多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

8月7日、多摩大学と小田急グループの小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 取締役社長:五十嵐 秀様)との連携事業「マチカドこども大学」が小田急多摩線栗平駅前の同社が運営するコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」にてプレ開講し、小学2年生から4年生の合計5名が受講しました。

当日は、本学経営情報学部 樋笠尭士ゼミの学生3名が講師となり、「防犯学」というテーマでオリジナル地図を活用、登下校時の犯罪を未然に防止することを意識しながらグループワーク形式で学びました。

街の中には建物や不審人物などたくさんの危険が潜んでいることなどを想定しながら大学生と意見交換を行い、こどもたちは、危険を事前に察知し、自分の身は自分で守れるようにするといった防犯意識を高めることができました。

参加したこどもたちからは、「大学生と意見交換をしたことが楽しかった」「防犯について知ることが出来て良かった」などの感想がありました。

マチカドこども大学は、こどもの学びの場の提供、地域との共創などを目的として、本学経営情報学部の長島剛ゼミ4名、樋笠尭士ゼミ15名、石川晴子ゼミ27名が企画運営に携わり、6月18日にプレ講座がスタートしました。

今後も本学の教員・ゼミ生によるこどもたちの知的好奇心を高めるための様々な分野の授業を行っていく予定です。

マチカドこども大学の詳細については、下記ホームページをご覧ください。
https://www.machikado-uni.com/

  • 授業の様子
    授業の様子
  • 積極的に授業に参加
    積極的に授業に参加
  • グループワークの成果物
    グループワークの成果物
  • 樋笠ゼミ生から単位修得証授与
    樋笠ゼミ生から単位修得証授与

このたび、本WEBサイトの産官学民連携センターページをリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。
今後とも、本学の産官学民連携活動の最新情報を発信してまいります。
新しいWEBサイトはこちらからご覧ください。 https://t-collabo.com/

7月22日、本学にて多摩大学総合研究所とTAC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田敏男様)の連携事業「2022年度次世代事業開発人材育成 試行プログラム」第1回を開催しました。今回は株式会社德倉(千葉県東金市)(1名)・美遊JAPAN有限会社(神奈川県川崎市)(2名)・タマチ工業株式会社(東京都品川区)(2名)と支援機関である3つの信用金庫(川崎信用金庫、東京東信用金庫、城南信用金庫)の職員4名総勢9名が参加しました。

第1回はキックオフとして、本学経営情報学部松本祐一・長島剛両教授によるプログラムの概要の説明と参加者による自己紹介が行われました。その後、今回のテーマである『本日の「エンカウンター(出会い)」から、モデルチェンジをともに目指す「チーム」になる』の講義を行いました。

続いて、松本教授によるチームビルディングを学ぶコンセプトゲームでは、チームファシリテーターの役割を意識しながら相互理解を図り、粘土を用いた成果物を作りあげるチームワークに取り組むことで起業と新規事業を類似的に体感しました。

参加者は和やかな雰囲気の中、チームとして一緒に学ぶ企業と支援機関との良い「出会い」ができたようでした。

今後は次世代の事業開発ができる人材育成を目的としたプログラムをチームで取り組んでいきます。

  • 概要説明
    概要説明
  • コンセプトゲームの様子
    コンセプトゲームの様子

7月23日、多摩大学と小田急グループの小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 取締役社長:五十嵐 秀様)との連携事業「マチカドこども大学」が小田急多摩線栗平駅前の同社が運営するコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」にてプレ開講(2部制)し、小学1年生から6年生の合計14名が受講しました。

マチカドこども大学は、こどもの学びの場の提供、地域との共創などを目的として、本学経営情報学部の長島剛ゼミ4名、樋笠尭士ゼミ15名、石川晴子ゼミ27名が企画運営に携わり、6月18日にプレ講座がスタートしました。

当日は、本学経営情報学部長島剛ゼミの学生と長島教授が講師となり、「中国語で学ぶ経済学」というテーマで買い物ゲームをしながら為替と中国語について学びました。中国の文化や習慣についてクイズを行い、会場が和やかになったところで、中国語と為替に関する知識を深め、日本にいながら中国の買い物体験をすることができました。

参加したこどもたちからは、「将来のためになるお金と中国の勉強ができてよかった」「大学生のお兄さんみたいになりたい」などの感想があり、保護者からは、「学校では学べない為替について知る機会となり、大変良かった」とのお声をいただきました。

今後も本学の教員・ゼミ生によるこどもたちの知的好奇心を高めるための様々な分野の授業を行っていく予定です。

マチカドこども大学の詳細については、下記ホームページをご覧ください。
https://www.machikado-uni.com/

  • 授業の様子
    授業の様子
  • ニーハウ銀行で両替中
    ニーハウ銀行で両替中
  • ニーハウスーパーでお買い物中
    ニーハウスーパーでお買い物中
  • 長島ゼミ生から単位修得証授与
    長島ゼミ生から単位修得証授与

7月16日、福生市民会館にて、2011年に創刊した西多摩の情報紙「街プレ」10周年記念イベント「SDGsアワード西多摩 2022」が開催されました。

現在、西多摩地域では、西多摩の歴史・文化・伝統的生活を再認識し、新たな価値を創造し、豊かな暮らしにつなげる取り組みを行っています。
今回は、そのような企業・団体・市民の方々の取り組みを西多摩地域内外のより多くの方々に知ってもらい、事業への理解と賛同の輪を広げ、目標を達成してもらうことを願い企画されました。

当日は、西多摩の3市3町1村の市町村長らが登壇、「SDGs達成へ向けた、地方自治体の役割と取り組み」をテーマに各自治体の特徴や独自の取り組みについて説明、地域資源を活かした住みやすい街づくりについて意見交換を行いました。

パネルディスカッションのファシリテーターとして登壇した経営情報学部 松本祐一教授から「人口減少や高齢化が進む中、医療・介護・スポーツなどの分野に留まらず、交通・観光・コロナ禍における人々の働き方に合わせた連携や、西多摩エリアだけでなく、近隣の神奈川県や山梨県など広域連携を図ることで実践につなげていきたいですね」とのコメントがありました。

また、「SDGsアワード西多摩 2022」審査員の同学部 長島剛教授が受賞者表彰のプレゼンターとして登壇しました。

当日は、松本ゼミの学生8名(2年生)が運営スタッフとして会場設営・受付・案内に携わり、実体験を通して地域課題解決について学ぶことができました。

「SDGsアワード西多摩 2022」の詳細は下記URLよりご覧ください。
https://machipre.net/sdgs_nishitama/

  • パネルディスカッションの様子
    パネルディスカッションの様子
  • ファシリテーターの松本教授
    ファシリテーターの松本教授
  • 松本ゼミが会場設営をサポート
    松本ゼミが会場設営をサポート
  • 集合写真※撮影時のみマスクを外しています
    集合写真※撮影時のみマスクを外しています

7月1日(金)「事業構想論Ⅰ」(担当教員:松本 祐一、履修人数:274名)の授業にゲスト講師として、金澤建設株式会社(所在地:東京都小金井市)代表取締役社長 金澤貴史様と取締役 企画営業部長 金澤大恵様にご登壇いただきました。

金澤建設株式会社は「建設業を通じて私たちに関わるすべての人が笑顔になれる企業であり続け、社会に貢献します。」を経営理念とし、創業77年のなかで築き上げてきた信用と実績を糧に成長し続けています。

また同社は多摩信用金庫主催の「第14回多摩ブルー・グリーン賞のグリーン賞」にて「最優秀賞」を獲得し、金澤社長は現職の傍ら多摩ブルー・グリーン倶楽部の会長を務め、地域や業界の発展のために多方面でご活躍されています。

初めに創業からの時代背景、土木業一本であった企業から建築業への参入、規模の大きい企業との違いや利点、今後の建設業界などをご講演いただきました。

新規事業として金澤大恵様よりお話がありました。「黄金井パフ」をメインとしたお菓子の製造販売部署「菓子工房ビルドルセ」を立ち上げたのは、地元の人気洋菓子店の後継者不在を知った同社が「この味を絶やしたくない」と、異業種承継をされたとのことです。手作り・こだわりの原材料をベースに安全でおいしいお菓子作りに努めておられます。

また、金澤社長より会社の企業理念として、「地道に確実に成長していきたい。社員と社員の家族、私たちに関わる人がハッピースマイルになることが重要です。」とし、学生に就職活動で大事なこととして、経営者の話を聞いたり企業訪問したりして自分の直観力やわくわくを感じるかでミスマッチが防げるのではとお話がありました。

学生から「創業70年以上の秘訣は何ですか?」との問いに、「背伸びをしなかったことです。バブル崩壊などにも動じなかったのは会社を大きくすることより目の前のことや地元の方のためなど地道にやってきたからではないかと思います。」とのことでした。

<金澤建設株式会社のホームページ>
http://kanakk.com/

〜多摩ブルー・グリーン賞とは〜
地域で活躍する中小企業の方々の優れた技術や経営手腕を評価し表彰することで、地域企業による技術開発や経営戦略創造の活力を生み出し、地域経済がより活性化されることを願い実施するもので多摩信用金庫が毎年主催している。
https://www.tamashin.jp/business/support/bluegreen/index.html

  • 金澤貴史様
    金澤貴史様
  • 講義の様子
    講義の様子
  • 金澤大恵様
    金澤大恵様
  • 松本教授との意見交換
    松本教授との意見交換

7月8日(金)「事業構想論Ⅰ」(担当教員:松本 祐一教授、履修人数:274名)の授業にゲスト講師として、東成エレクトロビーム株式会社(所在地:東京都西多摩郡瑞穂町)代表取締役社長 上野 邦香 様にご登壇いただきました。

東成エレクトロビーム株式会社は、高エネルギービーム加工を基盤とし、物づくりを通じての社会貢献活動を目指すことをビジョンに掲げています。また同社は多摩信用金庫主催の「第10回多摩ブルー・グリーン賞」の経営部門にて「優秀賞」を獲得し、新しいビジネスモデルにより地域経済の発展に貢献した企業として表彰されました。

始めに、同社は「はやぶさ2」搭載装置の製造時に電子ビーム溶接が採用された高い技術力をもった企業であり、経営に対するこだわりのお話がありました。加工業から装置メーカーへの挑戦は困難であり、10年間諦めずに根気よくマーケティングした成果として、「レーザクリーニング」という製品を作ることができたとのことです。

また、大企業にはない同社のメリットや問題点のなかで、理系の学生だけではなく文系の学生が必要であり、本学学生にも就職の幅が広がるお話を聞くことができました。さらに、経営者としての考え方をお聞きし、企業としては総合エンジニアリング力で製品をつくることを目指していくとのことです。

学生から「企業連携で大切なことは何ですか?」「事業承継には前向きでしたか?」など質問があり、松本教授からは「付加価値の高い医療機器参入に関して、儲かるところから行くのではなく社会課題を共有して解決していくことが発端のひとつとわかりました。」とお話がありました。

<東成エレクトロビーム株式会社のホームページ>
https://www.tosei.co.jp/

  • 上野邦香 様
    上野邦香 様
  • 松本教授とディスカッションの様子
    松本教授とディスカッションの様子
 

ページトップへ