多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

ニュースリリースの記事

2003年10月に学生の相互交流について協定書を交わした、中国・天津財経大学に、4人の多摩大生が留学を開始しました。4年生1人、3年生3人が、2004年3月1日から始まった春季学期に、まず語学研修生として入学したものです。
学内にある国際交流センターに宿泊し、他国からの留学生と一緒にヒアリング、会話を含む中国語、商業中国語、中国文化などを学びます。授業についていける語学力がつけば、そのあとに本科生として会計学、金融学、マーケティング学、経済学、中国経済通商、工商管理学、情報管理、経済貿易英語などの科目を履修する道も用意されています。もちろん、単位互換による単位認定も行われます。春季学期は7月上旬に終了し、9月初旬から秋季学期となりますが、秋季学期には、さらに2人の多摩大生が留学を予定しています。

学年末休業中にネットワーク装置保守のため下記の期間
学外および学内ネットワークが断続的に停止します。

平成16年3月29日
時間:9:00から17:00の間
状況:数分から数十分間断続的に、学外、学内ネットワークの停止

以上

最新情報はMICホームページをご覧ください。

関連情報
多摩大学MICホームページ

卒業のつどい行われる

[2004年3月20日]


2004年3月20日(土),多摩大学大教室にて卒業のつどいが開かれ,284名が学窓を巣立った。
卒業生代表のお礼の言葉として曽根貴子さんは「多摩大学の4年間を誇りに思います。ロボットコンテストで作品が動いたときの喜びは大きいものでした」と思い出を語りました。式典の最後には今泉忠学部長から「あきらめたらあかん!」と卒業生に大きなエールが送られました。

多摩大学大学院研究科長河村幹夫先生が特定非営利活動法人 日本CRO協会が発行する「Relationship,Information,Sensitivity,Knowledge」に” リスクマネジメントの研究は人間心理・行動の洞察から”を寄稿されました。

開学時(1989年)に市民講座としてスタートした「多摩大学コミュニティ・カレッジ」は、今年で16年目を迎えます。今年も一般市民の方がお気軽に参加できる講座をご用意いたしました。開講予定講座は、「通常講義の公開」「中国語講座」「絵と英語で楽しむシャーロックホームズ物語」「パソコン講座」です。

日本オフィス学会(会長:沖塩荘一郎 東京理科大学教授)第5回大会 開催テーマ「オフィスルネッサンス21」が、2004年2月27日(金)・28日(土)の両日、多摩大学で開催されました。
大会第1日目27日は、品川の多摩大学ルネッサンスセンターを会場とし、当初の予想を上回る100名余りの方が参加。ルネッサンスセンターとインターシティビル内部の見学会も大変好評でした。
2日目28日、多摩キャンパスでの本大会には、産業界・実業界・学界から230名もの参加がありました。中谷巌学長・今泉忠学部長・河村幹夫研究科長らの講演のあと、各研究部会ではこれまでの取り組みと研究成果が発表され、熱心な討議が行われました。参加者からは、多摩大学のさまざまな新しい取り組みや、施設の充実さも実感したという意見が多く聞かれました。

日本オフィス学会(会長:沖塩荘一郎 東京理科大学教授)第5回大会 開催テーマ「オフィスルネッサンス21」が、2月27日(金)・28日(土)の両日、本学で開催されます。大会第一日目は、品川インターシティビル内の多摩大学ルネッサンスセンターを会場とし、二日目は、多摩キャンパスにおいて各研究部会のこれまでの取り組みと研究成果が発表されます。二日目には中谷巌学長・今泉忠学部長・河村幹夫研究科長の講演もあり、両日あわせて実業界・学界などから300名余りが参加する予定です。

 

ページトップへ