多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

第13回日総研フォーラム

2015年7月22日(水)18:30~時事通信ホールにて、寺島実郎学長が総括講演を務める「第13回日総研フォーラム」をご案内します。

テーマは、「創造的観光立国―移動と交流という思想」

詳細とお申し込みは以下からご覧ください。

第13回 日総研フォーラム(PDF 492KB)
第13回 日総研フォーラム企画概要 (PDF 250KB)

第13回日総研フォーラム聴講者募集ページ
http://www.nissoken.jp/seminar/13thforum/

多摩大学グローバルスタディーズ学部では、藤沢市在住の皆様を対象とした「アフタヌーン・クラス」を公開講座として開講します。

『TOEIC(r)』学習を軸に英語コミュニケーション力の向上を図ることを目的としていますが、幅広く英語コミュニケーション力をつけたい方、楽しく英語を勉強したい方、双方向の対話形式で学びたい方など、少人数教育の本学の特色を活かし、本学で学生に大人気の英語担当教員(日本人)が親切丁寧に受講者のご要望にお応えいたします。本学でもっと英語の世界に進んでみませんか。

詳しくはこちらをご覧ください。

続きを読む >

PressRelease150409.jpgこの度多摩大学村山貞幸ゼミ 日本大好きプロジェクトは、六本木アートナイト2015 「ギネス世界記録®に挑戦!~LEDライトでひかルつながルさんかすル~」における企画、運営に協力させていただくことになりました。

六本木アートナイトは、昨年度延べ観賞者数が70万人に達した東京を代表するアートの祭典です。私達はこのビッグイベントで、「ギネス世界記録の更新」に協力いたします。

煌びやかな六本木の祭典の夜、「ギネス世界記録」が書き換えられるその瞬間に、多くの皆様に立ち会っていただきたく思います。是非、ご期待ください。

【イベント概要】

1. タイトル :六本木アートナイト 2015
  期間 :平成27年4月25日(土)10:00~26日(日)18:00

2.タイトル :「ギネス世界記録®記録に挑戦!~LEDライトでひかルつながルさんかすル~」 
                              ※参加費 無料
  期間 :平成27年4月25日(土) 13:00~19:00 (受付)
     19:00~19:15 認定イベントチャレンジ
     19:15~ LEDライト点灯 ※荒天中止  
     20:30~ 参加者の方へLEDライトプレゼント
  会場 :東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン芝生広場
  主催 :東京ミッドタウン
  協力 :多摩大学村山貞幸ゼミ「日本大好きプロジェクト」

詳しくはこちらをご覧下さい。(PDF 324KB)
関連リンク
【六本木アートナイト2015】世界ギネス記録R挑戦! ~LEDライトでひかルつながルさんかすル~
【東京ミッドタウン】世界ギネス記録®挑戦! ~LEDライトでひかルつながルさんかすル~
日本大好きプロジェクト

Evening_class.jpg

多摩大学グローバルスタディーズ学部では、藤沢市在住の皆さまを対象に、『TOEIC®』学習を通じて英語コミュニケーション力の向上を図ることを目的としたイブニング・クラスを実施する予定です。

今回はそのトライアル(お試し回)となります。TOEIC®のスコア・アップを目指す方、英語コミュニケーション力をつけたい方、多摩大学でもっともっと英語の世界に足を踏み入れてみませんか。

■日 時 3月16日(月)17:00 ~ 18:00
■対象者 藤沢市在住で高校生以上の方(本学学生は不可)
■講 師 西井 賢太郎(本学専任講師)
■参加料 無料(定員あり・先着20名様)
■会 場 多摩大学 湘南キャンパス E205教室

お申込みは下記にご記入の上、FAX又は電子メールでお申込みください。
FAX:0466-82-5070 E-mail:sgs-shiminkoza@tama.ac.jp

寺島実郎監修リレー講座「現代世界解析講座Ⅷ」2015年春学期を下記の通り開講いたします。

講座の詳細および申込は、こちらをご覧ください。

 大学を取り巻く環境が大きく変化する中、多摩大学はこれまで多数の方々と連携を行い、教育・研究活動を行ってきました。その中で大学に対して、「地域のことを知り、現場で動ける学生・社会人を養成してもらいたい」という声を受けて参りました。
 これを踏まえ、多摩大学では今後、学部学生や社会人を対象にした「アクティブ・ラーニング・プログラム」を開発し、それを梃子にこれまで以上に地域連携を進めることといたしました。既に2010年度よりPBLに先鞭をつけてきた本学としては、次の段階に進む時期となったわけです。

 そこで、今後はこうした「アクティブ・ラーニング・プログラム開発」を出発点に大学間連携や産官学連携を進めることとしました。地域で多様なプログラムが開発されることこそ、今後の地域づくりには必須のことと考えております。
 今回開催するフォーラムをスタートに、様々な大学・機関が参加する連合体をつくり、その場で地域の発展に必要な質の高い教育・研究プログラムを開発していきたいと存じます。
 この趣旨に賛同される方、本テーマに関心のあるみなさま、ご参加をお待ちしております。

催事名:アクティブラーニングのための地域連携フォーラム

開催日:3月2日(月)13時~16時10分

会場:多摩大学 T-Studio 2Fホール

プログラム

13:00 開催挨拶 諸橋正幸 多摩大学地域活性化マネジメントセンター長、副学長
13:05 報告①「地域ブランド化政策ケース開発の試み」中庭光彦 多摩大学経営情報学部准教授
13:30 報告②「コミュニティデザインと地域連携」梅澤佳子 多摩大学経営情報学部教授
13:55 報告③「中小企業研究と産学連携」 奥山雅之 多摩大学経営情報学部准教授
14:20 報告④「事業開発は学べるか?~NPOマーケティングプログラムの事例から~」
        松本祐一 多摩大学総合研究所教授
14:45 休憩(20分)
15:05 ラウンドテーブル「これからの地域連携に求められること」
     報告者、参加者とフリーディスカッション
16:05 閉会挨拶 久恒啓一 多摩大学経営情報学部教授・学部長

参加者:約30名 

お問い合わせ・お申込み
  多摩大学 学長室  担当:高野
    電話:042-337-7300
    FAX:042-337-7103
    hisho@gr.tama.ac.jp

2月22日(日)10:00から 藤沢商工会館ミナパーク(藤沢駅から徒歩5分)において多摩大学 藤沢市市民講座2015「藤沢市の観光振興を考える」を開催いたします。

 21世紀になって人々のライフスタイルは多様化し、増加する余暇時間の使い方も様々になってきました。観光においても、例えば人々のニーズが「見る観光」から「参加・体験型観光」へと移行しているように、その魅力や理解は大きく変化しています。また、政府が「21世紀のリーディング産業」と位置づけるように、観光は地域活性化のための重要な役割を担うことも期待されています。こうした時代背景に呼応し、多摩大学グローバルスタディーズ学部(SGS)では、英語教育の充実と併せて、観光・ホスピタリティ分野の教育・研究を質量ともに強化しております。

藤沢市は江の島をはじめとする多くの観光資源を有する湘南の中核都市であり、国際的な観光都市として大きな可能性を秘めています。今回のセミナーでは、藤沢市の観光資源を再認識しながら、観光振興に役立つ問題提起型プレゼンテーションや、参加者の皆様とワークショップ形式での討議等をおこない、藤沢市の観光まちづくりを考えていきます。 

ふじさわシティプロモーションのキャッチフレーズは「キュンとするまち。藤沢」ですが、藤沢の魅力や観光振興について、私たちと一緒に考えてみませんか? 皆様のご参加をお待ちしております。

なお、会場の関係上、先着順の受付となりますので、お早めにお申し込み下さい。


藤沢市民講座案内状 (PDF 128KB)
申込書 (Word 36KB)

 

ページトップへ