多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

グローバルスタディーズ学部の記事

多摩大学の講義を学生と一緒に受講してみませんか?
多摩大学総合研究所では、多摩大学の通常講義の一部を地域の皆様に公開しています。
詳細については以下のページをご覧ください。

コミュニティ・カレッジ(通常講義)

 多摩大学将来構想委員会の寺島実郎座長が「世界潮流と日本の進路」をテーマに、国際情勢や経済、国内行政等の各分野における精鋭の専門家を多摩大学に招き、リレー講座形式による通年の体系的なプログラムを開催します。
 世界各地域の現況、海外から見た日本、また日本国内の諸問題を多面的に取り上げることで、問題意識の提起を目指し、内外一体の時代認識を深めることが主眼となります。また、現代世界の歴史的位置付けを再考し、地政学的知を深めることを通じ、現代が抱える課題を解析するプログラムを築きます。今回は将来構想委員会の提案に基づく実行策の一環として寺島座長責任監修のリレー講座をスタートし、通年で全24回の講義を開催し、多摩大学新入生にとっては必修履修単位として、また一般社会人の聴講生、他大学の学生、約600名を対象にした講義を連続開催します。

詳細情報はこちらをご覧下さい。

関連情報
現代世界解析講座情報ページ

図書館の学生スタッフが主催した第6回読書コンクール「中谷賞」の受賞者が決定しました。表彰式は2008年1月31日(木)に多摩大学品川サテライトキャンパスで行われ、中谷学長より寸評がなされた後に、受賞者に賞状と商品が手渡されました。

<中谷賞>
杉山廣光さん 『スイッチを押すとき』 著者:山田悠介
<優秀賞>
飯島圭祐さん 『幸福な食卓』を読んで 著者:加瀬まいこ
山浦茉侑さん キャリア形成における、卓越したリーダーシップの位置づけを考える

photo

授賞式の様子

多摩大学ルネッサンスセンター(センター長 中谷 巌)では、世界に通用する見識と志を兼ね備えた若きビジネスリーダーを育成するため、各業界のリーディングカンパニーにおける40歳代の若手リーダー候補者を対象に「40歳代CEO育成講座」を開講しております。
2002年の開講以来、現在6期目を数え、世界の歴史・宗教から外交・インテリジェンス、最先端の経営理論を学び幅広い視野と深い洞察力を身につけた200名近い修了生たちが、各企業をリードする人材として活躍しています。

 12月16日(日)13時から品川キャンパスで、予想を上回る学内外50余名の方の参加を得て第1回目の勉強会が開催されました。
 修士論文の中間発表会を公開で行うのは日本のMBAでおそらく最初と思われますが、当日は宇佐美研究科長、原田教授、林川教授に加え、ゲストコメンテーターとして日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科の若林教授をお迎えし、熱のこもった指導が展開されました。発表者は平成18年9月および19年4月入学者の各2名で、教員からの指名ではなく院生会からの推薦で決定されました。 院生のプレゼン(各15分)に対し、教員からのアドバイス(各10分)や会場参加者からの質問も受け付け、発表者にとっては実り多い機会となりました。
 また、モデル発表は平成19年9月に修了し最優秀論文賞を受賞した片岡裕司さんが行い、学びや研究の期間のちがいによる論文完成度合いも学外の方にも理解いただけたようです。
 最後に、各教員からの総括があり、若林先生からも「社会人MBAは多くが研究型の大学院ではないのでレベルを模索中です。今回のような試みを通じて”業界標準”が設定されれば、日本のMBAの認知度もより高くなることでしょう。」とのコメントをいただき、3時間にわたる勉強会を盛況裡に終了しました。

photo

修士論文公開勉強会の様子

多摩大学ルネッサンスセンター(センター長 中谷 巌)では、企業の持続的な発展・進化のためには組織の原動力となる人材の育成が不可欠であるという認識のもと、上場企業の30代から40代前半の中間管理職を対象に「異業種企業家塾」を開講しております。
既成の枠にとらわれないグローバルな視点で環境変化を先読みし、組織全体を変革していく能力を習得することを目的とした本講座は、2003年の開講以来、一部上場企業を中心に約20社、延べ200人以上の修了生を輩出し、各企業・業界の第一線をリードする人材として活躍しています。

11月21日(水)にグランドプリンスホテル赤坂にて「多摩大学フォーラム’07」を開催いたしました。今年度は第1部にて『新入社員の就労意識と企業における人材育成の課題』というテーマでパネルディスカッションを実施しました。
学生を社会に送り出す大学側、採用する企業側、その中間で就職/採用をつなぐサードパーティ側などのパネラーとともに、ディスカッションを通じ、この課題に対する解決案を検討しました。
第2部では当日お越しの日頃採用等でお世話になっている人事担当の方々と前述のパネラー、本学教職員との懇談会を実施し、活発な意見交換をすることが出来ました。

photo
会場の様子

photo
パネルディスカッションの様子

関連情報
キャリア支援情報

 

ページトップへ