多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

6月23日(木)、「中村その子ホームゼミ」(担当教員:中村その子教授、履修人数18名)の授業にゲスト講師として株式会社オートアベニュー(本社:東京都西東京市)代表取締役社長 伊藤理香様をお招きし、ご登壇いただきました。

中村その子ゼミでは、地域企業と連携した広告・宣伝・PR・情報発信を通じ、学生が自らのアイデアを製品開発に結び付けるための研究を行っています。これにより関連する社会の現場で自分の志を実現すべく、革新的で創造的な役割を果たして仕事をしていくことができるようになることを目指しています。今回は(株)オートアベニュー様のラジオCMを作成するにあたり、代表取締役社長の伊藤様に会社の経営理念やブランド戦略等をうかがいました。

オートアベニューは西東京市に本社を構え、自動車新車・中古車販売、自動車・バイク整備(特定指定整備工場認定)、損害保険代理店営業を主な事業としています。社員数20名という独立系の小規模な会社ですが、3C分析により、強みは全メーカーの新車を扱うこと、地元に密着した親しみやすさ、履歴のハッキリした中古車を提供できることとされました。またABC理論では考えていく順番が大切とされ、自社商品志向ではなく、お客様志向が重要で、その結果「まごころ整備」、「新車くらべま専科」、「里帰りU-Car」を3つの柱として掲げているとのことです。

次に、提供する商品やサービスが持つ物語性をお客様に伝える手法であるストーリーブランディング手法に言及され、お客様が購入する理由は最高の商品ではなく、一番わかりやすい商品であるということから、物語の力を借りてわかりやすく伝えることの大切さを説き、Appleを世界的企業に導いたスティーブ・ジョブズの「Think different!」の言葉に表されるように、主人公が光り輝く人生を送れるようにというお客様主役の考え方への転換こそが鍵になるとされました。

最後に、中村その子教授より、ラジオCM制作にあたってはクライアントの生の声を聴くことが最重要であり、今回、伊藤様よりうかがった同社のブランディング戦略をよくかみしめ、次回以降CM作成に取り組みましょうという言葉で締めくくられました。

株式会社オートアベニュー:https://www.auto-avenue.co.jp/

  • 中村その子教授イントロ
    中村その子教授イントロ
  • 伊藤様ご講演
    伊藤様ご講演
  • 伊藤様ご講演
    伊藤様ご講演

6月29日(水)、「アントレプレナーシップ論」(担当教員:趙佑鎭教授、履修人数:91名)の授業にゲスト講師として「水と宇宙と、地球と、わたし」の川合アユム様、池田恭子様をお招きし、ご登壇いただきました。

川合様は21歳でIT企業を創業、40歳で上場されましたが、自らを経営者として適材ではないと判断し、経営を後進に譲られ全ての経済活動を休止、その後パリ・ダカールラリーに3年間没頭されるなど、様々なご経験を経て社会の単位でのベーシックインカムの必要性に行きついたとのことです。当日は「素意とベーシックインカム」のテーマでご講演いただきました。

「素意」とは、かねてからの思い、故人の宿意といった大事な意味を持つ言葉で、個々人の経験や学習にはよらない「集合的無意識」を源泉とする潜在的意識を形作るものとされました。一方で、人間の行動の動機には自己存続を目的とする「利潤動機(利己心)」と、他者の喜びを目的とする社会的「役割動機(利他心)」があるとし、資本主義の生み出した問題点は「お金が無くなる恐怖」が利用され、持つ者と持たざる者の二極分化を生み出し、機会(チャンス)の平等が失われ、「利潤動機」が大勢を占めるようになったことであるとされました。

この究極の解決方法として、ベーシックインカム(現在の収入はそのままに、「地域通貨」によって毎月一人あたり30万円相当を支給)を導入することで、「お金が無くなる恐怖」を無くし、すべての人々にチャンスを与え、一人ひとりが利潤のために働くことをやめることで、社会のクリーニングを行おうという新しい資本主義と言える理想的な構造に進化するという発想をご紹介いただきました。現に、沖縄には「ぬちゃーしぃ」という、出せる人は出して出せない人は出さなくてもよいという、割り勘とは真逆の考え方があるのだそうです。

このような「お金が無くなる恐怖」から解放された世の中では、経営はPD(Project Drive)制度に移行し、過去の評価から未来への投資、成功のための人間的投資へ、組織を軸としたヒエラルキーから人間を軸とした並列連携型ネットワークへ移行するとされました。そこでは求められる人材も知識を重視した環境依存型人間から、よりアントレプレナー的な自立創造型人間となるとのことです。あたかもアプリがOSに依存するように、社会インフラが変わるとアプリに相当する経営も変わり、より面白い世界が待っているとされました。

最後に、趙教授からAmazon創始者のジェフ・ベゾス、Facebookのマーク・ザッカーバーグ、テスラ・モーターズのイーロン・マスクもベーシックインカムの導入を主張しており、川合様は正しく先駆者と言える。利潤追求だけでない企業経営はこれからのアントレプレナーに求められる基本的な資質であるとの言葉で締めくくられました。

  • 川合様ご講演
    川合様ご講演
  • 趙教授から解説
    趙教授から解説
  • 池田様ご講演
    池田様ご講演
  • 川合様と池田様
    川合様と池田様

6月24 日(金)「事業構想論Ⅰ」(担当教員:松本 祐一、履修人数:274名)の授業にゲスト講師として、イケア・ジャパン株式会社立川店(所在地:東京都立川市)マーケットマネジャー リュウ ナ様にご登壇いただきました。

イケアは世界的なホームファニッシングブランドであり、手ごろな価格、デザイン、心地よさを世界中の人々に届けています。「より快適な毎日を、より多くの方々に」というイケアのビジョンは創業以来変わりません。

講義のなかで、近年では特にサステナビリティに力を入れており、限りある資源の中で健康的であること・資源を再生すること・働いている人が公平であることを中心に考えているとのことでした。リュウ ナ様の在籍されるイケア・ジャパン株式会社立川店では、家具のアウトレットや屋上に3,892枚のソーラーパネルを設置するなどのサステナブルな取り組みをしています。そして地元である立川市に貢献し、盛り上げ、いつまでも愛される企業を目指しているとのことでした。

松本教授より「商品を作るときにどの過程から参加するのですか?」の質問にリュウ ナ様は「価格・デザインなど全ての工程に関わっています。特に価格を低くすることは多くの人に商品を届けるために重要です。」とのことでした。

学生から「日本人以外の従業員と働くメリットは何ですか?」との問いに、「考え方が多様性になることで、言いにくい状態が変わってきたり、クリエイティブなアイデアが出てきたりします。」とのことでした。他にも「従業員同士をニックネームで呼ぶのはどの国の文化ですか?」や「入社するにはどのような人材が求められますか?」など多くの質問がありました。

リュウ ナ様より「みなさんが社会の将来であり、力です。みなさんと一緒に素敵な社会を築いていきたいです。」と学生へ向けてお言葉をいただきました。

<イケア・ジャパン株式会社のホームページ>
https://www.ikea.com/jp/ja/

  • リュウ ナ様
    リュウ ナ様
  • 壇上より撮影
    壇上より撮影
  • IKEAの皆様と松本教授
    IKEAの皆様と松本教授

6月22日、本学経営情報学部長島剛ゼミの授業(履修者:41名)に西東京市生活文化スポーツ部文化振興課 課長 堀 智子 様をゲスト講師としてお招きし、ご登壇いただきました。

当日は、「市役所の業務こんなこともやっています~西東京市文化振興課の場合」というテーマで西東京市の紹介、文化振興課の取り組みについてお話しいただきました。

また、同課が担当している市内最大規模のイベント「西東京市民まつり」のコロナ禍での開催について、令和4年度も見合せることになり、市民の方の期待に応えるべく、すでに令和5年度の開催に向けた検討が行われている旨、説明がありました。

堀様からはコロナ禍における「文化芸術振興」の価値について学生たちへ問いかけがあり、市民まつりを開催するためのアイデア提案の依頼がありました。

その後、学生たちは5グループに分かれ、コロナ禍で実施する市民まつりについて来場者管理、会場設営、飲食物の提供等、各種制限などを考慮しながら対策や取り組みについて堀様と西東京市職員2名の方にもご参加いただき、意見交換を行いました。

学生からは、リアルタイムで会場の混雑状況を発信するシステムの導入、事前に順路を決めたコース設定、メタバースを活用したバーチャル空間での開催など、様々な提案がありました。

最後に、西東京市の職員の方から「日々の業務の中で答えのない問題を考える機会がたくさんありますが、自分の考えが成果達成につながったときにはやりがいを感じることが出来ます。大学生の皆さんは、今しかできない若い柔軟な発想を活かして大学生活を楽しんでください」とのメッセージをいただきました。

西東京市ホームページはこちらからご覧ください。
https://www.city.nishitokyo.lg.jp/index.html

  • ゲスト講師の堀智子様
    ゲスト講師の堀智子様
  • 授業の様子
    授業の様子

5月29日、東京都奥多摩町氷川の河川敷にて本学経営情報学部松本祐一ゼミによるごみ拾い活動を実施いたしました。

本企画は、同ゼミの学生から「ごみ拾い活動を通して住みよいきれいな町づくりと地域の方々との交流を図ることでコミュニティを形成することができれば」との提案があり、当日は、松本ゼミの学生、奥多摩町の方々約25名が参加し、開催されました。

同ゼミは、2016年より「みんなでつくる奥多摩」をコンセプトに、事業開発を通じて若者が奥多摩に住みたくなる仕組み作りをテーマとして、調査・提案(土産開発、拠点づくり、イベント企画等)を進めており、現在は、46名のゼミ生がプロジェクトに参加しています。

今後は、奥多摩町の飲食店などを掲載したコミュニティマップの制作や神奈川県藤沢市にある辻堂団地の地域活性化に貢献するため、夏祭りでのイベント企画などを予定しています。

  • 集合写真
    集合写真
  • 西多摩新聞記事掲載2022年6月10日
    西多摩新聞記事掲載2022年6月10日

6月17日(金)、「事業構想論Ⅰ」(担当教員:松本 祐一、履修人数:274名)の授業にゲスト講師として、一般社団法人ピアリング(所在地:横浜市都筑区)代表理事 上田のぶこ様にご登壇いただきました。

一般社団法人ピアリングは「がんに向き合う人々が、笑顔と自分らしさを失わない環境のために」をビジョンに、がん治療と仕事・家庭の両立に奮闘する女性がんサバイバーが安心してつながり支えあえる環境創りに取り組んでいます。

上田様はご自身が乳がんに罹患し、治療する病院以外にもケアが必要であるという課題に気づき、本事業を立ち上げたとのことです。オンラインの強みは、患者が全国各地・海外にもいることや、多様な悩みを持つ一方で、職場など身近な場では、がん罹患を知られたくない人も多い中、同じ経験者と繋がることができることです。

講義では一般社団法人ピアリングだけでなく株式会社リサ・サーナを起業することにより、ピアリングアプリを持続可能にするというビジネスモデルの説明をいただき、今後の展望のお話しの中で「患者の利益になることを第一優先に事業を展開しています。」と上田様から熱い想いをお話しいただきました。

松本教授より「患者会などあるのに、なぜオンラインのコミュニティを作ろうと考えたのですか?」の質問に上田様は「忙しい女性は、患者会に参加する時間のない人も多い。オンラインであれば時間や距離の制約なく、たくさんの人と繋がることができ、自分と似た状況の人を探しやすいと考えたからです。」とのことでした。

学生から「アプリの一番のこだわりは何ですか?」の問いに、「フォローの機能をつけませんでした。病気がストレスなのにフォロワー数まで気にしてほしくないので。」とし、他にも「非営利型の社団と株式会社を分けて設立した理由は?」、「乳がんの人にどう接したらよいか。」など多様な質問があり、学生にとって興味深くて身近であることがうかがえました。

松本教授は「自身の体験から事業構想やアイデアがここまで広がっていったということですね。」と締めくくられました。

<一般社団法人ピアリングのホームページ>
https://site.peer-ring.com/

  • 上田のぶこ様
    上田のぶこ様
  • ディスカッションの様子
    ディスカッションの様子

6月22日(水)、多摩ボランティア・市民活動支援センターの方々(3名)をお招きし、学生社会ボランティアコーナーにて「夏のボランティア相談会」を開催しました。学生は1年生6名が参加し、熱心に耳を傾けていました。

相談会では夏に開催されるイベントの設営・誘導などのボランティアの紹介をしていただき、実際どんなことをするのか質問に答えていただきました。また、学生の希望するボランティアにも親身に相談に乗っていただき、ボランティア未経験の学生達にはボランティアを行う際の注意点や始めるにあたっての心構えなどについてのアドバイスをいただきました。

センターの方々からは、「長い夏休みだからこそ学生に体験して経験をつんで学生同士のつながりを持ってほしいです。長期のボランティアは自分の居住地から行きやすい場所で活動することで無理なく続けられます。地域の力になってください。」とのコメントをいただきました。

参加した学生は、「ボランティアに様々な種類があることに驚いた。この機会に話がきけてよかった。」と楽しそうに話してくれました。

<多摩ボランティア・市民活動支援センター>
https://tamavc.jp/

  • 相談会の様子
    相談会の様子
  • 相談会の様子
    相談会の様子
 

ページトップへ