EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

ゼミ力 の記事

2015年2月21日(土)12:30~17:30帝塚山大学(奈良県)東生駒キャンパスにておこなわれた「第3回 帝塚山大学 研究・実践学生発表祭」に多摩大学のインターゼミ多摩学班(担当教員:奥山雅之 准教授、荻野博司 客員教授)と酒井ゼミ(酒井麻衣子 准教授)が参加しました。
多摩大学と帝塚山大学は2010年11月、学術交流に関する包括協定を締結し2012年度よりそれぞれの大学で行われる学生の研究発表祭に参加をして交流を深めています。

今回の「帝塚山大学 研究・実践学生発表祭」は、第3回となりますが、昨年は雪の影響で学生の参加を見合わせたため、多摩大生の参加は2回目となりました。

帝塚山大学 岩井 洋 学長の開会挨拶に続いて、第1部、第2部、第3部の研究発表が行われました。帝塚山大学の学生発表に続いて、招待発表では奈良県立奈良情報商業高等学校、
奈良県立奈良朱雀高等学校の生徒発表、多摩大学の学生発表が行われました。
質疑応答も活発に行われ、帝塚山大学 蓮華一己 副学長と多摩大学 諸橋正幸 副学長が、全体講評と閉会の挨拶を行いました。

今年は、地域に根差した産学連携プロジェクトの発表が特徴的で、帝塚山大学と多摩大学は、根差す地域はそれぞれでも、研究の方向性が一致している部分が多いことから、懇親会では、双方の学生は和やかな中にも熱気のある交流を行いました。

岩井 帝塚山大学学長・開会挨拶
岩井 帝塚山大学学長・開会挨拶


第1部

「根室中標津空港の活性化に向けた提案」 帝塚山大学経済学部
「根室中標津空港の活性化に向けた提案」
帝塚山大学経済学部
「奈良県全体で取組むネット・スマホ問題」 帝塚山大学経営情報学部
「奈良県全体で取組むネット・スマホ問題」
帝塚山大学経営情報学部~大学生が取組むネットパトロール~


「大学対抗ネットワークコンテスト」 帝塚山大学経営情報・経営学部
「大学対抗ネットワークコンテスト」 帝塚山大学経営情報・経営学部
「医療費適正化-日本の持続的発展のために」帝塚山大学経済学部
「医療費適正化-日本の持続的発展のために」帝塚山大学経済学部


「地域資源のブランド化と商品開発 事例:帝塚山ろーる」帝塚山大学経営学部
「地域資源のブランド化と商品開発 事例:帝塚山ろーる」
帝塚山大学経営学部


第2部

「情報ビジネス科課題研究」奈良県立奈良情報商業高等学校
「情報ビジネス科課題研究」奈良県立奈良情報商業高等学校 まなびや旅行、奈良のおみやげデザート~ならロール~、人を惹きつけるCM
「奈良市長様へ。観光政策に関して、女子高生からの提言」 奈良県立奈良朱雀高等学校
「奈良市長様へ。観光政策に関して、女子高生からの提言」 奈良県立奈良朱雀高等学校


「ならまち音楽シルクロードプロジェクト」の成果報告」帝塚山大学文学部文化創造学科
「ならまち音楽シルクロードプロジェクト」の成果報告」
帝塚山大学文学部文化創造学科
「古代の煙突からみた日韓交流」帝塚山大学人文科学研究科
「古代の煙突からみた日韓交流」
帝塚山大学人文科学研究科


第3部

「京王移動販売プロジェクト」多摩大学 酒井ゼミ
「京王移動販売プロジェクト」多摩大学 酒井ゼミ
「京王移動販売プロジェクト」多摩大学 酒井ゼミ


多摩大学 インターゼミ多摩学班
多摩大学 インターゼミ多摩学班 「2040年多摩の展望~50年に一度の交通革命をこえて~」
多摩大学 インターゼミ多摩学班


「和っcomeプロジェクト」帝塚山大学経済学部
「和っcomeプロジェクト」帝塚山大学経済学部
「奈良県への政策提案-キャラクター・アプリを用いたマーケティング戦略」帝塚山大学経営学部
「奈良県への政策提案-キャラクター・アプリを用いたマーケティング戦略」帝塚山大学経営学部


続きを読む >

2月14日土曜日13時~14時までFM西東京で放送されたこだいらMIXに4年鰐川良さん、3年吉野翔さんが出演しました。

鰐川さんは、「こだいらのおと」コーナーで、自ら取材したこだいらふるさと村での「昔遊び」=子供たちがベエゴマや竹とんぼ作りなどの昔ながらの遊びを体験するイベント=のようすを音声クイズにして出題。子供たちの楽しそうな様子をスタジオで紹介しました。

吉野さんは、小平市小川町にあるブリジストンTODAYを紹介。ゴムを使った免震システムの展示などを、今回はスタジオでリポートしました。

2年間コーナーパーソナリティーを務めた鰐川さんは、大学卒業で、番組も「卒業」。スタッフのみなさんから暖かいサプライズお祝いをしていただきました。みなさま、本当にありがとうございました!

番組前の打ち合わせ風景
番組前の打ち合わせ風景
大学生活最後の放送をする鰐川さん。
大学生活最後の放送をする鰐川さん。後ろには「後継ぎ」の新2年ゼミ生も見学でちょっと緊張??


スタジオでリポート中の吉野さん
スタジオでリポート中の吉野さん
みなさん、サプライズパーティーありがとうございました!
みなさん、サプライズパーティーありがとうございました!



中村そのこゼミ3年生が1月25日日曜日、関戸公民館で開催された「第10回地域ふれあいフォーラム」(地域ふれあいフォーラムTAMA実行委員会主催)に参加しました。当日は地域に対してより多くの人に親しみを持ってもらうための企画として、「ちい木・きづなの木」と名付けた参加型展示を実施。これは、来場者のみなさんに呼びかけて、「ちい木・きづなの木」に、地域愛を表現した川柳やメッセージ、イラストなどを書いて(描いて)貼ってもらい、たくさんの実を付けてもらおうという企画です。当日は偶然来場された川柳の先生をはじめとして多くの方が参加してくださり、地域愛が見事に実りました。ありがとうございました。

IMG_2597.JPG
IMG_2599.JPG


IMG_2600.JPG
たくさんの実を付けた「ちい木・きづなの木」
IMG_2607.JPG


中村そのこゼミナール4年鰐川良さんと教員が、FM西東京で1月22日木曜日12時からオンエアされた「Pop'n タワー ロコらぼゲストコーナー」に出演。ゼミ活動と現在のゼミ活動を始めるまでの経緯、ゼミの志について語りました。鰐川さんはゼミでの「そのこ先生の妄想とムチャぶり」を、そのこ先生は「コマーシャルのことば力になぜ魅せられたか」「これからのゼミの志」などのトークを繰り広げました。

150122.jpg
スタジオでの生放送風景

 

1月24日土曜日に、聖蹟桜ヶ丘駅前ヴィータ・コミューネで開かれた第6回ボランティアまつり(多摩市社会福祉協議会・多摩ボランティア市民活動センター主催)に中村そのこゼミ3年生が参加しました。

当日はゼミ生が企画した「ドリーム☆スター」というスタンプラリーを実施。小さい星型の紙に来場者のみなさんの夢や目標を書いていただいて空に貼って行き、さらに大きな星を力を合わせて作って行く、というアトラクションを行いました。多くのみなさんに参加していただき、見事大きな星ができあがりました。このような活動を通して地域のより多くのみなさまにボランティア活動に興味を持っていただければと願っています。ボランティア活動のような非営利活動(組織)のPRもその子ゼミの重要な研究活動の一つです。

IMG_2565.JPG
みなさまの星の一つ一つから、大きな夢のドリーム☆スター完成しました!
IMG_2568.JPG
ドリーム☆スター 全体

IMG_2571.JPG
ドリーム☆スターはこのようなみなさんの一つ一つのお願いからできあがっています。

中村そのこゼミ3年、中村彩音さんが、多摩ボランティア・市民活動支援センター(運営:多摩市社会福祉協議会)が発行するボランティア通信1月号差し込み特別面のクロスワードパズルを制作しました。

今回は新年号の企画としていつもよりカギの数が多いパワーアップしたクロスワードパズル。幅広い年代の方に楽しんでいただくために、やさしいことばから少々難易度が高いことばまで、多彩に盛り込みました。

v201501-2.jpg
v201501-1.jpg

関連リンク
社会福祉法人 多摩市社会福祉協議会
多摩ボランティア・市民活動支援センター(通称:ボラセン)

中村そのこゼミ
中村そのこゼミの活動