多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

2005年6月25日(土)に多摩大学多摩キャンパス242教室にてメディア&インフォメーション・センターによる公開セミナー「Wordだけで作れます!もらってうれしい おくってたのしい 季節のはがき」が行われます。
文書作成ソフトWordのみを使って簡単にカラフルなイラスト入りのはがきを作成します。Wordを使ったことのない方でもわかりやすくご説明します。
申込・詳細は多摩大学メディア&インフォメーション・センターホームページをご覧ください。

ビジネスをプロデュースできる人材を育成。
多摩大学(東京都多摩市 学長 中谷巌)は、平成18年4月より、マネジメントデザイン学科を増設し、1学部2学科体制に移る。新設されるマネジメントデザイン学科では、グローバル化している情報社会における経営の分野で求められる新しい「知」を創り出す人材、地域コミュニティでのNPOなどを含む非営利経営組織体をマネジメントできる人材、企業や社会で求められる高度な頭脳・知識型労働にたずさわる人材などの育成を図る。まさに、多様性と変化に満ちた社会でのビジネスをプロデュースできる人材の育成を目指しての新学科である。そこでは、「創造的思考」力や「論理的で深い思考」力を修得するために、構想に関する「マネジメントデザイン」や「フューチャープランニング」などの科目を設け、従来のマーケティングや戦略、国際経営などの分野での科目とを複合的・学際的に組み合わせて構成されたコースが展開される。

一方、従来からある経営情報学科では、ビジネスに関する意思決定を行い総合的にビジネスを実践・評価できる人材を育成するために、経営・経済、会計、情報デザイン、情報システム、データ分析などの科目も配置し、明確に個々人の能力が必要とされるスキル養成やキャリア養成に重点を置いたコースを展開する。これまで、毎年98%以上の就職率を誇り、産業界から高い評価を得てきた多摩大学経営情報学部は、従来より、高く評価されている経済・経営・情報・英語での基礎能力の修得をもとに、マネジメントデザイン学科の増設で、より大きな可能性を持つことになるだろう。

関連情報
マネジメントデザイン学科詳細情報

第7回KTC行われる

[2005年5月12日]

多摩大学第7回KTC運動が5月12日(木)お昼休みに行われました。
多摩大学では以前よりたばこの分煙化を徹底するとともに、ゴミやタバコのポイ捨てをなくす等、清潔で快適な学習環境作りにつとめてきました。
2004年7月からは毎月KTC(Keep Tama university Clean)運動の日を設け、学生・教職員が全学一丸となり、学内だけではなく近隣住宅街のゴミの清掃も行っています。第7回となった今回のKTCでも多くの学生・教職員が参加し、ゴミ清掃を行いました。次回第8回KTC運動は6月13日(月)お昼休みに行われます。

photo
通学路となる近隣の清掃も行いました

多摩大学大学院のホームページが4月27日(水)にリニューアルしました。大学院の特徴、教員の紹介、研究科長のコラムなど盛りだくさんです。是非ご覧ください。
多摩大学大学院ホームページ

朝日新聞社発行の「大学ランキング2006年度版 日本の大学を徹底評価」で今年も多摩大学が様々な分野で評価されました。

△ 学長からの評価 教育分野 10位、就職指導15位
△ 高校からの評価 生徒に勧めたい 62位
△ IT環境(学生1人あたり) パソコン設置台数55位
  LAN接続台数 53位
△ メディアへの発信度(経済誌) 学部・研究科 33位

※全国 687大学のランキング

2005年度のルネッサンスセンターにおける社会人教育が5月から始まります。4期目を迎える「40歳代CEO育成講座」の準備も順調に進んでいます。この講座は日本を代表する企業の40歳前後の選び抜かれた精鋭が相集い、知的な格闘を行う一年間の「リーダーシップ」研修です。将来はCEO(最高経営責任者)になるために、「本質を見抜く力、高い志、尊敬される人間」を創り出そうとしている極めてチャレンジングな研修です。続いて「異業種企業家塾」春コースが6月にスタートします。これは30歳代半ばの管理職層の精鋭に経営者マインドをセットする3ヶ月研修です。その他6月から「ロジスティクス戦略会議」が4期目に入ります。ロジスティクス経営のあり方や大学院「ロジスティクス経営コース」のカリキュラムの検討を行います。また7月から「経営戦略研究会」が始まります。これは企業経営者や学識経験者を招き、経営の最先端の研究を行うものです。何れも、社会人と大学が連携して執り行なうルネッサンスセンターの活動です。

2005年4月13日(水)に天津財経大学留学生との交流のつどいが行われました。留学生との交流サークル「Tamigo(タミーゴ)」が主催したもので、多くの学生と教職員が参加しました。

 

ページトップへ