多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

多摩大学は、多摩信用金庫(本店:東京都立川市、理事長:八木敏郎)と10月28日(水)に包括連携協定を締結しました。同庫とは、2010年10月に多摩市を含めた三者による「多摩市創業支援事業連携協定」の締結を皮切りに、これまで地域や事業者の抱える様々な課題の解決に連携しながら取り組んでまいりました。
今回、魅力にあふれ活気ある持続可能な多摩地域を創っていくため、多摩地域の企業・事業者、地方公共団体、商工団体、観光団体、教育機関、中間支援機関等との連携を進め、地域の課題解決に取り組んでいる同庫との連携体制を強化し、緊密な連携を図ることで多摩地域の明るい未来の創造に向け、相互に協力し、課題解決に取り組んでまいります。

<包括連携協定の概要>
1.目的
相互に緊密な連携を図ることにより、多摩地域の発展や産業振興に貢献するため。

2.連携事項
・多摩地域の課題解決に資する連携事業
・多摩地域の企業・個人・団体等の課題解決に資する連携事業
・多摩地域及び企業・団体等に関する共同研究
・その他、合意した事項

<これまでの主な連携>
・「多摩市創業支援事業連携協定」を締結(2010年)
・「多摩地域の採用実態調査」を実施(2011・2012・2014・2016年)
・「創業支援センターTAMA」発足、副センター長として松本教授(経営情報学部)が就任(2013年~現在)
・「たましん新春講演会」にて寺島学長が講演(2014年~現在)
・寺島学長、松本教授が「多摩ブルー・グリーン賞」選考委員に就任(2019年~現在)
・「緊急企画寺島実郎氏×八木敏郎スペシャル対談」を実施(2020年)

以上

八木理事長と寺島学長
八木理事長と寺島学長

令和2年10月11日(日)にベネッセ・ホールディングス東京本部(東京都多摩市)で行われた「健康まちづくりシンポジウムオンライン~多摩市で叶う、新しい健幸!ワーク~」 へ本学の経営情報学部 教授 長島剛が有識者として多摩市の阿部市長とともにパネルディスカッションを行いました。

多摩市役所ホームページ
https://www.city.tama.lg.jp/0000011880.html
※YouTube多摩市公式チャンネルで視聴も可能です。

9月4日(金)、多摩大学にて京王観光株式会社の方々(2名)、経営情報学部ながしまゼミの2年生(1名)、長島剛教授、中村その子教授、松本祐一教授、野坂美穂准教授、産官学民連携センター事務課職員(5名)が参加し、事業創出から共同研究まで多摩地域の観光ビジネスを盛り上げるための意見交換会を開催しました。

今後は、地域資源を活用した観光集客力の向上や学生の学びにつながるプロジェクトの立ち上げを目標とし、将来的に学生の人材育成から就職につながる構想の実現へ向けて本活動を継続していきます。

8月26日(水)に開催された立川市主催「子ども・若者自立支援ネットワーク会議および支援者研修会」にて本学経営情報学部事業構想学科の2年生(ながしまゼミ所属)が多摩大学ながしまゼミ・明治大学奥山ゼミ・明星大学鵜沢ゼミ・都立秋留台高等学校・都立八王子拓真高等学校・都立砂川高等学校が主催している「高大生のためのオンライン会社見学会」の紹介および活動報告を行いました。

「高大生のためのオンライン会社見学会」は、主催学校の該当ゼミ生及び高校の教職員等を対象に首都圏にある優良企業の会社見学会を全7回シリーズで開催し、就活や会社研究など、様々な角度から参加企業とオンラインを通じて交流します。

当日は第3回目となる京西テクノス株式会社様(本社:多摩市)を訪問し、会議の参加者にはZoom会議を活用しながらリアルタイムで会社見学会の様子をご覧いただきました。

立川市では社会生活を円滑に営む上で困難を抱える子ども・若者を教育、福祉、保健・医療等様々な分野によるネットワークを活用して、支援機関・団体が実施する適切な事業へつなぐ活動を行っています。

今回の活動が若者たちが企業を知る良い機会となり、これからの就職活動の糧になればと願っています。

7月29日(水)長島剛ゼミの授業内で京王観光株式会社の城戸様、土橋様をお招きし、「観光とスポーツ」をテーマに学生7名(長島ゼミ、インターゼミ)、教職員3名、オンライン受講者約20名が参加し、多摩地域の活性化のための意見交換会を行いました。

京王グループ、京王観光株式会社様のご紹介をいただいた後、地域貢献という企業理念のもと観光業分野(インバウンドや国際交流、多摩地域の観光による地域活性化)やスポーツ分野(多摩地域にあるスポーツチームや中央競技団体の発展)において大学と連携し、課題解決を図ることが目標であるとのご説明をいただきました。

また、学生からの質問に対し、新型コロナ禍対策で検討できる新しい事業や就職活動に役立つ率直なお話を伺うことが出来ました。

本学の学生からは、若者の視点から見た「多摩地域の観光スポット」探しやSNSを通じた情報収集等をすることで新しい発想から観光業を盛り上げることができるのではないかとの提案がありました。

今後、定期的な意見交換会で課題解決に向けて具体的な話し合いを行い、プロジェクトの立ち上げを目指していきます。

来る7月26日(日)14:30~16:00 zoomでディスカッション『コロナと共生~藤沢の未来を考えよう』と題し、地域連携型市民講座を開催いたします。
諸情勢と皆様の安全を鑑み、インターネットを用いた遠隔方式での実施といたします。
パソコンやスマートフォンをお持ちであれば初めての方でも安心してご参加いただけます。

zoomへの接続の事前練習も予定しておりますので、これを機に奮ってのご参加をお待ちしております。

参加費無料

詳細はこちら(PDF 511KB)

多摩市・多摩大学・多摩信用金庫は、これまでの創業支援施設の運営を軸とした支援からシフトし、新たに多摩市の創業支援・ビジネス支援を推進する枠組みと市内で創業支援やビジネスサポート活動を行う事業者を支援する仕組みの構築を、三者で連携し進めます。

令和2年3月31日付けで、これまでの連携協定書の内容を見直し、「創業支援・ビジネス支援事業に関する連携協定書」を新たに締結しました。

詳細はこちら(PDF 219KB)

お問い合わせ先
多摩大学 産官学民連携センター事務課
TEL:042-337-7583 FAX:042-337-7100
E-mail:tcolla-jm@gr.tama.ac.jp

 

ページトップへ