多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

6月22日(水)、経営情報学部の1年生必修科目である「プレゼミⅠ」6クラス(担当教員:長島剛教授、中村その子教授、出原至道教授、初見康行准教授、野坂美穂准教授、小林昭菜准教授 履修人数92名)の授業にゲスト講師として相模原市環境経済局産業支援課 平本健悟様、神奈川県産業労働局産業部産業振興課さがみロボット産業特区グループ 新堀友真様、京王電鉄株式会社開発事業本部プロジェクト推進部橋本プロジェクトチーム 中田遥香様の3名をお招きし、相模原市のまちづくりの現状と課題を主眼として、特にロボットとの共生・産業政策・まちづくりについてご講演いただきました。

「プレゼミⅠ」6クラスでは、社会問題を題材とする「シリアスゲームを開発する」を授業目的として展開しています。今回は社会導入が進みつつあるロボットに造詣の深い3名の講師から同時刻に3教室でご講演いただき、学生が手分けして聴講する形を取りました。

平本様(相模原市役所)からは「相模原市のロボット産業政策の取組みについて」をテーマに相模原市の紹介、相模原市の魅力と抱える課題、なぜ相模原市でロボット産業を振興するのかその背景と関連施策の状況、これまでの具体的な施策と成果の紹介、最後に今後の取組みについて解説していただきました。

新堀様(神奈川県庁)からは、「神奈川のみらい-ロボットと共生する社会の実現」をテーマに、自動運転やドローンの実証実験の状況、さがみロボット産業特区の概要と具体的な取組、ロボット実装事業や最先端ロボットプロジェクト推進事業の状況、鉄腕アトムを活用した広報、そしてロボットと共生する社会について解説していただきました。

中田様(京王電鉄)からは、「相模原市×ロボットによるまちづくり」をテーマに、京王グループ・京王電鉄の紹介、相模原市の概要と相模原の魅力を活かしたまちづくり、リニア中央新幹線開業を見据え変わりゆく橋本駅周辺の状況、まちづくりとロボット産業振興の考え方と相模原でのロボット関係イベントの目的などについて、解説していただきました。

学生からは、「ロボットは少子高齢化の問題解決策となり得るのか?」、「自動運転などコスト削減に結びついていないのではないか?」、「まちづくりには幾らかかるのか?」など、核心を突いた質問があり、活発な質疑応答が行われました。

  • 平本様(相模原市)ご講演
    平本様(相模原市)ご講演
  • 新堀様(神奈川県)ご講演
    新堀様(神奈川県)ご講演
  • 中田様(京王電鉄)ご講演
    中田様(京王電鉄)ご講演
  • 学生からの質疑応答
    学生からの質疑応答

7月6日(水)、「アントレプレナーシップ論」(担当教員:趙佑鎭教授、履修人数:91名)の授業にゲスト講師として、日本BE研究所 所長の行徳哲男様をお招きし、ご登壇いただきました。

行徳様は幼少期からコンプレックスを持ち、その短所を改めるのではなくそれを跳ね返すエネルギーを点火剤として生きてこられたとのことで、各界のリーダー達、指導者達のメンターとしてその存在感を示されてきたことはよく知られています。今年で90歳を迎えられるとは思えない活力に満ちたご様子でご講演いただきました。

最初に、広隆寺の弥勒菩薩の美しさについて、それが人間の真実を映しているからこそ美しいとされ、真実とは絶望、躓き、煩悩などを隠すのではなくさらけ出すことであるとされました。また、デンマークのジーランド湖に飛来する鴨が1万キロメートルもの長距離を無休かつ飲まず食わずで飛び続けるのに対し、老人から餌を与えられることに安住し、自らの力で飛翔することを放棄してしまった鴨たちは、洪水の災いに巻き込まれるという「野生の鴨」の逸話をご紹介いただき、IBMの創業者トーマス・ワトソンが自社の社員に贈った「野鴨たれ」の言葉や、Appleの創業者スティーブ・ジョブズの「Stay hungry, Stay foolish」の言葉を引用され、常に前を向き困難に立ち向かう気概の重要性を説かれました。

続いて、鹿児島県知覧で若き特攻隊員が母に向けた書簡、原宿を開発し原宿文化とでもいうべき新風を創り出した松本瑠樹、1995年ウィンブルドンで世界を追い詰めた松岡修造などの逸話を通じ、「気の充実」や「トキメキ」こそが人間が最も大切にすべきものであるとされました。また、全ての生き物の中で人間のみが持つものとして、思考回路と時間の概念を挙げ、現代人は考え過ぎて物事の判断を遅らせているとし、「今」、「ここ」、「自分」しかない獣の勇気を持つべきだとされました。それこそが本当の自分を生きることであり、自分自身を好きになり、最高価値があると信ずることができるようになると説かれました。

最後に、アインシュタインが来日した際の詩人の土井晩翠との関わりの中での逸話をご紹介いただき、ここにいる学生のような若者たちこそが日本という国を誇りに思い、この国を引継ぎ、さらなる繁栄に導いていって欲しいとエールを贈られました。

  • 趙教授イントロ
    趙教授イントロ
  • 行徳様ご講演
    行徳様ご講演
  • 行徳様と趙教授
    行徳様と趙教授
  • 行徳様ご講演
    行徳様ご講演

7月13日(水)「志ゼミ」(担当教員:石川 晴子、履修人数:30名)の授業にゲスト講師として、ごたんだ行政書士事務所(所在地:東京都品川区)代表で、株式会社ザ・ベストサービス代表取締役 髙村 直様にご登壇いただきました。髙村様は本学卒業生(2005年卒業)で、本学大学院にてMBAを取得されています。

ごたんだ行政書士事務所は夜のまちでがんばるお店の各種行政手続き・補助金の申請代行・コンサルティングを行っています。株式会社ザ・ベストサービスは、お店の清掃業務、社員寮などのハウスクリーニングを主としてビルメンテナンス業を行っています。

髙村様の学生時代からのお話では、あまり学校には行かなかったが10歳以上年上の人と友人になり多くのことを学び、卒業後早い段階でまず人材派遣業を起業されたとのことです。リーマンショックにより別の事業を立ち上げ、何もしなくてもお金の入ってくるシステムを作り出したものの、人間的成長を感じることがなく程なくして「地域や社会に貢献したい」という思考になったとのことです。

夜のまちのゴミ拾い活動・夜の安全見守りなどの奉仕活動をするうちに、夜のまちと行政の架け橋になるという決意から多摩大学大学院でMBAを取得されたとのことです。そののち、1年間で行政書士の資格をとることを決意し、取得後、ごたんだ行政書士事務所を設立されたとのことです。夜のまちでの行政書士はめずらしく、風営法に特化した事務所のためか、すべての仕事は紹介によって受注し、常に周りの人に事務所のことを宣伝してもらえているとのことでした。

学生からは、「どうしたらそんなふうに人脈が広がりますか?」との質問に、髙村様は「経営者団体に入ったりコミュニケ―ションをとったりしています。あと、困っている人がいたら助けに行きます。見返りを求めてはいないが、自分が与えていて、それが自分に回ってきて助けられることも多いです。」とのお答えでした。

授業の最初に髙村様から「起業してみたい人いますか?」との問いかけには誰も手が挙がらなかったが、授業後再度同じ質問をしたところ複数の学生が手を挙げていました。

<ごたんだ行政書士事務所のホームページ>

https://the-best.jp/

  • ご講義中の髙村直様
    ご講義中の髙村直様
  • 髙村様と石川晴子准教授
    髙村様と石川晴子准教授

多摩大学と小田急グループ・小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区)の連携事業「マチカドこども大学」が小田急多摩線「栗平」駅前の同社が運営するコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」にて6月にプレ開講しました。

7月9日(土)には小学生1~3年生対象に「英語遊び学」の講義を「英語ゲームと折り紙で遊ぼう!」をテーマに開講しました。当日は、石川晴子准教授とゼミ生7名が講座運営にあたり、小学生9名が受講しました。

最初に、学生と受講者ひとり一人が自己紹介を行い、続いて英語でのじゃんけんのやり方を覚えてから、英語を使ったかるたゲームを行いました。大学生のお兄さん、お姉さんと声を合わせ「Apple!」、「Elephant!」、「Banana!」とかわいい声が響き渡りました。続いて、保護者たちも一緒になって折り紙を行いました。「いぬ」と「かえる」を折った後、動物たちの鳴き声は英語でどう発音するのかクイズ形式で説明があり、子どもたちは「ふーん」と納得したり、「えーちょっと違う」と首を振ったりしていました。最後に、受講者みんなで受講した感想を話し合いました。

保護者からは、「大学生のお兄さん、お姉さんが親切に子供に関わってくれた」、「子供の目線で楽しくできる構成でよかった」とコメントをいただきました。また子供たちからは「学校ではできないことがいっぱいできた」、「おりがみやかるたで楽しく遊べた」など感想がありました。

マチカドこども大学のホームページはこちらからご覧ください。
https://www.machikado-uni.com/

  • 自己紹介
    自己紹介
  • Good job!
    Good job!
  • 英語でかるた
    英語でかるた
  • 折り紙
    折り紙
  • 鳴き声クイズ
    鳴き声クイズ
  • かんそうタイム
    かんそうタイム

7月6日(水)、橋本 空様( 一般財団法人町田市地域活動サポートオフィス、地域団体へりぽーと代表)をお招きして「多摩大学ボランティアカフェ」を開催しました。当日はボランティアコーディネーターの日比野さんと本学の学生3名、職員1名が参加しました。

橋本様よりこれまでの経験についてお話いただきました。その中で学生から「ボランティア活動をして一番良かったと感じたことは何ですか?」の問いに、橋本様は「ボランティア活動の経験が社会人になってイベントを考えたり大勢の人と関わることなど様々な場面で活かすことができることです。」とし、日比野さんは「好きなことがボランティアに活かせると楽しいですね。私は動画編集が好きで、イベントの動画など作らせてもらったことが良かったです。」とのことでした。

後半は橋本様より、「町田市市民協働フェスティバル」に参加するNPOや市民活動団体に加わり、「まちカフェ!学生おうえん隊」として運営・広報などの活動を団体と共に行うプログラムの紹介がありました。学生たちは自分の興味のある活動団体について橋本さんに熱心に聞いていました。日比野さんからは、「フェスティバルの運営プロセスをリアルに体験できるのはよい経験ですね。」とお話がありました。

参加学生からは、「元々ボランティアに興味があったが、さらに気持ちが高まりました。」「橋本さんがとても話しやすく、自分のしたいことに寄り添ってくれました。」と感想がありました。

<一般財団法人町田市地域活動サポートオフィスHP>
https://machida-support.or.jp/

  • 橋本さんからのお話
    橋本さんからのお話
  • 「まちカフェ!学生おうえん隊」の紹介
    「まちカフェ!学生おうえん隊」の紹介

7月4日(月)、「キャリア・デザインⅠ」(担当教員:浜田正幸教授、初見康行准教授、葛本幸枝非常勤講師、履修人数:358名)の授業にゲスト講師として株式会社マイナビ マイナビ副編集長の吉田優太様をお招きし、ご登壇いただきました。

吉田様は「キャリアとお金のハナシ」をテーマに、大学卒業後の人生において夢を実現していく中で、避けては通れないお金との付き合い方や、学生時代から意識し出来る事についてお話いただきました。

最初に、学生時代の授業、クラブ活動、アルバイトなど様々な場面での自らの行動様式を理解し、意識して少しでもより良い方向へ向かうよう意識することで、大学生活の延長上にある社会人生活に良い影響が出てくるとの話がありました。次に、ライフイベントを想定し、生涯でどれくらいのお金を稼ぐか、また支出するか、収入、支出を管理する必要性について説明いただきました。特に近年は多様な働き方が想定され、年収も働き方で幅があること、社会保障など控除により、必ずしも年収と手取り額が等しくならないとのことでした。

続いて個人ワークとグループワークで、現在の月収と社会人になってからの月収、現在の毎月の支出額とシミュレーターによる将来に渡っての総支出額を概観した後、必要なもの(ニーズ)と欲しいもの(ウォンツ)を分けて考える必要性とその管理の重要性についてお話いただきました。お金の管理には予算を立て、購入に際しては比較を行い、カード類の特典を活用し、消費はするが浪費はしない態度が重要とされました。また、お金を稼ぐ際には違法、脱法行為をしない、お金を使う際には悪質商法に注意し、クレジットの分割払い、リボ払い、ローンにも注意し、おかしいと思ったら直ちに大学、保護者へ相談することが重要とされました。

最後に、「学生時代からお金の出入りに意識を持つことで、実際に社会に出ていく際にギャップが小さい状態で移行できるため、よりスムーズに社会参画できる。是非、今からでもお金の管理に興味を持ってください。」との言葉で締めくくられました。

  • 初見准教授イントロ
    初見准教授イントロ
  • 吉田様ご講演
    吉田様ご講演
  • 個人ワークの様子
    個人ワークの様子
  • 質疑応答
    質疑応答

6月30日(木)、「経営情報論Ⅰ」(担当教員:新西誠人専任講師、履修人数203名)の授業にゲスト講師として聯想控股 (本社:中国北京市)副総裁の于浩様をZoomにてお招きし、「日中間のオープンイノベーション」をテーマにご講演いただきました。

于浩様と新西専任講師は株式会社リコーにて共に就業されていた時代があり、親交があるとのことでした。今回、情報技術を使って中国と日本の企業で新規サービスを研究開発してきた于浩様に、情報技術を活用したイノベーションや国をまたがった研究開発、中国の事情などを講演してもらい、中国でのイノベーションの方法論を学ぶ機会をいただきました。

SARS後の中国は「ゴールド10年」と呼ばれ、世界の工場と呼ばれるほどに企業誘致がうまくいったことを受け、インバウンドの整備が急速に進んだということです。そしてコロナ禍によりライフスタイルが一変しました。コロナ対策として、モバイルネットワークを活用した技術やサービス展開はアメリカを超えたともいわれています。

中国のリコーで実施してきたオープンイノベーションの事例として、コロナ禍に開発された多くのモバイルネットワークを利用した新規事業開発をご紹介いただきました。リコーが実施したハッカソンでは、自社が持つコア技術をオープンにし、中国をはじめとする世界各国の高等教育機関・企業・ベンチャー会社と共に短期間にアイデアを出し合い、事業に育て、成果を得る活動をしました。この、技術は社内で行い、事業開発は外部で行うというオープンイノベーション2.0のビジョンで様々なイノベーションを実現されたということです。

現在在籍されている聯想控股は日本でも広く普及しているPCメーカー「Lenovo」をはじめ、銀行や物流、医療など多業種にわたる企業を傘下にもつ会社です。「将来的には聯想控股とその傘下の企業はかけ橋として『資本と技術、市場』を繋げ、研究者は研究に熱中し、事業開発は市場だけを見るオープンイノベーション3.0を実現していきたい」とのことでした。

学生からは「VCとCVCの違いは何ですか?」との質問があり、于浩様は丁寧に答えてくださいました。

  • 于浩様
    于浩様
  • 学生との質疑応答
    学生との質疑応答
 

ページトップへ