は何ですか?
  • 意見交換会
    意見交換会
  • 製本したノートと(株)野毛印刷社様の名刺カード
    製本したノートと(株)野毛印刷社様の名刺カード
  • 集合写真
    集合写真
  • お世話になりました
    お世話になりました

経営情報学部では、令和元年10月23日(水)に教員顕彰を行い、杉田文章経営情報学部長から、受賞者に対し褒賞状の授与がありました。これは、令和元年度春学期に実施した学生による授業評価(VOICE)結果等を「多摩大学授業評価規程」に照らし、総合的に高評価だった教員を表彰するものです。

  • 褒賞状の授与
    褒賞状の授与

  • 左から
    村山 貞幸 教授:マーケティング入門-X
    石川 晴子 准教授:English Expression Ⅰ-Y1、グローバルビジネス入門-Y
    水盛 涼一 准教授:中国語Ⅰ-X、グローバルビジネス入門-Y
    巴特尓 教授:グローバルビジネス入門-Y
    杉田 文章 経営情報学部長
    趙 佑鎭 教授:アントレプレナーシップ論、グローバルビジネス入門-Y
    中村 その子 教授:グローバルビジネス入門-Y
    下井 直毅 教授:グローバルビジネス入門-Y
    金 美徳 アクティブ・ラーニング委員長:グローバルビジネス入門-Y

2019年10月18日(金)、城南信用金庫本店で「包括的連携に関する協定」の締結式が行われ、本学から杉田文章副学長、経営情報学部の長島教授、城南信用金庫の川本恭治理事長、下谷康博副理事長が出席しました。

本学は、よい仕事おこしフェア実行委員会(事務局:城南信用金庫)と東京都内初として包括的連携協定を締結しました。すでに10月7日(月)、8日(火)に開催された「よい仕事おこしフェア」では、ブースを出展し、共同研究のための調査を実施しました。また、同フェアの東京新聞の新聞記者体験イベントでは、経営情報学部の学生3名が神奈川大学、千葉商科大学の学生とともに参加し、大変貴重な経験をすることが出来ました。

今後は地域活性化と産業の振興を図るため、相互に協力し、地域社会の発展に寄与することを目的とし、地域支援・地方創生等の取り組みに向けて推進していきます。

  • 締結
  • 締結
  • 多摩大学杉田文章副学長
    多摩大学杉田文章副学長
  • 城南信用金庫川本恭治理事長
    城南信用金庫川本恭治理事長
  • 多摩大学経営情報学部長島剛教授
    多摩大学経営情報学部長島剛教授

多摩大学グローバルスタディーズ学部では、藤沢市と連携し、2019年度秋学期に藤沢のキーパーソンから直接学ぶ科目「藤沢ストーリー」を開講いたします。

藤沢市内の関係団体やユニークなビジネスをおこなう企業から講師を招き、他では聞けない「藤沢」について講演していただきます。

「藤沢ストーリー」は大学の通常科目として開講しますが、外部講師による8回の講義を市民の皆様にも公開し、学生と市民が一緒に藤沢を学ぶ機会をつくります。


【問合せ先】多摩大学グローバルスタディーズ学部 事業推進室
Mail sgs-pro@gr.tama.ac.jp Tel 0466-82-3331

詳細、申込方法はこちら

多摩大学では、産官学民連携センターを中心に数多くのプロジェクトを実行しながら、積極的に地域の発展、課題解決、地域社会づくりに取り組んでまいりました。
今般、多摩大学は地域支援・地方創生等の取組みの推進を目的に、城南信用金庫「よい仕事おこしフェア実行委員会」と包括連携協定を締結することとしました。

締結セレモニーは10月18日(金)16時より、城南信用金庫 本店10階にて、
川本 恭治 様(城南信用金庫理事長)
上原 秀生 様(城南信用金庫常務理事)
杉田 文章(多摩大学 副学長)
長島 剛(多摩大学 経営情報学部教授)
出席のもと、執り行われます。

「“よい仕事おこし”フェア」は、東日本大震災の被災地の復興を願って2012年から始まり、今年で8回目。全都道府県から過去最多の229信用金庫が協賛、521の企業・団体が出展しました。

会場では東京新聞の新聞記者体験イベントが行われ、経営情報学部の学生3名が他大学(千葉商科大学、神奈川大学)の学生と一緒に参加し、取材記事が会場内の新聞になりました。

よい仕事おこしネットワークと多摩大学は地域支援や地方創生等の取り組みのために10月18日(金)連携協定を締結します。

  • 出展ブースにて大学のPR
    出展ブースにて大学のPR
  • 開会式
    開会式
  • 会場の様子
    会場の様子
  • 新聞記者体験の取材中
    新聞記者体験の取材中
  • 東京新聞のブースにて記事作成中
    東京新聞のブースにて記事作成中
  • 真剣に指導を受けています
    真剣に指導を受けています

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組 」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学 中村そのこゼミナールのメンバーが、多摩大学経営情報学部の熱意あふれる先生の研究・ゼミナール活動、そしてプライベートまで、ねほりはほり聞いてしまうコーナー「たまうが」第13回「多摩大学 経営情報学部 水盛涼一 准教授 Part1」を追加しました。

こちらからご覧ください。

 

ページトップへ