多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ニュースリリースの記事

梅澤佳子ゼミの「多世代交流みんなの食卓プロジェクト」、「近隣交流プロジェクト」、「世代間交流八王子駅前サロンプロジェクト」は、3プロジェクト共に2019年度「学部長賞」・「社会・研究活動賞」を頂戴しました。

※「学部長賞」・「社会・研究活動賞」は 、 経営情報学部において学業や社会活動において優れた業績を上げた学生・チームを褒賞する制度です。

来る12月12日(土)及び19日(土)10:30~12:00、令和2年度多摩大学・藤沢市共催市民講座をオンラインで開催いたします。

第1回
12月12日(土)「日本とポルトガル~東京オリ・パラホストタウンが象徴するもの~」
講師:グローバルスタディーズ学部 新美潤 教授

第2回
12月19日(土)「英国の保存鉄道を巡る~英国の鉄道ツーリズムとは~」
講師:グローバルスタディーズ学部 山田大介 教授

お申込先メールアドレス  sgs-pro@gr.tama.ac.jp


詳細、申込方法につきましてはこちらをご覧ください。(PDF 1.38)

グローバルスタディーズ学部では、去る10月16日に「藤沢商工会館ミナパーク」にてシンポジウムを開催しました。各地から多数のご参加をいただき、関係機関の皆様のご協力により無事開催できたことに深く感謝申し上げます。
当日の講演動画を掲載しましたので是非ご覧ください。
ご視聴にはパスワードが必要です。ご希望の方は「sgs-sympo@gr.tama.ac.jp」までご連絡ください。

第1部動画
安田 震一副学長 :開会挨拶
鈴木 恒夫藤沢市長 :来賓ご挨拶
新美 潤 グローバルスタディーズ学科長 :講演「移動と交流 -ポルトガルを例として-」

第2部動画
寺島実郎学長 :基調講演「ポストコロナの世界と日本-新しい視座を求めて-」

動画の視聴期限は12月31日までとなります。

お問い合わせ
多摩大学湘南キャンパス「シンポジウム」係
sgs-sympo@gr.tama.ac.jp

中村そのこゼミ4年 泉 珠希望さんが、ボランティア通信11月号のクイズ企画を担当しました。
11月号は多摩市にちなんだクイズです。
正解を数字に直し、マス目を埋めて塗りつぶすとあるマークが浮かび上がります。
さてそれはいったい何?


ボランティア通信11月号(PDF 4.23MB)

関連リンク
中村そのこゼミ
中村そのこゼミの活動

中村そのこゼミ4年 泉 珠希望さんが、ボランティア通信10月号のクイズ企画を担当しました。

10月号は多摩地域にちなんだクロスワードパズル。
タマボラ君を使ったデザインにしてみました。



ボランティア通信10月号(PDF 4.48MB)

関連リンク
中村そのこゼミ
中村そのこゼミの活動

10月23日(土)午後、一般社団法人藤沢青年会議所、藤沢市らの主催による、ポルトガル・パラリンピックチームと藤沢市内中学生とのオンライン交流会が開催されました。SGSより新美潤学科長、橋詰博樹特任教授、3年加藤とまむ、2年網野開斗の4人が、交流会開催の事務局本部となった神奈川県立スポーツセンターでのイベントに参加しました。

この会は、藤沢市が東京オリ・パラ2020におけるポルトガル・パラリンピックチームの合宿地であるため、大会が延期されなければ実施されていた交流をオンラインの形式で行ったもの。リオデジャネイロ・パラリンピック大会の水泳銀メダリスト木村敬一選手らの講演、また、3名のポルトガル・パラリンピック選手団の方々、鈴木藤沢市長、藤沢市内の中学生約30名のZoomを介した意見交換等が行われました。

新美学科長(前・在ポルトガル日本国大使)は、オンライン意見交換後にコメンテーターとして登壇し、来年の本大会へ向けての一層の交流を呼びかけるとともに、全体の締めくくりを行いました。また、オリ・パラに関わることに強い関心のある2人の学生にとっては、交流自体に加えこうしたイベントの運営現場に触れる貴重な機会となりました。来年に向けて、学生らを一層活用する活動等の提案をまとめていました。

多摩大学グローバルスタディーズ学部は、来年のオリ・パラ本番に向け、またその先も見据えて、グローカルの立場から、藤沢市をはじめとする地域の活動に一層関わっていきます。

  • 新美学科長による総括(画面はポルトガル選手団)
    新美学科長による総括(画面はポルトガル選手団)
  • 会場参加者(右奥に新美学科長、中央に鈴木市長、画面はオンライン参加中学生)
    会場参加者(右奥に新美学科長、中央に鈴木市長、画面はオンライン参加中学生)
  • 左から加藤君、網野君、新美学科長
    左から加藤君、網野君、新美学科長

多摩大学経営情報学部学園祭「多摩大学多摩祭」を11月14日(土)・15日(日)に今年はオンラインで開催します。
皆さんぜひご参加ください。

<実行委員長コメント>
今年度の多摩祭のテーマは「ここで作り上げられるストーリーを」と致しました。2020年初頭から世界中で猛威を振るった新型コロナウイルスの影響から従来の学生生活とは程遠い生活を経験しています。この生活の中でも、楽しめるような学園祭を作るべく活動を続けてきております。
今しか味わえない多摩祭を是非お楽しみください。

多摩大学多摩祭実行委員会委員長
神尾正紀

第32回 多摩大学多摩祭「グローカル・フェスタ 2020 in TAMA」ホームページ
http://tamasai.jp/

 

ページトップへ