多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

2004年4月19日「自己発見」第2回講義に特別ゲスト講師としてアルピニストの野口健さんが登場。「富士山から日本を変える」をテーマに自らの自己発見について熱いメッセージを伝えてもらいました。
野口健さんは25歳でエベレスト登頂に成功し、当時正解最年少で7大陸最高峰登頂を達成しています。世界中から集まった登山隊の中でエベレスト登山を通じて日本ということを強く意識するようになりました。それは写真やテレビではそれまで決して描かれることのないゴミの山でした。他の国から来た登山隊のメンバーから「日本は経済は一流かもしれないが文化・マナーは三流だ」「ヒマヤラをマウント富士のようにするな」と言われ日本を否定されたような気がしたそうです。ただ、そこで感じたのは環境に関心のある国の山はとてもきれいであるということ。このゴミは日社会の縮図ではないかと気づきました。そして、日本の環境問題も「富士山」から変えていこうと決心しました。
講義の中では登山の苦労話だけでなく過酷な世界でのチームワークというのはどういう事なのか、エベレスト登山というグローバルな世界の中での日本がどのように評価されているか、なぜエベレストや富士山の清掃登山を始めようと決心したのか、富士山を変えるためにはどうしたらいいのか、など野口さんの体験が生々しく語られました。
多摩大学に入ってまだ2週目の学生たちに対して高校まででは決して行われてこなかった「自己発見」というテーマに野口健さんの強烈なメッセージがつきつけられた日となりました。これから自己発見ではフィールドワークを通じて多摩の問題について徹底的に考えていきました。今回の野口さんのメッセージが学生たちにどう影響されていくのか楽しみです。

卒業のつどい行われる

[2004年3月20日]


2004年3月20日(土),多摩大学大教室にて卒業のつどいが開かれ,284名が学窓を巣立った。
卒業生代表のお礼の言葉として曽根貴子さんは「多摩大学の4年間を誇りに思います。ロボットコンテストで作品が動いたときの喜びは大きいものでした」と思い出を語りました。式典の最後には今泉忠学部長から「あきらめたらあかん!」と卒業生に大きなエールが送られました。

開学時(1989年)に市民講座としてスタートした「多摩大学コミュニティ・カレッジ」は、今年で16年目を迎えます。今年も一般市民の方がお気軽に参加できる講座をご用意いたしました。開講予定講座は、「通常講義の公開」「中国語講座」「絵と英語で楽しむシャーロックホームズ物語」「パソコン講座」です。

日本オフィス学会(会長:沖塩荘一郎 東京理科大学教授)第5回大会 開催テーマ「オフィスルネッサンス21」が、2004年2月27日(金)・28日(土)の両日、多摩大学で開催されました。
大会第1日目27日は、品川の多摩大学ルネッサンスセンターを会場とし、当初の予想を上回る100名余りの方が参加。ルネッサンスセンターとインターシティビル内部の見学会も大変好評でした。
2日目28日、多摩キャンパスでの本大会には、産業界・実業界・学界から230名もの参加がありました。中谷巌学長・今泉忠学部長・河村幹夫研究科長らの講演のあと、各研究部会ではこれまでの取り組みと研究成果が発表され、熱心な討議が行われました。参加者からは、多摩大学のさまざまな新しい取り組みや、施設の充実さも実感したという意見が多く聞かれました。

日本オフィス学会(会長:沖塩荘一郎 東京理科大学教授)第5回大会 開催テーマ「オフィスルネッサンス21」が、2月27日(金)・28日(土)の両日、本学で開催されます。大会第一日目は、品川インターシティビル内の多摩大学ルネッサンスセンターを会場とし、二日目は、多摩キャンパスにおいて各研究部会のこれまでの取り組みと研究成果が発表されます。二日目には中谷巌学長・今泉忠学部長・河村幹夫研究科長の講演もあり、両日あわせて実業界・学界などから300名余りが参加する予定です。

簡単にできそうなことをするのに用いる非常に手の込んだ機械・計画・仕組みを表現する。そんな表現を実際に組み立てたり、映像やウェブで表現するコンテストはルーブ・ゴールドバーグコンテストを齋藤ゼミ主催で開催します。

2004年のお題は「10段階以上の課程を経て国旗を描こう!」です。
全国高校生対象と多摩地域大学生対象の2部門が用意されています。

詳細はホームページをご覧ください。
全国高校生対象はこちら 多摩地域大学生対象はこちら

2004年1月28日(水)に多摩大学ルネッサンスセンターオープニング記念セミナーが開催されました。ルネッサンスセンターが渋谷から品川インターシティA棟27階に移転して最初のイベントで91名もの参加者があり、熱気あふれるセミナーとなりました。今回のセミナーでは「新たな産学連携の可能性を求めて」というテーマで中谷巌学長、河村幹夫大学院研究科長、今泉忠経営情報学部長の講演が行われ、セミナー終了後にはお台場、レインボーブリッジの夜景を望むラウンジで懇親会も行われました。

 

ページトップへ