多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

イベントの記事

2005年5月30日(火)、多摩キャンパスにてアルコールパッチテストキャンペーンが実施されました。このキャンペーンは今回で5回目。学生47名、職員2名が参加しました。実際にアルコールパッチをつけて自分のお酒に対する体質を調べます。自らのアルコールに対する体質を知ることによって上手にお酒とつきあえるようになります。

photo
パッチテストの様子

関連情報
学生生活支援センター

2006年5月20日(土)に多摩大学多摩キャンパスアリーナで経営情報学部主催ホームゼミ、イングリッシュシャワークラス対抗「ドッヂボォル大会」が行われました。
この大会は多摩大学経営情報学部の学生同士、教員との親睦を深めることを目的として開催されました。酒井ゼミが事務局となり、2年生はホームゼミ、1年生はイングリッシュシャワー授業クラスで約10人のチームを作り、総勢400人以上の学生、教員が参加しました。
午前中から予選が行われ、統一コスチュームで参加するチームや教員選抜チームには、観客から大きな声援がアリーナに響き渡っていました。決勝戦ではESJクラス「さくちゃんと愉快な仲間達」チームと、ES9クラス「ごみ箱か、んだ」チームが対戦し、見事「さくちゃんと愉快な仲間達」チームが優勝を飾りました。

photo
大勢の参加者が集まったアリーナ

photo
教員チームも参加

高校生・大学生対象「第3回ルーブ・ゴールドバーグ・マシンコンテスト」の作品を募集中です。ルーブ・ゴールドバーグは、産業革命のあと急速に発展した機械文明を皮肉って、単純に出来る物事をわざわざ多数の過程を要して行う絵を描いていた作家で、その名をとって簡単に出来ることを非常に複雑にした機械・装置を実際に作ってみようというコンテストです。今年のテーマは『くす玉を割る』です。現在ホームページで募集要項を公開中です。

関連情報
第3回ルーブ・ゴールドバーグ・マシンコンテスト

2006年4月26日(水)に多摩キャンパスにてバイク安全運転講習会が行われ、30名の学生が参加しました。バイク安全運転講習会は毎年2回、多摩中央警察署と多摩ドライビングスクールにより行われます。多摩大学へのバイク通学者は必ず参加が義務づけられています。講習会参加者はバイク事故を未然に防ぐ為に真剣に聞き入っていました。

photo
説明に真剣に聞き入る参加者

photo
実技指導も行われた

2006年度KTCスタート

[2006年4月11日]


多摩大学第13回KTC運動が4月11日(火)に行われました。当日は多くの学生・教職員が参加し、学内のゴミ清掃を行いました。次回は2006年5月11日(木)に行われます。

photo
KTCの様子

~青い空は青いままで、子供たちに伝えたい~

“ゼミ中心大学”を掲げる多摩大学には一つのプロジェクトを始めから終わりまで企画運営するEXゼミが数多く開講されている。そんな中、「多摩地域を元気にしたい!!」という”志”を持った学生達と松本祐一先生(多摩大学総合研究所助教授)がEXゼミ『永山団地探検隊』を立ち上げた。
地元住民とのヒアリングや、フィールドワークを通して、高齢化の進む多摩大学地元の永山・諏訪団地をどう元気にすることができるのかを検討し、『永山団地探検隊』を結成した。そして、永山・諏訪団地を舞台にした、地域の宝探しイベント「団地遊道楽 (だんちあそびどうらく) In 永山・諏訪」を2006年3月25日(土)に開催することになった。このイベントは近隣住民や学生が数人でチームを組み、永山・諏訪の公園や商店に設定したチェックポイントをまわりながら、チームごとに与えられたテーマ(「街の休息場所」「春」)で、地域の宝をさがして、それを地図に書き込み、写真をとる。最終的には、全チームの地図を集めて、まとめることで、新しい永山・諏訪の地図を作成することになる。地元のよさを再発見してもらい、団地外からも人を集め、永山・諏訪団地への住み替え促進及びコミュニティの再生・活性化を目指す。
イベントを開催するにあたり、多摩大学のEXゼミ生の他に、スタッフとして他大学の学生もボランティアとして参加してもらう。公民館や地元活性化の活動をしているNPO団体にも協賛してもらうなど多摩大学の授業の枠を超えたプロジェクトとなっている。
「青い空は青いままで、子供たちに伝えたい!」という松本先生、ゼミ生達の熱き”志”が一つの形となり、これからの多摩地域の発展に貢献していくだろう。

photo
大学近くの公民館で開かれたイベント説明会の様子

関連情報
永山団地探検ホームページ

多摩大学経営情報学部後援会セミナーが2006年2月28日(火)に多摩大学品川サテライトキャンパス(品川インターシティA棟27階)で行われ、63名の後援会会員が出席しました。
野田稔助教授による講演「”想定外”のキャリアデザイン」が行われ、ズームイン!!SUPERレギュラーコメンテーター、リクルート社フェローそして多摩大学ではキャリア支援担当教員として活躍する野田先生の軽快な語り口に多くの参加者が魅了されました。また、講演会終了後の懇親会にも多くの会員、教職員が参加し、盛況のうちに終了しました。

photo
講演会セミナーの様子

 

ページトップへ