多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

「多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト」は、コロナ禍の長期化により、観光・宿泊業はじめ地域経済が大きな影響を受けていることを踏まえ、地元の魅力を再発見するなど、継続性のある地域活性化を目指して官学民連携で実施するものです。
この度、実行委員会※から「多摩地域マイクロツーリズムコンテスト(以降「タマリズム」とする)」のドラフト会議(最終審査会)の見学者の募集を行います。
なお、本プロジェクトは、本学経営情報学部ながしまゼミが企画しています。
※実行委員会構成団体:多摩市・稲城市・八王子市・日野市・多摩大学総合研究所・京王観光株式会社

1 「タマリズム」ドラフト会議(最終審査会)
「タマリズム」ドラフト会議は、企画案作成、自治体・企業等との交流・意見交換、フィールドワーク・モニターツアー等の実施結果について、学生が企画内容を発表し、これを実行委員会が表彰する場です。学生の企画や取組について、地域住民や企業の興味関心を引き出すとともに、企業や団体の協力関係を構築し企画の実用化を目指すことで、地域における継続的な活動を実現し、地域の活性化につなげます。

2 「タマリズム」ドラフト会議 見学者募集
本年度は、企業や団体に加えて一般の参加者も募集します。詳細は次のとおりです。

  • 開催日時
    2022年12月17日(土)13:00~16:30(開場12:15)
  • 会場
    東京たま未来メッセ(東京都立多摩産業交流センター)
    〒192-0046 東京都八王子市明神町3丁目19-2
  • 参加定員
    300名(予定)
  • 参加費
    無料
  • 申込期間
    2022年10月27日(木)~12月2日(金)
  • 申込サイト
    https://kitos-001.jp/tamarism2022-draft/Entry/RegTop.aspx

多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト ホームページ
多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト実行委員会事務局
問合せ:tamarism@keio-kanko.co.jp

【問い合わせ】

産官学民連携センター事務課
担当:矢内 電話:042(337)7583

多摩大学と小田急グループ・小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区)の連携事業「マチカドこども大学」が小田急多摩線「栗平」駅前の同社が運営するコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」にて6月からプレ開講しています。

10月22日には小学生1~4年生対象に「国際食文化学」の講義を「クイズで知ろう!世界の食文化」をテーマに開講しました。当日は、経営情報学部 石川晴子准教授とゼミ生7名が講座運営にあたり、小学生4名が受講しました。

最初に、学生と受講生ひとり一人が自己紹介を行った後、アイスブレーキングとしてミニゲーム三角じゃんけんを行いました。続いて、国旗から国名を当てるクイズから始まり、日本、韓国、フランス、ブラジル各国の食文化や食習慣について三択のクイズ形式でポイントを競い合いました。「食」は身近なテーマですが、文化的背景が色濃く反映され異文化に身を置く者にはなかなか想像しにくい分野です。受講生のこどもたちはその国をイメージし、日本との違いを思い浮かべながら、自分なりに回答を導き出していました。

保護者からは、「気軽に意見を言える雰囲気でよかった」、「クイズで楽しく学べてよかった」とコメントをいただきました。またこどもたちからは「学校では世界の食文化は教えてくれないのでよかった」、「世界について知りたかったので楽しかった」など感想があり好評でした。

マチカドこども大学のホームページはこちらからご覧ください。
https://www.machikado-uni.com/

多摩大学 産官学民連携センター ニュースページはこちらからご覧ください。
https://t-collabo.com/news/machikado-11/

  • 自己紹介
    自己紹介
  • ミニゲームの三角じゃんけん
    ミニゲームの三角じゃんけん
  • ミニゲームの三角じゃんけん
    ミニゲームの三角じゃんけん
  • 三択問題!何番が正解かな?
    三択問題!何番が正解かな?
  • 正解はこちら!
    正解はこちら!
  • かんそうタイム
    かんそうタイム

多摩大学と小田急グループ・小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 取締役社長:五十嵐 秀様)の連携事業「マチカドこども大学」が、小田急多摩線「栗平」駅前の同社が運営するコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」でプレ開講しています。

10月2日、小学生3~6年生を対象に「自動運転学」の講義「車の自動運転の実験をしてみよう!」をテーマに開講しました。当日は、本学経営情報学部 樋笠尭士専任講師のゼミ生6名(2年生)が講師として登壇、小学生6名(3年生:1名、4年生:4名、5年生:1名)が受講しました。

授業では安全な運転のために必要な運転行動3要素「認知・判断・行動」について学びながら、自動運転の必要性について意見交換を行いました。また、チームごとにグループディスカッションを行い、自動運転に組み込むべき3つのプログラミングを考え、ラジコンカーを使って実証実験しました。講義終了後には「単位取得証」が授与されました。

子どもたちからは、「自動運転のプログラミングを学べたことが良かった」「学校では教えてもらえないことを知ることが出来た」などの感想がありました。また、保護者からは、「大学の研究テーマの発表を聞く貴重な経験となった」「グループワーク形式で意見交換を行っている子どもの姿を見ることができて良かった」とのコメントをいただきました。

マチカドこども大学のホームページはこちらからご覧ください。
https://www.machikado-uni.com/

  • 授業の様子
    授業の様子
  • プログラミング中
    プログラミング中
  • ラジコンカーで実証実験中
    ラジコンカーで実証実験中
  • 樋笠先生から保護者の方へ説明
    樋笠先生から保護者の方へ説明
  • 単位修得証授与
    単位修得証授与
  • アンケートに真剣に回答中
    アンケートに真剣に回答中

8月30日、本学経営情報学部 長島剛教授及びゼミ生が京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市)開発事業本部プロジェクト推進部橋本プロジェクトチームの方2名と独立行政法人国立高等専門学校機構 東京工業高等専門学校(東京都八王子市)を訪問し、今後の橋本駅周辺のまちづくりにおける産学官連携の可能性について意見交換を行いました。

東京工業高等専門学校では、高専教育改革の柱の1つとして「社会実装教育」を提案し、科学技術の進展、少子高齢化、グローバル化など、急速に変化する環境に的確に対応できる人材育成に取り組んでいます。

また、令和9年にリニア中央新幹線の品川-名古屋間の開業に伴い、京王相模原線橋本駅前地区の周辺整備が進むことが予想され、京王電鉄株式会社では京王相模原線の終端駅である橋本駅周辺のまちづくりにおいて、ロボット産業をまちの特徴の1つとして捉えています。

今後は、三者で連携・協力しながら、各分野の特徴を生かした新しいまちづくりの可能性を模索していきます。

  • 意見交換の様子
    意見交換の様子
  • 学生による自己紹介とながしまゼミの活動説明
    学生による自己紹介とながしまゼミの活動説明

9月8日、本学経営情報学部長島剛教授とながしまゼミ生(2名)がFMたちかわ(84.4fm)の「【生放送】パークサイド・スクエア(平日17時~19時放送)」に出演しました。
同ラジオ番組は、月曜日から金曜日の各パーソナリティがノン・ジャンルな話題を生放送で発信しています。

今回は、木曜日担当のパーソナリティ髙井順子様より地元企業や大手企業、行政、金融機関などとそれぞれの課題を共有しながら、異なる立場や業種の方々をつなぎ、豊かな地域づくりに取り組んでいる長島教授に依頼があり、生出演が実現しました。

長島教授へのインタビューでは、多摩地域のコミュニティビジネス、企業、大学、NPO、金融機関など地域のつながりなどについて話題が取り上げられ、また、大学教員としてのやりがいについては「教育を通して若者と関わることは、大人にとっての学びのチャンスであり、世代を超えた関わりをもつことで互いに成長することができます」とのコメントがありました。

学生たちへのインタビューでは、自分探しの旅の計画やコロナ禍での大学生活の実態についての話をし、髙井様からの「ながしまゼミを選んだ理由は」との問いには、「様々な出会いや経験ができるゼミだから」「地域まちづくり研究を学べるから」と回答し、ゼミでの経験を通じて充実した大学生活を送っている様子が伝えられました。

  • FMたちかわ生出演中
    FMたちかわ生出演中
  • 公開ラジオスタジオ
    公開ラジオスタジオ
  • ラジオスタジオマイク
    ラジオスタジオマイク
  • パーソナリティ、地域の方との集合写真
    パーソナリティ、リスナーの方との集合写真

奥多摩町(東京都西多摩郡、町長:師岡伸公)と多摩大学(東京都多摩市、学長:寺島実郎)は、開かれた地域社会を志向し、自然豊かな奥多摩町を軸とした地域社会への貢献を図るため、2022年9月22日(木)に多摩大学多摩キャンパスにて連携協定を締結しました。

今後は、大学の研究・教育資源を活かしながら、奥多摩町の多機能型地域活性化拠点のオープンを目指し、連携を深めながら、地域の方とのつながりを大切にしつつ、多様な展開を図ってまいります。

<奥多摩町と多摩大学の包括連携の主旨>
以下の事項について連携して取り組んでまいります。
(1)地域活性化に資する事業に関する相互協力
(2)持続可能な社会に資する研究・教育に関する相互協力

(左)奥多摩町長 師岡伸公氏 (右)多摩大学副学長 杉田文章

神奈川県小田原市では、社会経済環境の変化によるまちづくりやまちの産業・経済の活力となる文化振興など地域が抱える課題が複雑化する中、民間企業や大学、研究機関など多様な主体との連携を強化するとともに、若者のアイデアや意見をまちづくリに活かす取り組みを推進しています。

2022年8月からは、同市の旧市民会館跡地等の活用に関して、地域住民や事業者との意見交換会を開催し、様々な意見やアイデアを聴取しています。

今回は、こうした取り組みを受け、東京多摩地域・神奈川県のつなぐ力を研究(地域連携・地域金融)テーマとしている多摩大学経営情報学部ながしまゼミ(ゼミ生:41名)が、8チームに分かれ、同市の旧市民会館跡地等の活用について企画提案し、発表する運びとなりましたので、ご案内いたします。

1.開催日時
令和4年9月5日(月) 12時45分~15時30分
2.場所
おだわらイノベーションラボ(小田原市栄町1丁目1番地15号ミナカ小田原(小田原新城下町2F))
3.内容
・各グループによる提案発表
・発表時間:1グループ15分間(質疑応答を含む)
4.その他
一般傍聴の席は設けませんが、取材を希望されるメディアにおかれましては、前日までに下記問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ

【旧市民会館跡地等の活用について】
<小田原市未来創造・若者課・未来創造係> 担当:田邊、石渡 TEL:0465-33-1315、33-1379

【ながしまゼミの活動について】
<多摩大学 産官学民連携センター事務課> 担当:矢内 TEL:042-337-7583

 

ページトップへ