多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

グローバルスタディーズ学部の記事

チームで拾ったごみの量を競う「ぶらりごみ拾い2018 in さむかわ」5月19日(土)神奈川県寒川町で開催致します。この度、多摩大学グローバルスタディーズ学部がある藤沢市で開催していた「ぶらりごみ拾い」を本学の学生の出身地が多い寒川町にも広めようと学生、教員が中心となって実行委員会を設立致しました。今後、この活動を神奈川県全域に広めて参ります。

本学の平成31(2019)年度入学試験及び教育内容につきまして、説明会を開催させていただきます。
説明会終了後、個別相談の場も用意しております。入試担当教員及び職員が控えておりますので、併せてご活用いただければ幸いです。

日時・場所
第1回 平成30(2018)年6月 7日(木)14:00~15:30 多摩キャンパス
第2回 平成30(2018)年6月22日(金)15:00~16:30 湘南キャンパス

本説明会でお伝えしたい主な内容
【経営情報学部】
 ・経営情報学部紹介
【グローバルスタディーズ学部】
 ・グローバルスタディーズ学部紹介
【経営情報学部・グローバルスタディーズ学部】
 ・入試概要説明(「志」AO入試・AL入試・推薦入試・2学部統一一般入試)

お申し込み方法
下記項目を記載の上、メール(nyushi@gr.tama.ac.jp)にてお申し込みください。
①出席日 ②貴校名/貴社名 ③役職名 ④御氏名 ⑤電話番号

詳細はこちらをご覧ください。 (PDF 376KB)

昭島市における産業振興計画の実行とさらなる地域の活性化に向け、大学生の視点や活動を取り入れ、大学に集積している知識、情報、ノウハウを活かすことを目的とした、連携に関する協定締結式が4月10日(火)に昭島市役所市民ホールで開催されました。

当日は、80名を越す昭島市、多摩大学、その他関係者の参加のもと、寺島実郎多摩大学学長による基調講演の後、臼井伸介昭島市長、寺島学長による協定書への署名が行なわれました。

松本祐一多摩大学地域活性化マネジメントセンター長からは、平成30年度の取り組みとして、昭島市、多摩大学、多摩信用金庫、昭島市商工会、一般社団法人昭島観光まちづくり協会等で構成するプロジェクト推進会議の設置と、具体的な産業振興の取り組みとして、①昭島市「工業の見える化」プロジェクト、②ビッグデータ活用による商業活性化調査プロジェクトの実施について報告されました。

3月31日(土)『大学生活をEnjoyする~思いを伝える・誰とでもチームを作れる~』をテーマに新入生プレ・オリエンテーションを開催しました。

第一部:シアター・ラーニング(仲間作り)
第二部:ピザ・パーティ(学生会主催)
第三部:ペーパー・タワー(チームワーク)
の3部構成で、参加した学生達からも「新たな友達が出来た」、「大学生活への不安がなくなった」、「楽しい学生生活を送れそう」など前向きな声が多く聞かれました。


多摩大学経営情報学部・グローバルスタディーズ学部の平成30年度入学式を以下のとおり挙行いたします。
保護者の皆様も是非ご出席いただきますようお願い申し上げます。

なお、会場は「パルテノン多摩」となります。
大学キャンパスではありませんのでご注意ください。

日時:4月5日(木)
 式典 14:05~15:00 (受付13:30~13:55)
 保護者説明会 15:15~16:30
会場: パルテノン多摩 大ホール
(東京都多摩市落合2-35 TEL:042-375-1414)
 京王線・小田急線・多摩モノレール 多摩センター駅下車 徒歩5分

日時   平成30年4月4日(水)
場所   湘南キャンパス内駐車場
時間   10:00~12:00 / 13:00~16:30

※昨年は58名の方の協力があり、日本赤十字社から感謝のお言葉を頂いています。
 今年は記念品として、可愛いキュービッククロック(置時計)をご用意していただいています!!

是非、たくさんの方のご協力をお願いしたいと思います。

map.jpg11月25日(土)午後、グローバルスタディーズ学部(以下「SGS」)がある藤沢市六会地区において、「ぶらりごみ拾い in 六会 2017」が行われた。SGSと日本大学生物資源科学部の学生が実行委員会を組織し、藤沢市環境事業センターの協力を得て行う「ぶらりごみ拾い」の2年目。当初開催予定の10月21日は台風接近により中止されたが、この日は絶好の秋晴れとなった。

藤沢市職員、近隣の高校・中学・市民団体等を含む12チーム、140人(SGSからは留学生4人を含む14人)が参加。SGSの学生実行委員11人等の運営関係者を含めた総参加者数は185人に昇った。

13時より日大で行われた開会式では、副実行委員長・SGS 3年山本菜実の司会により、実行委員長・日大3年川上健一郎、黛道典・藤沢市環境部長の挨拶、藤沢市分別戦隊3Rsによるパフォーマンス、SGS 2年金子遥によるルール説明と進み、藤沢市立六会中学校ハンドボール部3年田澤さんの選手宣誓、全員でのストレッチの後、実行委員会顧問・安齋寛日大教授のスタート号令により出発。約1Km離れたSGSまで、1時間で一人当たり最も多くのごみを集めたチームが優勝というルールで行われた。

ゴールとなったSGSの中庭では、市が好意で用意し、SGSの実行委員も調理に加わった焼きそば等が参加者に振舞われており、閉会式までの間、紅葉し始めたSGSの中庭は談笑の場となった。

計量後の15時過ぎから山本副委員長の司会で行われた閉会式では、1位:六会中学校チーム(1kg/人)、2位:六会生活環境協議会チーム(0.71kg/人)、3位:藤沢市地球温暖化対策地域協議会チーム(0.67kg/人)が川上委員長から表彰された。また特別賞として、力強い選手宣誓ときびきびとしたストレッチが印象的だった六会中学校チームに「フレッシュ賞」が、インドネシア人研修生5名が健闘したシロキ工業チームに「国際交流賞」が宮治正志藤沢市副市長から贈られた。最後に、安田震一SGS学部長より参加者への感謝が述べられ、無事閉幕した。集められたごみ計約93kg。皆様、ありがとうございました。

001.jpg
日大での受付け
001.jpg
開会式参加者
001.jpg
市環境部長挨拶
001.jpg
焼きそばに並ぶ参加者
001.jpg
SGS中庭で談笑
001.jpg
閉会式


 

ページトップへ