EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

ゼミ力 の記事

2004年12月18日(土)にゼミ研究発表会SRC(Student Research Conference)が行われました。SRCは学生による、ゼミでの日頃の研究活動の発表を1年に2回(夏・冬)行うものです。
今回のSRCでは松谷ゼミ、竹村ゼミ、椎木ゼミ、星野ゼミ、齋藤ゼミ、諸橋ゼミ、出原ゼミ、今泉ゼミ、飯田ゼミ、中川ゼミ、杉田ゼミ、青山ゼミ、卒業課題制作と回を重ねるごとに参加ゼミが多くなってきました。また、今回のSRCでは平成16年度チャレンジ入試で入学した学生3名も1年間の成果を発表しました。
テーマは多岐にわたり、「J-POPの売れる要素」「新たな広告手法の可能性」「顧客満足につながるキャラクターとサービス提供のあり方について〜TDLに学ぶ」といった経営分野の発表から、「画像処理による視点検出」「音声対話による学習支援システム」「棋譜データベースの作成」といった情報分野の発表が行われ、それぞれの発表について活発な意見が交わされました。

関連情報
SRCプログラム

 野毛サプライズ実行委員会(野毛商店街協同組合、野毛飲食業協同組合等で構成)主催の「横浜・野毛商店街イベントコンテスト2004」で多摩大学望月ゼミチーム(北原直敦、佐藤擁、田貝桂、高橋康彰、宮川朋久、百瀬瑞生)が提案プラン「横浜GEON-MATSURI」で見事準優勝を果たしました。
 このコンテストは野毛や横浜の商店街をイベントで活性化させたい。と始まったもので横浜市内を中心に経営や商学関係の大学から10グループ2個人の応募がありました。準優勝した望月ゼミチームは「懐かしさ・心地よさ・楽しさ・格好よさの入り混じった町をより多くの人に知ってもらい、好きになって欲しい」をコンセプトに、『道』を使ったイベントとして立ち飲み通り、買い物通り、大型屋外ギャラリーなどを具体的な提案を行いました。

※2005年2月7日発行の多摩大学Rapport36号の同記事内で多摩大学望月ゼミチームのメンバーのうち、代表の北原直敦さんの氏名が抜けていました。お詫びして訂正致します。

2004年8月22日(日)に多摩大学で齋藤ゼミ主催ルーブ・ゴールドバーグコンテストが開催されました。 2004年の課題は「10段階以上の課程を経て国旗を描こう!」です。審査の結果、マシン部門グランプリにはものつくり大学「からくり新撰組」チーム、ムービー部門ビジュアル賞には青葉短期大学「きんぎょ」チーム、イラスト部門イラスト賞には多摩大目黒高校「2年A組谷川学級」「Cu.Li.A.M.Princess」チームが選ばれました。

関連情報
ルーブゴールドバーグホームページ

「シーグラフ2004」に出展
多摩大学出原ゼミがアメリカロサンゼルスで開催される「シーグラフ(SIGGRAPH)2004」に作品Dis-Tansuを出展します。シーグラフとはコンピュータグラフィックスの世界で最も権威あるイベントです。出原ゼミではこの作品で2003年IVRCで全国大会3位、フランスで開催されたラバルバーチャルの出展に続く快挙です。Dis-Tansuはタンスの中にディスプレイと加速センサを設置して引き出しを前後に揺らすことによって水に波が立つなどインタラクティブ性を重視した作品です。フランスのラバルバーチャルでは「オリジナルである」ということが高く評価され、今回のシーグラフ出展となりました。8月に再び世界の舞台に立つ出原ゼミの報告をこれからも続けます。

関連情報
多摩大学出原ゼミホームページ

SRC 2004 Spring 開かれる

[2004年7月3日]


2004年7月3日(土)多摩大学212教室にてSRC(Student Reserch Conference) が開かれました。SRCは多摩大学ゼミが集まり各自の研究発表を行い、ディスカッションを行う場です。
毎年夏と秋に行われ、今年は前回以上に多くのゼミが参加し、「和食文化の復活」「夢による商品マーケティング可能性の研究」「ビジネスシーンにおける日英表現比較」などの発表が行われました。

簡単にできそうなことをするのに用いる非常に手の込んだ機械・計画・仕組みを表現する。そんな表現を実際に組み立てたり、映像やウェブで表現するコンテストはルーブ・ゴールドバーグコンテストを齋藤ゼミ主催で開催します。

2004年のお題は「10段階以上の課程を経て国旗を描こう!」です。
全国高校生対象と多摩地域大学生対象の2部門が用意されています。

詳細はホームページをご覧ください。
全国高校生対象はこちら 多摩地域大学生対象はこちら

関連情報
多摩大学齋藤ゼミホームページ

簡単にできそうなことをするのに用いる非常に手の込んだ機械・計画・仕組みを表現する。そんな表現を実際に組み立てたり、映像やウェブで表現するコンテストはルーブ・ゴールドバーグコンテストを齋藤ゼミ主催で開催します。

2004年のお題は「10段階以上の課程を経て国旗を描こう!」です。
全国高校生対象と多摩地域大学生対象の2部門が用意されています。

詳細はホームページをご覧ください。
全国高校生対象はこちら 多摩地域大学生対象はこちら