多摩大学 現代の志塾

ニュースリリース

TOPニュースリリース

産官学民連携の記事

9月24日、アクティブ・ラーニングプログラム「多摩ブルー・グリーン倶楽部会員企業レポート」(担当教員:長島剛、松本祐一、浜田正幸、内藤旭惠、履修人数:6名)のこれまでの事前学修、取材、執筆活動の振り返りを行い、各チームからの発表と担当教員らからのコメントがありました。

各チーム(チームワトソン君、チーム多摩カンパニー、知るぜ多摩)から今回のプログラムを通して学んだことや振り返りについて発表があり、「目標達成に向けたチームワークの重要性や各自でしっかりと責任感と持つことの大切さを学ぶことができた」「取材した内容を伝わる文章にする力が必要だった」「事前学修でインタビューのコツを学んだので、企業の社長の方々から為になる話を伺うことが出来た」などの感想がありました。

担当教員からは、「今回は、通常の授業では学べない達成感を得られるプログラムであった。自分が仕事をすることで喜んでくれる人がいることを知ることが出来たことは大変価値のある経験であり、この経験を活かして今後の大学生活を送って欲しい」とのコメントがありました。

多摩信用金庫の方からは、「学生の皆さんに多摩地域の企業を知ってもらう機会となったことが大変有意義であったと感じています。今回のプログラムは、弊庫の新人研修と同様の内容だったにもかかわらず、学生の皆さんが一生懸命取り組んできた結果、初回授業からの成長を感じることが出来ました」との温かいコメントをいただきました。

最後に多摩信用金庫の方、教職員、参加学生で投票を行い、初回の授業から一番成長を感じることが出来たと評価を受けたチームワトソン君が優秀チームに選ばれました。
優秀チームに選ばれたチームワトソン君の学生は、12月に本学で開催するAL発表祭にて発表を行います。

学生が作成した企業レポートは下記URLから閲覧が可能です。
多摩ブルー・グリーン倶楽部ホームページ
https://www.tamashin.jp/bg-club/download/index.html

  • チーム多磨カンパニーの発表
    チーム多摩カンパニーの発表
  • 知るぜ多摩チームの発表
    知るぜ多摩チームの発表
  • 優勝チームのワトソン君
    優秀チームのワトソン君
  • 集合写真※撮影時のみマスクを外しています。
    集合写真※撮影時のみマスクを外しています。

経営情報学部の授業「ブランドマネジメント」(担当教員:内藤 旭惠)の受講生から希望者10名が集まって、多摩大学と地域をPRするための高級ボトルティー(緑茶)の商品開発を行いました。

本企画は、多摩大学、有限会社松澤園(埼玉県)、JAおおいがわ(静岡県)、株式会社下堂薗(鹿児島県)の4者連携プロジェクトとして2021年度5月から始動し、約4ヶ月をかけて2種類(狭山茶、岡部玉露)の高級ボトルティ―を完成させました。

学生たちは、「誰の」「何のため」につくるのかという目的・方向性を決めるため、多摩地域の歴史を辿ったり、様々な情報収集や分析を行ったりしました。

そして、企業の方からマーケティングのアドバイスをいただきながら「えにし(縁)ブランド」を発案、デザインやロゴを考えたり、茶葉の選定と調合を行ったりして、自分たちだけのオリジナルブレンド茶を作りあげました。

参加学生は、イメージやアイデアを実際に商品として形にすることがいかに大変であるかを感じ、商品企画をしてから販売するまでのプロセスを実践したことで、プロジェクトのマネジメントやビジネスとしてのマーケティングを学ぶことができました。

多摩大学では、このような実践的な活動を通して地域活性化の学びを進めていきます。

  • 「えにし」ブランド茶
    「えにし」ブランド茶
  • 打ち合わせの様子
    打ち合わせの様子

多摩大学では、9月2日に一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事河野初江様にお越しいただき、7月1日に実施した1日目に引き続き、「自分史」作成講座(2日目)を開催しました。

今回は、6名の地域の方々にご参加いただき、自分史の手順、プラン、構成を考えた上で各自発表を行いました。
河野様より“読まれる原稿であるための書き方のコツ”をご教授いただき、自分らしい自分史スタイルを形に残す準備が整いました。

参加した方からは、「自身のこれまでの歩みを振り返ることで新しいことにチャレンジする良い機会となりました」、「自分の長所や短所、価値観を見直すことができ、自分を知ることができました」との感想をいただきました。
多摩大学では、ジェロントロジー(大都市郊外型高齢化に立ち向かう高齢化社会工学)を掲げる大学として、今後とも、地域の皆さまの心豊かな生活にお役立てできるような企画を実施して参ります。

  • 講座の様子
    講座の様子
  • 講師の河野初江先生
    講師の河野初江先生

9月3日、多摩市・稲城市・京王観光株式会社・多摩大学総合研究所連携事業の「多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト」タマリズム活動支援金審査会を稲城市地域振興プラザ(東京都稲城市)にて実施しました。

当日は、同コンテストに応募した大学から21チーム76名(学生)が任意参加し、企画書の説明を行い、審査員による質疑応答が行われました。

課題解決力、継続性、地域活性化、コロナ対策、SDGs、創意工夫、熱意・意欲などの項目に基づいて総合的に審査した結果、上位10チームに活動支援金として10万円を支給し、プロジェクト活動を応援します。
今後は、2022年2月にかけてフィールドワーク(実証実験期間)を行います。

同プロジェクトは、多摩大学総合研究所が実行委員会として携わっており、経営情報学部 長島 剛ゼミが企画しています。

多摩地域マイクロツーリズムホームページ
https://tamarism.com/contest2021/description.html

  • 学生による企画書説明
    学生による企画書説明
  • 学生による企画書説明
    学生による企画書説明

第48回藤沢JC杯小・中学生サッカー大会が、7月30日(金)~8月1日(日)、藤沢市の秋葉台公園球技場を中心会場として開催されました。1974年(昭和49年)から数えて第48回目となる藤沢市内で最も歴史のある大会です。藤沢青年会議所(Junior Chamber、JC)が、市内小中学校のサッカー指導者らとともに実行委員会を設け運営してきているものですが、昨年は新型コロナウイルス感染症のまん延防止のため中止されたため、2年ぶりの開催となりました。本学グローバルスタディーズ学部(SGS)は、2018年度の第45回大会より学生が実行委員会に加わって、大会の企画・運営に関わってきています。本年は、4~5月に行った学内募集により合計11人(3年5人、2年4人、1年2人。男8人、女3人)が応募し、実行委員としてJC関係者らに交じって大会の企画・運営に当たりました。

大会プログラムの表紙の選定を含む、毎月の実行委員会に参加するとともに、特に3日間に及ぶ試合日においては、会場設営、また試合中のフェアプレーに対して発行するグリーンカード対象選手の選定、サイドイベントなど、3年の網野開斗君・井原隆登君・小林匠汰君、2年の久保木真歩さん、1年の佐藤夏維君、髙橋晟君ら6人のSGS生が多摩大シャツを着て大会運営に幅広く関わりました。また猛暑の中、小学生男子決勝戦と中学生男子決勝戦の間に行われた審判員等教員チームとの交流試合にJCチームメンバーとして出場し、地域との交流と大会の盛り上げに協力しました。

企画・運営に関わった大会の成功への貢献だけではなく、二回り上の世代で、仕事を持ちつつ地域社会活動を行う青年会議所メンバーとの交流は、短期的にも中長期的にも参加学生に影響を及ぼすでしょう。学生には、子供たちの笑顔が良かった、来年も参加したいとの声がありました。SGSは、引き続き藤沢・湘南地域における活動に積極的に関わっていきます。

  • 大会プログラム表紙
    大会プログラム表紙
  • SGS関係者(左から、筆者橋詰、小林、久保木、網野、井原、髙橋、佐藤)
    SGS関係者(左から、筆者橋詰、小林、久保木、網野、井原、髙橋、佐藤)
  • グリーンカード審査中
    グリーンカード審査中
  • 交流試合中
    交流試合中
  • ハーフタイム
    ハーフタイム
  • ハーフタイムに杉山実行委員長と談笑
    ハーフタイムに杉山実行委員長と談笑

8月3日多摩市・稲城市・京王観光株式会社・多摩大学総合研究所連携事業の「多摩地域マイクロツーリズムプロジェクト」タマリズムマッチング会を京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターのアウラホールにて実施しました。

本プロジェクトは、地域における実用可能なマイクロツーリズムプランの構築から、継続性のある地域活性化を目指し、学生を企業や自治体のハブ役とすることで、コロナ禍で活動が狭められている意欲ある学生に活動フィールドを提供し、地域で挑戦する学生の取り組みを応援します。

当日は、同コンテストに応募した大学から28チーム66名(学生・教員)が参加し、企業・自治体から40団体87名の方にお越しいただきました。

くじ引きで決めた偶然マッチング、企画内容のプレゼンテーションによるチーム紹介、自治体、観光協会、企業の方に学生ブースにお越しいただく自由マッチングを行い、実現性を高めるための交流を図ることができました。

同プロジェクトは、多摩大学が協力委員として携わっており、経営情報学部長島剛ゼミが企画しています。
当日は、長島ゼミの学生が運営担当の一員として責任を持って業務に携わりました。

次回は、9月3日 (金)タマリズム活動支援金審査会を実施いたします。

多摩地域マイクロツーリズムホームページ
https://tamarism.com/

  • 長島ゼミの学生による司会
    長島ゼミの学生による司会
  • 学生ブース
    学生ブース
  • 稲城市、タマリズム、多摩市のポスター
    稲城市、タマリズム、多摩市のポスター
  • スタッフ集合写真※撮影時のみマスクをはずしています
    スタッフ集合写真※撮影時のみマスクをはずしています

7月30日、アクティブ・ラーニングプログラム「多摩ブルー・グリーン倶楽部会員企業レポート」の6月から7月にかけて行った第1クールの取材と執筆活動の振り返りを行い、各チームのプレゼンテーションと学生、教員からの質疑応答を行ったあと、担当教員からのコメントを得て、次回の準備に備えました。

各チーム(チームワトソン君、チーム多摩カンパニー、たまスポ、知るぜ多摩)から「取材の時間があっという間で予定の質問ができなかった」「執筆にかける時間が足りなかった」「写真を撮るタイミングが難しかった」などの反省点や「チームの打ち合わせ時間を作るために各自のアルバイト調整をするなど、常にメンバー同士で情報共有をしました」「メンバー同士でじっくり話し合ったことで社長の人柄を引き出すことに重点を置くという中心(核)となる質問を決めることができました」との良かった点について発表がありました。

また、各担当教員から下記のコメントや質問がありました。

浜田教授:「レポートの仮説を立てることが大切です。出来上がりをイメージすることでオリジナリティのある質問につながっていきます」

松本教授:「予定していた質問から話が広がり、社長が事業を始めたきっかけまで話を引き出すことができたので、想定していないことも前向きに捉えることが出来ればよいと思います」

内藤准教授:「時間のスケジュール管理の必要性について事前準備の徹底が取材、執筆の成功につながります」

西村准教授:「企業の社長へインタービューをしたことで考えが変わったことがありますか」との質問に対して、学生から「取材を進めていく中で、社長であるような人は、物事を論理的に考えて的確に実行する能力を持っているということを実感することができました」との回答がありました。

授業の総括として長島教授より「どのチームも経験したからこその「気づき」や「学び」があり、成長することができました」とのコメントがあり、学生は、本日の振り返りを活かして次回の第2クールの取材について準備を進めています。

  • チームワトソン君の発表
    チームワトソン君の発表
  • チーム多摩カンパニーの発表
    チーム多摩カンパニーの発表
  • たまスポチームの発表
    たまスポチームの発表
  • 知るぜ多摩チームの発表
    知るぜ多摩チームの発表
 

ページトップへ