多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ゼミ力の記事

7月9日土曜日13時から14時までFM西東京で放送された「こだいらMIX」内のコーナー「こだいらを喰い尽せ」の台本制作とアシスタントレポーターを中村そのこゼミ3年、本間義教さんが担当しました。

当日は、小平駅北口徒歩2分割烹清乃さんへ。東久留米の市場で朝早く仕入れた新鮮なネタが売り物の握り寿司と散らし寿司を食レポしました。

791.jpg
レポート中の本間さん
792.jpg


793.jpg


以下のリンクで番組をお聞き頂けます。
こだいらMIX 2016年7月9日放送回

6月11日土曜日13時から14時までFM西東京で放送された「こだいらMIX」内のコーナー「こだいらの音」の取材と出演を中村そのこゼミ3年、杉浦那由多さん、澁谷翔太さんが担当しました。

当日は、小平市学園西町にある、とんかつ「藤乃木」さんをインタビューを交えながら紹介。お店のこだわりや人気メニューについて、「藤乃木」さんのとんかつやエビフライを実食しながらお伝えしました。

6111.jpg
6112.jpg
6113.jpg
6114.jpg


以下のリンクで番組をお聞き頂けます。
こだいらMIX 2016年6月11日放送回

中村そのこゼミ生が企画出演するラジオ番組(コーナー)「小平の学び舎 T-get」。6月4日土曜日13:00から、FM西東京「こだいらMIX」の中のコーナーとしてオンエアされました。この番組は、小平市近郊の大学のユニークな先生をお招きし、その研究内容やゼミ活動、学生に対する思いやお人柄をねほりはほりインタビューしまくり、その隠れた素顔を紹介するというもの。
取材、進行案、コーナーパーソナリティーを、そのこゼミ3年、キャッチー武内こと、武内崚さんが担当しました。今回は、武蔵野美術大学、宮原ひろ子先生をお招きし、ご専門の宇宙気候学についてのお話をうかがいました。宇宙環境が地球の歴史や気候にいろいろと影響を与えてきた、というとてもスケールの大きなお話にびっくり。


641.jpg
642.jpg
643.jpg
644.jpg


以下のリンクで番組をお聞き頂けます。
こだいらMIX 2016年6月4日放送回

7月7日、全国的なイベントの一環として、「水辺で乾杯inせいせき」が多摩市一ノ宮公園で実施され、多摩大学奥山ゼミが企画・運営を担当しました。

当日は、子供から大人まで総勢約80名が集まり、多摩市の阿部市長も参加しました。
水辺のごみ拾いの後、みんなで乾杯、歓談し記念写真を撮り、思い思いの水辺を楽しみました。
また、今回のイベントに協力してくださった学童保育&カフェ「こどもリビング」では、大きな「集いの木」に小学生や大学生の400もの願いを込めた短冊を飾り、夜にはライトアップが行われました。

また、中庭ゼミは隅田川で「水辺で乾杯」に参画し、多摩大学の複数のゼミが連携して、「水辺で乾杯」を盛り上げました。

「水辺で乾杯」は、日本全国それぞれの地域で、仲間と7月7日午後7時7分に乾杯し
ながら水辺の魅力を再発見したり、その楽しさを実感して共有するソーシャルアクションです。今年は全国約300カ所で実施されました。

多摩川の水辺でごみ拾い
多摩川の水辺でごみ拾い
阿部市長にもお越しいただきました
阿部市長にもお越しいただきました
集合写真
集合写真
「こどもリビング」の「集いの木」のライトアップ
「こどもリビング」の「集いの木」のライトアップ


関連リンク
奥山 雅之ゼミ

7月7日午後7時7分に水辺で乾杯しよう!というミズベリンクのプロモーション。
多摩大中庭ゼミ学生20名とミツカン水の文化センター+広報部のみなさんが、隅田川永代橋のほとりで楽しく乾杯してきました。
その後は、ミツカン社員(含新入社員)とゼミ学生が懇親会。文化を思い社会人と交流する趣向に双方大いに楽しみました。
永代橋がある中央区新川付近は江戸時代から酒蔵・酢蔵が並んだ場所でその中にミツカンも立地してました。その頃の新川の人々は玉川上水の水を飲んでいたはずです。それから212年。
時を越えて多摩と新川がつながった夕べとなりました。


img01.jpg
img02.jpg


関連リンク
ミツカン水の文化センター http://www.mizu.gr.jp/news/160708_mizbe_report.html
水辺で乾杯2016 http://mizcan.mizbering.jp/kanpai/

 国土交通省と博報堂が開催している水辺復活キャンペーン「ミズベリンク」のプロジェクト「水辺で乾杯」に、中庭ゼミ学生19名とミツカン水の文化センターがコラボ参加します。
 7月7日午後7時7分に、全国の団体が水辺で乾杯しようというもので、多摩大中庭ゼミ×ミツカン水の文化センターチームが隅田川永代橋で乾杯!します。
 ここは、江戸時代には羽村で取水された玉川上水の水が、日本橋あたりに網の目のように給水された後、余水が排水されていた場所です。多摩地域と日本橋・隅田川のつながりという水文化を、未来に伝えることを願い乾杯します。
 詳細は「ミツカン水の文化センター」HPをご覧ください。

 七夕の夜、学生とミツカン社員コラボチームの写真が一斉配信されますので、お楽しみに!


多摩大学村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」は、平成28年7月7日(木)に浄土宗大本山 増上寺にて開催される、「増上寺 七夕祭り 和紙キャンドルナイト2016」の企画、運営に携わります。

タイトル: 『増上寺 七夕祭り 和紙キャンドルナイト2016』

開催日時 : 平成28 年7月7日(木)
※入場無料  ※雨天・荒天、規模縮小
(キャンドル設置開始15時、点灯開始18時、点灯終了21時)

会場: 浄土宗大本山 増上寺
   〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35

アクセス: 都営三田線 芝公園/御成門 (徒歩3分)
     都営浅草線 大門 (徒歩5分) JR 浜松町 (徒歩10分)

多摩大学 村山貞幸ゼミの学生が、一枚一枚心を込めて漉いた和紙を和紙キャンドルとして「天の川」に見立てて並べ、夜の増上寺を彩ります。
七夕の夜を彩る壮大な「天の川」をぜひ皆様にご覧いただきたく、ご来場をお待ちいたします。

詳細はこちらからご覧ください

 

ページトップへ