多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

グローバルスタディーズ学部の記事

 多摩大学では、令和3(2021)年度の授業を全面対面にて展開することを決定致しました。対面授業においては、キャンパス内にて新型コロナウイルス感染の拡大防止策を十分に講じるように致します。ご理解の上、ご協力を頂くようお願い申し上げます。

 なお、授業期間中に緊急事態宣言の発令、もしくは新型コロナウイルス感染の拡大が懸念される状況等、通学や対面授業の実施が困難と判断されるような場合は、状況に合わせた授業の運営方法を、随時検討してまいります。本学ホームページや「T-NEXT」にて開示してまいりますので、定期的なご確認をお願い致します。

 令和3(2021)年度の授業実施における、各学部長からのメッセージについては、以下のリンクよりご確認をお願い致します。

令和3(2021)年3月12日(金)
多摩大学
副学長・経営情報学部長 杉田 文章
副学長・グローバルスタディーズ学部長 安田 震一

<各学部長のメッセージにつきましては以下をご覧ください。>
経営情報学部>>こちら
グローバルスタディーズ学部>>こちら

 平素、本学の教学に対し深いご理解とご協力をいただいておりますことを、改めて深く御礼申し上げます。
 令和2年度、本学は、感染症による混乱の中でも「教育を止めない」を合言葉に全学一丸となり、指示された課題を行ったり、単に録画されたコンテンツを視聴したりするのではなく、遠隔であっても可能な限り対面の授業に近い教育を展開するためにできうる限りの準備をし、5月に春学期をスタートさせ、全ての授業・ゼミを「同時的オンライン授業」として完遂いたしました。春学期の後半では、秋学期以降の展開を睨みつつ、部分的な対面授業を再開致しました。そして、秋学期は、全期間を通じ、全ての授業を対面で行いました。
 これらは、「ゼミ力」を掲げる本学が、単なる知識伝達をもってよしとすることなく、教員や学生同士の深いやり取りを通じて様々な知のつながりに気付き、問題意識を深めていくこと、ひいては大学での学びを通じて、それぞれが人生の「軸」を作り上げていくことを止めてはならない、と考えているからに他なりません。
 令和2年度秋学期の授業の実施にあたっては、教室定員を変更した上で大教室・中教室をフル稼働させ、すべての教室において人と人との間隔を確保し、検温や教室入室時の手指消毒を徹底いたしました。他にも、食堂における感染予防措置を講ずる等の対応をした結果、学内からの感染はゼロのまま秋学期を終えることができました。サークル活動の大幅な制限等、ご不便はおかけしましたが、学生の皆さんの協力もあって、このように、教育を止めることなく令和2年度を終えることができました。これは何よりも皆様のご理解とご協力の賜物でございます。心より感謝申し上げます。
 令和3年度を間近に控え、緊急事態宣言による飲食関係の時短要請等は続いておりますが、一方で小中高等学校や入試をはじめ多くの教育機関における活動は展開されております。本学は、これらをも踏まえ、大きな方針として、社会状況を見据えながらも、来るべき新年度を全面対面授業での展開とすることを考えておりますこと、改めてご報告申し上げます。これによって、新入生をはじめ少しでも学生同士の絆が強まり、本学が目指す気づきと学びが進み深まるよう、願っております。
 申し上げるまでもなく、この教育活動の達成には、保証人の皆様の深いご理解と、学生の皆さんの感染防止に対する徹底的な対策の敢行への協力が不可欠です。具体的には、マスクの正しい装着、手洗いやうがいの実行、マスクを外す飲食(昼食時が特に重要と考えております)では会話をしないこと、などです。(これらについては改めて学生の皆さんにご案内を致します。)
 今後も本学教職員全員が一丸となって感染防止対策を進めてまいります。何卒ご理解ご協力賜りますよう、伏して心よりお願い申し上げます。

令和3年3月10日
多摩大学
副学長兼グローバルスタディーズ学部長 安田震一

昨年に引き続き、地元企業NOK株式会社(東証一部)よりプレゼンテーションの依頼があり、3月5日(金)3年の内藤歩さん、加藤とまむさんの2名がプレゼンテーションを行いました。

NOK(株)は主に車両のオイルシールの製造する地元老舗メーカーでシーリングのコア技術による「非接触ICタグ」を利用した新規ビジネス提案がリクエストでした。

内藤歩さんは「ショッピングのサポート・在宅医療廃棄物処理」をテーマに、加藤とまむさんは「鬱睡眠障害~スマホ規制・コア技術を利用したアイデア」をテーマにプレゼンテーションを行いました。

NB(ニュービジネス)開発本部NB企画部、加藤隆康部長よりいずれの提案も「検討に値する」との高評価を頂きました。

  • 内藤歩さん(3年)
    内藤歩さん(3年)
  • 加藤とまむさん(3年)
    加藤とまむさん(3年)
  • 加藤隆康(NB開発本部NB企画部部長)
    加藤隆康 様(NB開発本部NB企画部部長)

グローバルスタディーズ学部 2020年度 卒業のつどい(学位授与式)について
下記のとおりお知らせいたします。

1.開催日時
2021年3月18日(木)13:25~14:25(開場受付12:30~)

2.開催場所
湘南キャンパス(受付:E301教室前)

3.学生の皆様へのお知らせ
当日の内容につきましては、T-NEXTをご確認ください。

4.保護者の皆様へのお願い
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、保護者の皆様におかれましては、ご参列をご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。ご理解・ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。

(問合せ先)
多摩大学
グローバルスタディーズ学部 総務課
0466-82-4141(平日9:00~17:00)

グローバルスタディーズ学部の学生が、寒川町観光協会様のホームページを多言語化しました。
本件は、昨年7月より、約半年間に渡り寒川町観光協会様のホームページの多言語化プロジェクトを行い、32名の学生がSTAY HOMEで寒川の53か所の観光スポットを英語、中国語および韓国語に翻訳しました。
学生は翻訳を通じた社会活動を経験し、地域の情報発信に貢献しました。

寒川町観光協会様のHP

寒川町観光協会様のプレスリリースはこちら

続きを読む >

グローバルスタディーズ学部では、約1年間かけて寒川町観光協会 様のホームページを多言語化させていただきました。
32名の学生が英語(53ヵ所)、中国語(53ヵ所)、韓国語(53ヵ所)に翻訳いたしました。

各言語のプレートに訳者のフルネームが記載されております。さらに観光協会様のホームページ画面の下部に多摩大学のロゴ(バナー)が記載されました。

一般社団法人 寒川町観光協会

2021年1月の週末計9日間、本学の成田翔平、増田椋(4年)、鵜川美沙希(3年)網野開斗(2年)が藤沢市観光協会主催第24回新春藤沢江の島歴史散歩「藤沢七福神めぐり」のアシスタントを担当しました。
今年度よりデジタルスタンプラリー形式で行われスマートフォンを使用し8寺社を巡るイベントのゴール地点の湘南藤沢コンシェルジュで完歩者を迎えました。

  • 成田君(右) 網野君(左)
    成田君(右) 網野君(左)
 

ページトップへ