EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

 2004年10月20日(水)に多摩キャンパス「アゴラ111」にて中国天津財経大学の留学生との交流のつどいが行われました。
 今回の交流の集いは留学生交流サークル「tamigo(タミーゴ)」が企画運営し、20名以上の学生と学部長他教職員が集まりました。企画運営した「tamigo」の代表吉武浩平君(2年生)は交流のつどいを開いたきっかけについて、「留学生に一番必要なことは色々な人と会って話すこと。でもそれが一番難しいのです。私たちはその場を沢山作っていきたいと思っています。」と話しました。

KTC第2回行われる

[2004年10月14日]


2004年10月12日(火)に多摩大学KTC運動が行われました。
KTCとはKeep Tama University Cleanの略で多摩大学のキャンパス内だけではなく、学外の近隣住宅街のゴミ清掃を行うものです。第二回のKTCには約40名近くの学生ボランティア及び教職員が参加しました。中国天津財経大学からの留学生4名も参加し、第1回に比べ大規模な清掃作業が行われました。
学外は多摩大学学生の通学路となるバス停などはゴミのポイ捨てが多く、ゴミ袋いっぱいに拾ってくる学生もいました。
まだまだ学外のゴミの多さにはびっくりしますがが多摩大学学生以外の人にもこのKTC運動を通じてポイ捨てをやめてもらうような近隣環境作りに努めていきたいと多摩大学は考えています。
KTC運動は奇数月第二木曜日、偶数月は第二月曜日に定期的に行われています。

2004年10月12日(火)にメディア&インフォメーション・センター(MIC)主催による日経テレコン21の講習会が行われました。日経テレコン21とは日本経済新聞社が提供するビジネス情報サービスで日本経済新聞社の新聞・雑誌記事や企業情報、人事情報といった、レポートや課題制作のために有用な情報が学内であればどこからでも検索できるサービスです。この日は椎木ゼミの学生8名が参加し、今話題の新聞記事や人事情報の検索の方法を学びました。

関連情報
メディア&インフォメーション・センター

アメニティさらに向上へ
夏期休暇期間を使って行われていた、多摩キャンパス入口スロープ工事と、教室改造工事が完了し、多摩大学の学習環境、設備がさらに充実しました。教室は111・112教室、241・242教室がサイバーキャンパス構想の下で生まれ変わり、111教室の前には小規模ながら学生用のラウンジも作られました。また、学生への貸与パソコンの故障等の相談窓口でもあるMIC・MSSの部屋が、A棟2階に上がってすぐの大変分かりやすい場所に移動しました。大学として、これからもアメニティ向上につとめていくつもりです。

9月28日(火)より、品川キャンパス(品川インターシティA棟27階)で、学部授業が開始されました。品川キャンパスでは、これまで「40歳代CEO育成講座」をはじめとする高度社会人講座や、社会人対象の夜間大学院の授業が主に展開されてきましたが、いよいよ学部の授業も展開される運びになったものです。
2時限〜4時限を使って、「社会システム論」「国際経営特講 I・II 」「創造学特講 I・II 」が行われ、学部生は多摩キャンパスとは異なる、首都東京の新ビジネスゾーンの真只中という環境の下で、さまざまな刺激を受けているようです。品川キャンパスでは、今後、こうした授業の他に、専門ゼミや1つのテーマごとに結集するプロジェクトゼミなども幅広く展開されていく予定です。

関連情報
経営情報学部ホームページ