多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

グローバルスタディーズ学部の記事

グローバルスタディーズ学部では、平成29(2017)年度春学期VOICE(授業評価)結果を「多摩大学授業評価規程」に照らし、以下のとおり、評価の高かった教員を顕彰しました。
なお、顕彰対象候補者は、アクティブ・ラーニング支援センター委員会が「授業評価表彰に関する基準」を基に集計し、学部長が顕彰者を決定します。

sgs_voice.jpg

顕彰対象者

対象教員名   カテゴリ
ブライアン イングリッシュ 教授 EP(English Program )科目
太田 哲 准教授 コア科目
竹内 一真 専任講師 一般科目
杉下 かおり 専任講師 専門科目
田中 孝枝 専任講師 40人以上クラス

11月7日(火)、グローバルスタディーズ学部は台湾高雄市の私立義守大学と相互交流に関する覚書を締結しました。義守大学の林麗娟副校長、李守愛国際交流センター長、多摩大学は本学園の田村嘉浩理事長、安田震一グローバルスタディーズ学部長にて調印式が行われました。

高雄は台湾南部に位置し、寿山というテーブル状の大きな台地(標高200m)のふもとに位置する港町で、海からの目当てになる山と、旗津という名の砂州に保護された潟は、古くから良港として知られています。義守大学は義联集団(E United Group)の創始者の林義守氏によって1986年に建校された「高雄工学院」が前身で、1997年義守大学に改称されました。国際学部、ホスピタリティ・ツーリズム学部を含む9学部42学科の総合大学で、ホスピタリティ人材の育成に取り組んでいるグローバルスタディーズ学部との相互交流が大いに期待できます。

001.jpg

関連リンク
義守大学ウェブサイト

本学の「大都市郊外型高齢化へ立ち向かう実践的研究 -アクティブ・シニア活用への経営情報学的手法の適用-」が文部科学省「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業タイプA」に採択されました。

「平成28年度私立大学研究ブランディング事業タイプA」には123の私立大学・短期大学等が申請し、本学を含め、33件が採択されました。

多摩大学は「大都市郊外型高齢化に立ち向かう大学」として多摩ニュータウンをモデルに、活力ある高齢者層の社会参画を核に、情報技術と経営学的手法を組み合わせ、「課題解決型研究」、「事業創造型研究」、「世代継承型研究」の3本の研究を柱に、研究を推進して参ります。

※私立大学研究ブランディング事業の詳細につきましては文部科学省のwebサイトをご参照ください。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1397956.htm

グローバルスタディーズ学部では、9月11日(月)~9月17日(日)の期間に台湾研修へ行ってきました。
9月15日に、台湾真理大学との交流イベントを行い、その模様が現地メディアに取材されました。

参考URL:http://japanese.rti.org.tw/whatsOn/?recordId=44137(台湾国際放送)

取材の中では、台湾研修で引率した安田 震一学部長のコメント、また参加した学生、大橋 星詩流さんや吉田 善哉君がインタビューに答えています。
今後も、研修プログラムを通じ、提携した大学との交流を深めていく予定です。

sgs_festa.jpgグローバルスタディーズ学部(湘南キャンパス)学園祭は11月4日(土)・5日(日)に開催いたします。

テーマはHappy! ~みんな笑顔にSGS~

今年のグローバルスタディーズ学部の学園祭は、藤沢市との連携を深めオリンピック関連イベントが盛りだくさん!

毎年恒例の世界の料理もご用意してお待ちしています!!

詳しくはこちらをご覧ください

2017年 F4地方選手権シリーズ 2017 富士チャンピオンレースシリーズ第5戦にて、本学学生の 一條拳吾が優勝しました!

結果詳細についてはこちらをご覧ください。

以下学生のコメント

9月16日に富士スピードウェイにて開催されたJAF-F4のレースに参戦してきたのでご報告させていただきます。結果は、雨が降る中3番手からスタートし、15周のレースを優勝という形で終えることができました。昨年の日本一決定戦以来のレースでしたが、このような形で終われて自信を持てた気がします。
チームサムライ #25 一條拳吾


image1.jpg
image2.jpg
image3.jpg


image4.jpg
image5.jpg


多摩大学グローバルスタディーズ学部主催
学長 寺島実郎 基調講演
「グローバル化する観光産業の人材育成と活用Ⅵ」シンポジウム

開催予定日:2017 年10 月20 日(金曜日)18:00~20:10
会 場:藤沢商工会館ミナパーク(JR、小田急、江ノ電藤沢駅より徒歩約5 分)

プログラム
17:30 受付開始
18:00 学部長 安田 震一 挨拶
18:10 鈴木 恒夫 藤沢市長 ご挨拶(予定)
18:20 専任講師 韓 準祐 講演「大分県由布院の事例から考える観光まちづくり」
18:50 休憩
19:00 学長 寺島実郎 基調講演
   「時代認識と観光・ホスピタリティ ~湘南・藤沢のインバウンド戦略~」
20:10 終了

詳しくはこちらをご覧ください(PDF 226KB)

お申し込み方法・お問い合わせ
10 月14 日(金曜日)までに電話、FAX、メールのいずれかの方法にて住所・氏名・年齢・職業・電話番号を添えてお申込みください。

宛先:多摩大学湘南キャンパス「シンポジウム」係
【電話】0466(82)4141 【FAX】0466(83)7917 【メール】sgs-fun@gr.tama.ac.jp

 

ページトップへ