EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

2004年度の多摩大学の入試がすべて終了しました。志願者総数は1528名となり(詳細は下表参照)、昨年度比で128%の増加となりました。少子化が進み、大学受験人口が減りつつある中、「自己発見」や「イングリッシュシャワー」、「ゼミ中心大学構想」など、積極的に大学改革をはかり、大学選びの新基準を打ち出す多摩大学の教育理念が広く浸透してきた結果といえるでしょう。大学選びで重要なのは、単純に「有名校だから」「偏差値が高いから」という表面的なものではなく、自分の人生にとって「何が得られるのか」をしっかりと考えることにあります。多摩大学は自分の将来や適性をしっかり考える受験生の期待に応えるべく、専門知識以外にも、自分の生き方、学び方を「徹底した少人数による手づくり教育」の中で身につける場として、一人ひとりを徹底的にサポートしていきます。

2004年3月卒業生の全国の大学生の就職内定状況は企業の厳しい経営環境を反映してか、2003年12月1日時点で史上最低の数字(73.5%)になっている。
このような状況下で、多摩大学経営情報学部の4年生の就職内定率は、97.9%と例年通りの好調ぶりを示した。就職希望者一人一人を最後まで面倒を見るという多摩大学ならではの就職指導が実を結んでいるといえるだろう。

<2004年3月31日現在>
平成16年3月卒業生数284名、就職希望者数241名、就職内定者数236名、内定率97.9%
主な就職先:am/pmジャパン、JTB情報システム、NTTデータ、秋田銀行、旭化成ホームズ、ウシオ電機、エイブル、オリンピア、近畿日本ツーリスト、コミューチュア、サトー、巣鴨信用金庫、住商情報システム、スルガ銀行、セコム、セブン-イレブン・ジャパン、ソニーサプライチェーンソリューション、高砂香料工業、日本コムシス、日本食研、日本ヒューレット・パッカード、フォスター電機、ブリヂストンソフトウェア、フロムソフトウェア、ユニマットオフィスコ、菱友計算 他

2003年10月に学生の相互交流について協定書を交わした、中国・天津財経大学に、4人の多摩大生が留学を開始しました。4年生1人、3年生3人が、2004年3月1日から始まった春季学期に、まず語学研修生として入学したものです。
学内にある国際交流センターに宿泊し、他国からの留学生と一緒にヒアリング、会話を含む中国語、商業中国語、中国文化などを学びます。授業についていける語学力がつけば、そのあとに本科生として会計学、金融学、マーケティング学、経済学、中国経済通商、工商管理学、情報管理、経済貿易英語などの科目を履修する道も用意されています。もちろん、単位互換による単位認定も行われます。春季学期は7月上旬に終了し、9月初旬から秋季学期となりますが、秋季学期には、さらに2人の多摩大生が留学を予定しています。

学年末休業中にネットワーク装置保守のため下記の期間
学外および学内ネットワークが断続的に停止します。

平成16年3月29日
時間:9:00から17:00の間
状況:数分から数十分間断続的に、学外、学内ネットワークの停止

以上

最新情報はMICホームページをご覧ください。

関連情報
多摩大学MICホームページ

卒業のつどい行われる

[2004年3月20日]


2004年3月20日(土),多摩大学大教室にて卒業のつどいが開かれ,284名が学窓を巣立った。
卒業生代表のお礼の言葉として曽根貴子さんは「多摩大学の4年間を誇りに思います。ロボットコンテストで作品が動いたときの喜びは大きいものでした」と思い出を語りました。式典の最後には今泉忠学部長から「あきらめたらあかん!」と卒業生に大きなエールが送られました。