English

多摩大学オフィシャルウェブサイト。経営情報学部、グローバルスタディーズ学部、社会人大学院(MBA)の紹介。イベント、入試情報等。学長:寺島実郎

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

アーカイブ

2016年9月、中村そのこゼミ生が多摩テレビと連携して番組「地域密着!た・ま・て・ば・こ」のコーナーを制作、多摩大学で活躍している2人の学生を紹介しました。番組は10月2日から15日までオンエアされました。

photo_01.jpg
photo_02.jpg
photo_03.jpg
photo_04.jpg
photo_05.jpg
番組制作風景
photo_06.jpg


多摩テレビ

平成28年12月4日(日)に平成27年度多摩未来奨学生(3期生)の提言発表会と平成28年度多摩未来奨学生(4期生)の交付式が明星大学で行われました。

平成27年度多摩未来奨学生(3期生)の提言発表会には本学から、経営情報学部マネジメントデザイン学科3年・藤森彩也佳さん(松本祐一ゼミ所属)、経営情報学部経営情報学科3年・濱島健吾さん(下井直毅ゼミ所属)が参加し、それぞれ「多摩の商店街からの地域活性化」、「多摩グローカルベンチャー企業の人材確保支援」について提言を行いました。また、1年間コーディネータとして多摩未来奨学生の指導を行ってきた本学、酒井麻衣子准教授に感謝状が授与されました。

引き続き行われた、平成28年度多摩未来奨学生(4期生)の交付式には本学から新たに奨学生に採択された、経営情報学部経営情報学科2年・大橋奈紗さん(彩藤ひろみゼミ所属)、経営情報学部1年・川村千夏さん、経営情報学部1年・山村香織さんの3名が参加し、奨学生としての活躍を誓いました。今後、「多摩未来奨学生プロジェクト」に参加し、地域活動や企業訪問を通しグループワークを行い、多摩地域への提言を行う予定です。

001.jpg
002.jpg
003.jpg


多摩未来奨学金は公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩が中心となり、多摩の企業・団体から拠出された資金を原資として、多摩地域の各大学・短大から選抜された学生に奨学金を給付し、多摩地域を活性化する人材を育てる「プロジェクト参加型」奨学金です。

ネットワーク多摩HP https://nw-tama.jp/

ルール形成戦略研究所、「介護ロボットの導入効果を最大化するルール形成研究会」を発足
業界横断で日本の介護ロボットの技術開発と普及を促進

多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、2016年12月6日付で「介護ロボットの導入効果を最大化するルール形成研究会」を創設します。本研究会は、高齢者の更なる増加によって加速する介護分野の人材不足の深刻化を視野に入れ、介護の質と生産性の向上につながる介護ロボットの技術開発と実装・普及を大幅に促進することを目的に、求められる開発要件や現実的なコスト規模感、促進に向けた制度・政策のあり方について、現場目線を取り入れながら業界横断的に検討し、具体的な政策提言を行います。座長には、衆議院議員、自民党IT戦略特命委員会事務局長で、同研究所の客員教授も務める、福田峰之 氏が就任します。

本研究会は、12月6日に初回会合を開催し、当面の活動目標として、以下のテーマに関して集中的に検討を進め、政府に提言を実施することを目指しています。

1.介護サービスの質と生産性の向上につながる介護ロボットの開発要件
 ・介護ロボット導入により業務改善可能な作業・工程および改善要望
 ・介護ロボット導入において求められるコスト規模感
2.介護ロボットの実装・普及の促進に向けて求められる制度・政策のあり方

本研究会の事務局は、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社が担当します。設立時の参加企業・法人はセントケア・ホールディング株式会社、株式会社ユニマットリタイアメント・コミュニティ、株式会社レオパレス21、SOMPOホールディングス株式会社、社会福祉法人伸こう福祉会、社会福祉法人善光会を含む計7社です。今後段階的に、介護ロボット開発事業者、官公庁などからの参加を募る予定です。

以上

PDF版はこちら (PDF 182KB)

【お問合せ先】
多摩大学 ルール形成戦略研究所 広報担当
金山(070-3531-6549)・和崎(070-2199-1864)

本学と上海東海職業技術学院(中国 上海)との間で、「学術交流に関する協定書」、「学生派遣に関する協定書」及び「学生受入れに関する協定書」を締結いたしました。

上海東海職業技術学院は、上海のみならず、中国国内の私立大学ランキングで上位に位置する単科大学で、本学と同じく、実学教育に注力している大学です。

今後は、両校での交換留学の他、短期留学やサマースクールの開講を展開する予定です。

2016-11-28_15-05-51_804.jpeg
経営情報学部 バートル国際交流委員長による、ビジネス日本語学科の学生向けの特別講義を開講
2016-11-28_16-37-51_372.jpeg
バートル国際交流委員長と項家祥院長による調印式。

2016-11-28_16-41-44_779.jpeg
バートル国際交流委員長と項家祥院長との記念品贈呈式。


上海東海職業技術学院HPでの協定締結のニュースリリース
http://pic.esu.edu.cn/dhxw/2016/14348.html

多摩大学グローバルスタディーズ学部では、非常勤講師の公募をいたします。
詳細は以下ご覧ください。

■研究分野:
 大分類 人文学
 小分類 英語学、言語学

■求人内容:
<仕事内容>主に2年生を対象とする「英語学1」(2コマ)、「英語学2」(2コマ)をそれぞれ春学期と秋学期に担当していただきます。
(当科目については英語教員免許を目指す教職課程履修の学生には必修科目、それ以外の学生には選択科目となっています。)
<募集人員> 1名
<着任時期>2017年4月1日
<勤務地>神奈川県藤沢市円行802

■職種:非常勤講師

■勤務形態:非常勤(任期あり) 一年ごとの更新(定年は65歳)

■応募締切:2017年01月20日(金) 必着

■勤務地:神奈川県 藤沢市 (多摩大学湘南キャンパス)

■応募資格: 以下の条件に該当する方
 (1)英語学もしくは関連分野において、修士号もしくは同等の資格を有すること。
 (2)大学相当の教育機関で3年以上の教育経験を持つこと。
 (3)(1)の専門分野で研究と教育に関する業績が過去10年間に3本以上あること。
 ※中学校または高校の教員免許状(英語)を有していればなお可。
 ※将来的に文科省の教職課程再認定審査に個人調書および教育研究業績を提出していただくことをお含みおきください。

■待遇:本学給与規程等によります

■応募・選考・結果通知・連絡先
<応募方法>以下の書類を、郵送、または電子メールにてご送付ください。
 (1) 履歴書(別紙様式1によること)
 (2) 教育研究業績書(別紙様式2によること)
 (3) 研究業績書に明記した著書・論文のうち3点(コピー可)
 (4) 最終学歴の証明書(学位記の写し可)
 ※提出書類は原則としてお返しいたしません。
 ※郵送の場合は応募封筒に「英語教員応募書類」と朱書し、書留でお送りください。
 ※個人情報は、本選考以外の目的には使用いたしません。

【書類送付先】
〒228-0805 神奈川県藤沢市円行802
多摩大学グローバルスタディーズ学部
学部長 安田震一

<選考・選考結果・通知>一次選考(書類選考)、二次選考(面接)
 ※書類審査の結果、該当者には面接に関する通知をします。
 ※面接時の交通費は支給しません。
 ※選考の過程で健康診断書の提出を求めることがあります。

<連絡先> 多摩大学グローバルスタディーズ学部
英語学教員採用担当係 Email:ling@gr.tama.ac.jp

■教員個人調書 ダウンロードはこちら (xls 33KB)
■教育研究業績書 ダウンロードはこちら (xls 40KB)

新地図.jpg11月26日(土)午後、グローバルスタディーズ学部(以下SGS)がある藤沢市六会地区において、「ぶらりごみ拾い in 六会 2016」が行われた。日本大学生物資源学部を出発し、約1Km離れたSGSまで、5人程度のチームで、1時間、歩きながら落ちているごみを拾い、その集めた量を競うもの。

昨年のSGS祭でEco多摩サークルが藤沢市と共催したスポーツごみ拾いが、日本大学生物資源科学部の参加も得て、両大学の学生と藤沢市環境事業センターよりなる「ぶらりごみ拾い in 六合実行委員会(委員長:西田良太、SGS 2年)」の主催により、大幅に拡大し、盛大に実施。宮治副市長を始めとする藤沢市職員、近隣の高校・中学・市民団体等を含む18チーム、約250人が参加。SGSからは留学生を中心とするチームが参加。集められたごみ総計160kg以上。その様子は、NHKの首都圏ニュースで報道。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161126/4688631.html

ゴールとなったSGSの中庭では、市が好意で用意し、SGS生も調理に加わった焼きそば等が参加者に振舞われた。秋晴れの中、紅葉し始めたSGSの中庭で楽しいひと時となった。
※順位 1位:日大生物資源科学部、2位:藤沢翔陵高校A、3位:六会生活環境協議会


DSCN1161.jpg
日大にて参加者受付デスク
DSCN1185.jpg
SGSチームのごみ拾い
DSCN1237.jpg
SGS中庭で参加者が談笑
DSCN1241.jpg
西田実行委員長から第1位の日大チームに賞状授与


この度、多摩大学フットサル部の石田健太郎選手(経営情報学部1年生)が、「Fリーグ特別指定選手」として公益財団法人日本サッカー協会より承認されました。

これにより、多摩大学フットサル部に在籍しながら、日本フットサルのトップリーグのFリーグに所属する「バルドラール浦安」の選手として、Fリーグの試合に出場することが可能になりました。

今後とも石田健太郎選手の応援をよろしくお願いします。

バルドラール浦安プレスリリース
http://bardral-urayasu.com/news/news-3585/

11月24日(木) 12時00分現在
本日の寺島実郎監修リレー講座は、通常通り開講致します。
大雪により足元が大変悪くなっております。十分気をつけて来学して下さい。

11月24日(木)の講義は通常通り実施します。
 積雪により、公共交通機関が遅延する可能性がありますので、時間に余裕をもち、気を付けて通学してください。
 今後、状況が変わる場合は、このページで随時お知らせしますので、確認をしてください。

多摩大学創立25周年記念ファシリティ 『T-Studio』では、地域への情報発信拠点として「課題解決型情報番組」を制作し、インターネットを通じて発信しています。

「人生の達人」をゲストに迎えて、多摩大学教授 趙佑鎭がインタビュー、活力のない現代に達人の極意を伝える番組『人生の達人にきく』第4回を追加しました。

こちらからご覧ください。