English

多摩大学オフィシャルウェブサイト。経営情報学部、グローバルスタディーズ学部、社会人大学院(MBA)の紹介。イベント、入試情報等。学長:寺島実郎

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

アーカイブ

中村そのこゼミ4年本間義教さんが1月14日土曜日午後1時からFM西東京で放送された「こだいらMIX」に出演。1年間の同番組での食レポをスタジオで振り返りました。

0114_01.jpg
0114_02.jpg
0114_03.jpg
スタジオ風景


以下のリンクで番組をお聞き頂けます。
こだいらMIX 2017年1月14日放送回

多摩大学大学院MBAでは、当大学院入学にご関心がある方を対象に特別公開体験講座(無料)を2017年1月28日(土)に開催致します。

スケジュール
14:00~14:45:寺島学長講演
14:45~15:15:徳岡研究科長による大学院プログラムの全体説明
15:15~15:30:休憩
15:30~16:30:田坂教授による体験講座

日時:2017年1月28日(土)
 開場受付13:30 開演14:00
会場: 品川フロントビル B1会議室
 (住所)東京都港区港南2−3−13品川フロントビル B1階
✳︎品川駅港南口より徒歩3分

詳細はこちらをごらんください。


多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、日本初のルール形成戦略に特化した1年間の集中研修コースであるCRSプログラム(Center for Rule making StrategyProgram)を創設し、2017年4月より開講します。

CRSプログラムは、多摩大学大学院にMBAカリキュラムとして新たに創設した「MBAルール形成戦略コース(Rule-Making Strategy Professional)」のうち、ルール形成戦略に特化した座学6講座とフィールドワークで構成されています。1年間でルール形成戦略の専門家を育成する研修コースとして、ルール形成戦略に必要な思考力および構想力、戦略立案スキル、日本および世界のポリシーメーカーとの人的ネットワークも築ける実践性の高いプログラムです。講師は、政産官学からルール形成戦略の第一人者が結集するルール形成戦略研究所の教授陣が担当し、同研究所が認めるルール形成戦略の専門家を意味するプログラム修了証書を修了生に発行します。第1期生は10名でスタートを予定し、本日募集を開始します。募集対象は、企業から推薦を受けた企業派遣の方を基本としますが、ルール形成戦略の専門家を目指す志を持つ個人の応募も対象とします。

■CRSプログラム
座学:平日 月6回開講 18:30~21:40
場所:多摩大学大学院 品川サテライトキャンパス(品川インターシティフロント5F)
・社会課題起点のルール形成戦略論(國分 俊史 教授)
・安全保障経済政策1、2(國分 俊史 教授、井形 彬 客員教授)
・国際通商ルールと経営戦略(羽生田 慶介 客員教授)
・ルール形成産業構造論(羽生田 慶介 客員教授)
・ルール形成とメディア(岡田 宏記 客員教授)
・ルール形成戦略研究所特別講義 ※土曜日
 (福田 峰之 客員教授、角南 篤 客員教授、市川 芳明 客員教授、藤井 敏彦 客員教授)

フィールドワーク:1年間の中で参加のタイミングおよび研修プログラムを適宜策定
・議員事務所インターン
・ルール形成戦略研究所インターン
・ワシントン政策シンクタンクでの討議

■ルール形成戦略研究所について
2016年6月に多摩大学 研究開発機構に創設された「ルール形成戦略」を専門とする日本で初めての総合シンクタンク。2017年4月から多摩大学大学院において2年間のMBAルール形成戦略コースも開始し、社会を変革するイノベーターの創出を目指す。2016年12月に、衆議院議員 自由民主党の甘利 明氏が顧問に就任。

【お問合せ先】
多摩大学 ルール形成戦略研究所 広報担当
金山(070-3531-6549)・和崎(070-2199-1864)
CRS_PR@tohmatsu.co.jp

ルール形成戦略の即戦力を育成する"CRSプログラム"のご紹介(PDF 643KB)

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

『多摩地域発!未来へ』は、リタイアした団塊の世代で、生き生きと地域で活動されている皆さまから、想いのこもった「思い出の写真」や「身近な今」を切り取った写真をご提供いただき、その写真をきっかけにお話をお伺いし、人口減少、高齢化が進む近い未来に、地域で本当に豊かに暮らすために必要な施策や個人としての生き方を探る番組です。

こちらからご覧ください。

多摩大学では、「多摩大学試験場」として平成29年度大学入試センター試験を実施します。
多摩大学試験場で受験される皆さんは、以下の点について、ご理解ご協力をお願いいたします。

1.当日の開場について
・1月14日(土)、15日(日)とも午前8時30分を予定しています。

2.試験場までのアクセスついて
・自動車、オートバイ等での試験場構内への乗り入れは禁止します。公共の交通機関をご利用ください。
・大学付近前面道路での乗り降りはご遠慮ください。
・多摩大学試験場までのアクセスについてはこちらをご覧ください

3.その他の留意点について
・「受験上の注意」をよく読んでおいてください。
・受験生以外の入構はできません。(保護者控室はありません)
・アクセス確認の際は公共交通機関をご利用ください。
・建物内の下見は禁止します。
・昼食を購入する場所はありませんので各自持参してください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

多摩大学教授 久恒 啓一がゲストにデジタルメディア研究所 橘川 幸夫氏をゲストに迎えてお送りする番組「トレンドウォッチャー~時代の波がしら~」第5回を追加しました。

橘川幸夫氏の新著「ロッキング・オンの時代」をテーマに、時代背景の1970年代に、若者たちが奇跡的に出会い、新しいメディアである音楽雑誌「ロッキング・オン」を創刊、そして解散までの葛藤を当事者の橘川幸夫氏がその想いを熱く語り、同時代に別の場所で異なる活動をしていた久恒啓一氏が、時代と併走する青春記についてその想いを語ります。。。

こちらからご覧ください。

今年度実施したグローバルスタディーズ学部学生満足度・認識度調査の結果を以下に公開いたしました。

学生サービス認識度調査

湘南キャンパスの年末年始休業期間は以下の通りです。

<教務課(メディアサービス含)・学生課・国際交流センター事務課・総務課>
12月27日(火)~1月4日(水)

<図書館(閉館)・キャリア支援課>
12月27日(火)~1月5日(木)

<入試課>
12月27日(火)~1月4日(水)
学部大学案内・願書をご希望の方はこちらをご覧ください。

<学生食堂(休業)>
12月27日(火)~1月5日(木)
※1月6日(金)より営業再開

多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、12月14日付で衆議院議員 自由民主党の甘利 明 氏が顧問に就任したことをお知らせいたします。

甘利氏は経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、マクロ経済運営担当大臣、TPP担当大臣、健康・医療戦略担当大臣などを歴任された経験を有しており、世界各国との交渉の場の豊富な経験や専門性の高い知見を有しています。甘利氏の顧問就任により、本研究所では、海外の有力政治家、政府機関、シンクタンクなどとの連携強化を図り、様々な分野での国際的なルール形成に関する研究活動やナレッジの発信をさらに強化していく方針です。

■甘利 明(あまり あきら)略歴
小選挙区(神奈川県第十三区)選出、自由民主党。
1949年神奈川県厚木市に生る、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
ソニー(株)、衆議院議員甘利正秘書を経て、1983年衆議院選挙へ立候補。通商産業政務次官、衆議院商工委員長、労働大臣、党筆頭副幹事長、衆議院予算委員長、経済産業大臣(三期)、内閣府特命担当大臣(規制改革担当)、行政改革担当大臣、公務員制度改革担当大臣、党政務調査会長等を経て、経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
2008月永年在職議員として衆議院より表彰される。当選11回。

■ルール形成戦略研究所について
2016年6月に多摩大学 研究開発機構に創設された「ルール形成戦略」を専門とする日本で初めての総合シンクタンク。2017年4月から多摩大学大学院においてMBAルール形成戦略(Rule-Making Strategy Professional)コースを開始し、社会を変革するイノベーターの創出を目指す。

PDF版はこちら (PDF 105KB)

【お問合せ先】
多摩大学 ルール形成戦略研究所 広報担当
金山(070-3531-6549)・和崎(070-2199-1864)
CRS_PR@tohmatsu.co.jp

グローバルスタディーズ学部では、平成28(2016)年度春学期VOICE(授業評価)結果を「多摩大学授業評価規程」に照らし、以下のとおり、評価の高かった教員を顕彰しました。
なお、顕彰対象候補者は、アクティブ・ラーニング支援センター委員会が「授業評価表彰に関する基準」を基に集計し、学部長が顕彰者を決定します。

161216.jpg

顕彰対象者

NameCategory
ブライアン イングリッシュ 教授 EP(English Program )科目
堂下 恵 准教授 コア科目
渡邊 泰典 教授 一般科目
金本 佐紀子 専任講師 専門科目
田中 孝枝 専任講師 40人以上クラス