多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

2月19日に、多摩大学ルネッサンスセンターが主催する「第3期40歳代CEO育成講座」の最終発表会が終わり、24名の精鋭たちが巣立っていきました。
最終発表会では、社長を前にして「自社の構造改革」を提案しました。改革提案するということは、現在社長が進めている経営戦略を否定することになります。まさにトップと対決する場が設けられ、喧喧諤諤の議論が展開されました。
平日は派遣元企業(参加企業は総て東証一部上場会社)でほとんどが部長職として忙殺されている中での研修だけにまさに戦いであったと思います。気力、体力が充実していないととても乗り越えることのできない壁のような一年間だったのではないでしょうか。
西洋、東洋哲学、イスラムを中心とした宗教問題、民主主義、日本国憲法、日本文化など、日頃、接しているようで本気に考えることの少ない問題を徹底的に議論し合いました。その議論の中心には「構造問題を捉える」ことが常に根底にあります。このようなアプローチは結局のところ自分の中にぶれない軸を見つけることになるからです。家族でも、学校でも、どのような組織であっても人の上に立つということは、リーダーシップが必要です。言い換えると善悪は別として加害者になるわけです。軸がぶれると引き連れていく人々を迷わせたり、不幸に陥れることになります。
この一年間の教育は40代のいい大人が、改めて大学の教養科目を勉強しなおしたと言っていいかもしれません。それは何千、何万の従業員のトップを目指す人間に必要不可欠な「グローバルに通用する自分軸の探求」の旅だったのです。

多摩大学ルネッサンスセンター
助教授・チーフディレクター 小川尚登

2005年2月14日〜18日の4泊5日でスキー・スノーボード実習が長野県菅平高原スキー場で行われました。この実習はスポーツ I・IIの単位が修得できます。スポーツ I・II の授業ではスキー・スノーボードの他にテニス、バスケットボール、ゴルフなどの実技が行われ、『「生涯にわたってスポーツ文化とかかわり合うことで人生の価値を高めていくこと」に必要な知識やスキルを学ぶこと』が目的となっています。今年は1年生から4年生まで23名の参加がありました。インストラクターによる実技指導を行い、スキー・スノーボード以外にもクロスカントリーやスノーバイクなどにもチャレンジしました。

2005年1月13日(木)にKTC運動の第4回目が実施されました。KTCとはKeep Tama University Cleanの略で多摩大学のキャンパス内だけではなく、学外の近隣住宅街のゴミ清掃を行うものです。第4回をもって2004年度の活動を終了しました。2004年10月から実施された運動には学生、教職員を含めて述べ120名以上が参加しました。2005年度も4月より毎月1回(奇数月第二木曜日、偶数月第二月曜日に実施)にKTC運動を実施していきます。多摩大学ではこれからもより快適な学習環境作りと地域の美化につとめていきます。

2005年1月8日(土)に多摩キャンパス211教室で自己発見II「最終発表会」が行われました。
自己発見IIでは全員必修の自己発見Iを通じてもっと深いレベルで自己発見を続けたいという少人数の学生と中谷学長が、宗教がもつ意味、民主主義と個人、日本の社会構造、憲法や日本経済における「2010年問題」など様々な問題について徹底的に議論してきました。
「最終発表会」では中谷学長を始め多くの先生達が学生達の発表を熱心に聞き入っていました。27人の学生それぞれが「私の自己発見」をテーマに、大学生活だけではなく、生きていく上での『アクションプラン』を発表し、「アジアの中心の日本でリーダーシップ力を身につけたい。」「志を持ち続ける。」といった自己発見IIを通じて発見した”気づき”、”目標”を発表しました。
中谷学長からは「自己発見はこれが終わりではない。”気づき”を得た君たちが大学、そして社会をを引っ張っていってほしい」と語りました。

2004年12月21日(火)に多摩大学の学生有志が参加するバスケットボール「野田杯」の決勝戦が多摩キャンパスアリーナにてが行われ、「チームつよし」が優勝しました。
バスケットボール「野田杯」は毎年2回6月と11月に学生主体で行われています。多摩大学ではバスケットボール以外にもテニスの多摩大オープンなど様々な大会が行われています。

図書館の学生スタッフが主催した第3回読書コンクール「中谷賞」の受賞者が決定しました。応募総数は18編あり、学生スタッフと教職員により一次選考が行われ、特別賞は出原先生が、中谷賞・優秀賞は中谷巌学長が最終選考したものです。

中谷賞:石塚 泉 さん
優秀賞:相良 勉 さん 佐藤 擁 さん
特別賞:笠原 瑶子 さん

表彰式は12月20日(月)に行われ、中谷学長より寸評がなされた後、受賞者に賞状と商品が手渡されました。中谷賞は図書館学生スタッフがその年度の学園祭に出店したフリーマーケットの売上金をもとにして、学生らに図書館や読書への関心を高めるために企画したものです。

 多摩大学野球サークル「多摩大ギグルス」が12月19日(日)に行われた多摩市市民体育大会三部の軟式野球連盟秋季大会で見事優勝しました。
 多摩大ギグルスの16名のサークルメンバーは学内だけでは練習するスペースが足りないため、近隣の中学校の校庭を借りるなど地道な練習を重ねてきました。今回の優勝はその成果の賜物といえるでしょう。

 

ページトップへ