多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

大学院の記事


SCMドメイン担当の今岡客員教授の活動のご紹介です。

コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」HP
http://www.bizdyn.jp/seminar.html

facebookでも公開しています
https://www.facebook.com/groups/135509179860708/

サプライチェーンマネジメントも
facebookでも公開しています
https://www.facebook.com/imaoka.scm

著作
http://www.bizdyn.jp/book.html

投稿記事
http://www.bizdyn.jp/report/

マーケティングドメイン担当の首藤客員教授の新著のご紹介です。
下記、Web掲載記事をご覧ください。

http://www.hakuhodo-consulting.co.jp/blog/news/entry/2014/000198.shtml

http://www.hakuhodo-consulting.co.jp/blog/news/entry/2013/000188.shtml

多摩大学大学院プロジェクトリーダーシリーズ

第4弾は、グローバルリーダーです。

※参加無料
※いずれも、19時スタートです。
※詳細は、追って、HPにてご案内差し上げます。

プロジェクトリーダーシリーズ(グローバル1)  7/25()
中国市場戦略研究所代表 徐向東氏
「中国市場で成功するマーケティング戦略と日本企業の課題」
「タイトル」
なぜ、多くの日本企業は中国で失敗するのか?
「概要」
中国ではまだまだ個人消費が伸びていて、
今後10年くらいは成長が続くといわれています。
日本が国としてあるいは企業として、この巨大な中国市場に戦略的に
関与していけるのかどうかは極めて重要な課題です。

欧米系の企業に比べると、中国市場での正しいポジショニングができている日本の会社が少ないです。
広い中国で自社がターゲットとする市場を見つけるのは本当に大変
なことです。
日本の感覚のままで参入すれば中国では大失敗します。
中国でのビジネスの際に重要なことは、
中国の本質を掴んでいるのかということなのです。
私たちの会社は、
初期の市場調査やコンサルティングから現地のサポートまでやっています。
こうした中国市場での実務を通じた経験からみた日本企業の共通課
題についお話しします。

 プロジェクトリーダーシリーズ(グローバル2)  7/31()
アゲラコンサルティング代表 Aniruddha Mallik
「グローバル化に強いインド流マネジメントとリーダーシップの極意に学ぶ」
Mallik氏からのメッセージ
過去50年で、インド企業は世界中に進出し、
インド人ビジネスリーダーがグローバル企業のリーダーに続々となっています。特にICT産業でインド人リーダーが活躍しているようにも思われがちですが、実際には、ICTに限らずあらゆる産業分野でインド人リーダーが増えているのです。
今回の公開講座では、
こうしたインド人リーダーのグローバルでの成功の裏にあるものはなにか。
そしてそこから日本人リーダーがグローバルに飛躍するために参考にできることは何か、についてみなさんと議論したいと思います。

プロジェクトリーダーシリーズ(グローバル3)  8/8()
IGS代表 福原正大氏
「グローバルビジネスパーソンに不可欠な議論力を高めるクリティカルシンキング」

タイトル「クリティカルシンキング力養成」
講義概要:真理に近づくための思考法であり、
世界のスクールが最も生徒に身につけて欲しいとするクリティカルシンキングの基礎と応用を、講義とケースを利用しその養成を行います。
この講義の受講により、クリティカルシンキング基礎力、
不確実性下における合理的意思決定力を手にすることができます。

多摩大学大学院プロジェクトリーダーシリーズは、事前申し込みが必要です。

朝野煕彦 客員教授(「マーケティングリサーチ」担当)

著書
朝野熙彦編著「ビッグデータの使い方・活かし方」東京図書、2014年1月発行

論文
朝野熙彦「マーケティングのリサーチ基盤を考え直す」アドスタディーズVol.47、30-35.
2014年2月25日発行
http://www.yhmf.jp/activity/adstudies/47.html  よりPDFファイルダウンロード可

ブログ
SASインスティチュート・ジャパンのホームページに「マーケティングとデータ解析」という
タイトルで連載記事を寄稿中
http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/industry/academic/fieldvoice/index.html

田中勇一 客員教授(「社会的企業家演習」担当)

志のソーシャルビジネスマガジン「オルタナ」にて

http://www.alterna.co.jp/

social innovatorの一人として「魂を解き放て!」を連載中!

矢野俊一 客員教授(「グローバル・ロジスティクス」担当)

本年3月に国土交通省で設置された「物流政策アドバイザリー会議」の常任アドバイザーに就任。

 角井亮一客員教授が、プレジデントに登場!
多摩大学大学院で教鞭をとられている角井亮一客員教授(大学院講義・秋学期「ロジスティックビジネス」を担当)が、プレジデントに登場します。是非、ご覧ください!
多摩大学大学院 角井亮一客員教授の紹介はこちら。
多摩大学大学院 田坂広志教授 の新著2冊の紹介です。
田坂広志教授が各界のトップリーダーを招聘し、講義を展開する
「ネオ・リベラルアーツ特別講義」(多摩大学大学院講義 2014年度 後期/秋学期)
の科目等履修生の募集を受け付けております。
是非、この機会をお見逃しなく!!!
詳細は下記よりお願いいたします。
まず、1冊目は、
『ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術』(東洋経済新報社)
です。
世界のトップリーダーにとって、グローバルな会議でのスピーチの場は、一国の将来を背負った、まさに「戦場」であり、彼らは、その戦いに勝つための「高度な話術」を身につけている。本書では、ダボス会議やTED会議などのメンバーとして、その姿を間近で見てきた著者が、「人格」「位取り」「胆力」「演技力」「観察力」「対話力」「振る舞い」「発声」「余韻」「思考」など、一般には語られることない、トップリーダーたちの「15の話術」を紹介する。
2冊目は、
『知性を磨く『スーパージェネラリスト』の時代』(光文社新書)
です。
こちらでは、多摩大学大学院の講義についても言及されております!

プロジェクトリーダーシリーズ(医療経営) 6/21(土) 医療介護におけるリーダーになるために(真野教授)の開講が決まりました。 

6月21日(土) 15:00~16:30 @品川サテライト

★担当の真野教授からのメッセージ
地域包括ケア、ホールディング構想などを通して医療や介護のリーダーになるべき人材が求められている。
本公開講座では、リーダーに求められている要件を皆様と一緒に考えてみたい。

★参加無料

★申込はこちらからお願いします↓
https://w2.axol.jp/entry15/tama/?f=8

4月30日~5月6日まで品川サテライト(事務室含む)は閉館となります。 
証明書の発行等は、5月7日以降となりますので、ご注意ください。 
 

ページトップへ