多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ゼミ力の記事

中村そのこゼミナール、3年 田島宏基さんが、一般社団法人金属アレルギー協会 第2回 EQBC2019金属アレルギーコンテストで、学生アイデア賞を受賞し、10月29日火曜日にその授賞式が行われました。

  • 授賞式でのスピーチ
    授賞式でのスピーチ

梅澤ゼミ「世代間交流八王子駅前サロンプロジェクト」は、2019年度も大学コンソーシアム八王子「学生企画事業補助金」に採択されました。

本事業は、大学コンソーシアム八王子加盟団体等の学生が八王子を舞台として企画・運営・実施するイベントやプロジェクト、地域の課題解決に向けた取り組みに対し、その一部を補助するものです。

2019年度「自由課題部門」は57件の応募があり、12件が採択されました。梅澤ゼミの本プロジェクトは、2016年度より4年連続して補助金対象事業に選ばれ、年々内容を深化させながら継続的活動を行っています。

2018年度成果報告会、事業報告書は以下をご覧ください。
https://gakuen-hachioji.jp/main-business/kikakuhojo/

経営情報学部 松本ゼミではクラウドファンディングを通して奥多摩町の魅力を発信するめたガチャポンプロジェクト開始いたしました。

本ゼミではクラウドファンディングを活用し、ご賛同をいただける方からのご寄附を募っております。
期間:10月23日〜11月23日23時59分

詳細はこちら

多摩大学 村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」が企画・運営する「増上寺 七夕まつり 和紙キャンドルナイト」は今年で10年目を迎えます。
本イベントで使用する和紙は学生が一枚一枚心を込めて漉きました。
七夕にちなみ全長77mの天の川を和紙キャンドルで表現します。

「子ども和紙」のコーナーでは、岩手、宮城、福島 3県の600名と、東京都600名の子どもたちに「夢・願い事」を書いてもらいました。
七夕の夜を彩る本イベントに是非お越しください。

【イベント概要】
タイトル:増上寺 七夕まつ り 和紙キャンドルナイト 2019
開催日時:令和 元 年 7 月 6 日( 土 )、 7 月 7 日( 日 )18:00~ 21:00
 ※入場無料 ※雨天・荒天規模縮小
会場 : 大本山 増上寺
 〒105 0011 東京都港区芝公園 4 -7ー35
アクセス:都営三田線 芝公園駅 / 御成門駅( 徒歩 3 分)
 JR 線 浜松町駅 (徒歩 10 分 )都営浅草線 大門駅 (徒歩 5 分)

☆プレスプレビュー:令和元年 7 月 5 日(金)18:00~ 21:00
お問合せ:こちらのプレスリリースをご覧ください。

多摩大学 村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」は、東日本大震災の記憶を風化させない活動を毎年ゼミ生が受け継いできました。ゼミ生は、東北3県(岩手・宮城・福島)42市町村に足を運び2,500名を超える地元の方々と交流を重ね、いまだ癒えない震災被災者の想いに寄り添い、現状を伝え続けることに使命感を持ってイベントの企画・運営に携わってきました。

今年で8回目となるイベントを3月9日(土)~11日(月)の3日間、東京ミッドタウン(東京都港区)にて『和紙キャンドルガーデン-TOHOKU2019-』として開催。「東北から東京へ降り立った気球」をテーマに配置した芝生広場の和紙キャンドルは、ゼミ生が訪問した東北各地で地元の方々と共に漉いた和紙に地元の方々のメッセージを描いてもらったもの。来場者にもメッセージを書いてもらうため、用意した和紙キャンドルは4,500本にのぼり、3日間の来場者7,334名の皆様に和紙キャンドルに照らされた東北3県42市町村の方々の想いを届けることができました。

【各メディア報道】

  1. 朝日新聞 3/6掲載
  2. 読売新聞 3/8掲載
  3. 読売新聞 3/12掲載
  4. 東京新聞 3/8掲載
  5. 河北新報3/13 掲載
  6. 岩手日報 3/10掲載
  7. 福島民友 3/13掲載
  8. 三友新聞 2/28掲載
  9. 東京メトロ沿線だより3月号 2/28発行
  10. ameba的ニュースショー
  11. J:comデイリーニュース
  12. TOKYO MXニュース【生中継】
  13. TOKYO MX モーニング CROSS
  14. J-WAVE
  15. 時事通信
  16. 共同通信
  17. Yahoo!ニュース
  18. Yahoo!ニュース
  19. Yahoo!ニュース

その他WEB掲載

2月3日(日)に多摩テレビで放送されたた・ま・て・ば・こ 豪華プレゼントが当たる大抽選会生放送SP2019で、中村そのこゼミナール3年生5名が、VTR出し、テロップ、中継照明、スタジオ補佐、メール&ツイッター担当などを担当しました。

放送後の集合写真
放送後の集合写真

2月16日、本学と「学術交流に関する包括協定」を締結している帝塚山大学の東生駒キャンパス(奈良県奈良市)にて「第7回『実学の帝塚山大学』実践学生発表祭~アクティブ・ラーニングの実践事例~」が開催され、本学のインターゼミ(社会工学研究会)「アジアダイナミズム班」(学生3名)と「サービス・エンターテインメント班」(学生4名)が参加しました。

「アジアダイナミズム班」のテーマは「モンゴル帝国の興隆と衰退」、「サービス・エンターテインメント班」は「日本の消費の現状と今後の展望~多摩地域の過去・現在・未来~」をテーマにインターゼミで一年間積み上げた研究成果を発表しました。

昨年12月8日には本学で開催した「多摩大学アクティブ・ラーニング発表祭」に帝塚山大学から2チーム(学生5名)の参加があり奈良の地域観光や昔のくらしをテーマに研究発表を行いました。研究発表を軸に、学生と指導教員が毎年交流を深めており、互いに切磋琢磨する貴重な機会となっています。

  • インターゼミ「アジアダイナミズム班」発表
    インターゼミ「アジアダイナミズム班」発表
  • インターゼミ「サービス・エンターテイメンメント班」発表
    インターゼミ「サービス・エンターテイメンメント班」発表
  • 杉田文章 経営情報学部長 講評
    杉田文章 経営情報学部長 講評
  • 懇親会
    懇親会
 

ページトップへ