多摩大学 現代の志塾

徹底分析。多摩大の志
情報セキュリティの専門家として、世界最先端の技術にチャレンジ! NTTコムウェア株式会社 藤田 倫太朗

2009年3月経営情報学部卒業。2009年4月、インターンシップを通して職場環境に魅かれたNTTコムウェア株式会社に入社。システムエンジニアとして、主に情報セキュリティ分野でコンサルティング、セキュリティ機能開発、基盤構築などに従事。2018年から米 カーネギーメロン大学大学院へ留学予定。

Interview

学生時代に取り組んだこと

学生時代に取り組んだこと大学時代に最も力を入れて取り組んだことは、出原至道ゼミでの活動です。毎日のようにゼミ室に篭って自分やゼミの仲間の研究内容についての相談や、チームを組んで「NHK学生ロボコン」、「IVRC(学生対抗手作りバーチャルリアリティコンテスト)」に向けてモノ創りをしていました。特に印象的だったことは、国内外のVR(バーチャルリアリティ)コンテストへの参加です。技術を学び、その技術を用いて課題を解決しながら新しいアプリケーションを開発。自分のアイディアが形になったときの喜びや、全国大会で優秀賞を受賞したときの達成感は今でも忘れられません。さらに、フランス Laval で行われるヨーロッパ最大級のバーチャルリアリティの祭典「Laval Virtual」への招待展示という栄誉を獲得し、海外の学生や研究者と交流できたことも思い出に残っています。先生と仲間に囲まれながら常に改善を考え、自身のスキルを向上させながら、アウトプットを洗練していけた環境は貴重でした。


社会人になって想うこと

社会人になって想うこと情報セキュリティ分野の専門家として、顧客の要望は何かを考え、それを叶えるためにはどうすればよいのかを考え抜く上で「自ら手を動かし、納得するまで突き詰めて考えること」、「好奇心・探究心を忘れずにチャレンジを継続すること」、「他の分野の仲間と協業すること」は、必須です。一人では難しいことを達成できたり、他者と関わることで自分もより成長できる点で、「協業」は特に重要と感じています。サイバーセキュリティの重要性はますます高まっており、様々な視点から対策をするためには、より体系的・実践的に学ぶ必要があると考え、来年度からコンピュータサイエンスとサイバーセキュリティの最先端を学ぶことができる大学院(兵庫県立大学とCarnegie Mellon University Information Networking Institute)に留学を決めました。世界で通用する技術者になり、NTTグループを牽引していけるようになりたいと思っています。


思い出の一枚
フランスで開催された「Laval Virtual」招待展示
フランスで開催された
「Laval Virtual」
招待展示

フランス西部・ラヴァルで行われるヨーロッパ最大のバーチャルリアリティの祭典「Laval Virtual」に招待出展したときの写真です。テレビメディアをはじめ、世界中から多くの学生・研究者が集まる会場で、アプリケーションの説明を行って体験をしてもらい、高い評価をいただきました。初の海外活動でしたが、現地の学生や研究者と交流し、肩を並べることができたのは貴重な体験でした。

コレが私のマストアイテム
語学力向上に
欠かせないiPod
語学力向上に
欠かせないiPod

10年以上前に買ったiPodです。高校時代から使っていましたが、今でも英語力アップのためのリスニングやボキャブラリー強化に活用しています。アメリカ留学の受験準備では月に100時間以上の勉強をする必要があり、通勤時間でさえも無駄にはできませんでした。混んだ電車でもこれならサイズもぴったりで、私にとって一番手放せないアイテムです。



ご登場いただいた方々の所属や肩書きなどは取材当時のものです:このインタビューは2017年3月に実施いたしました。

  • 西田が伝える
  • 齋藤が語る
  • 梅田が伝える
  • 野澤が語る
  • 藤田が挑む
  • 松下が伝える
  • 小俣が語る
  • 馬場が伝える
  • 高橋が繋ぐ
  • 瀬田が語る
  • 青池が吠える
  • 里見が語る
  • 阿部が語る
  • 橋本が挑む
  • 中村が挑む
  • 松田が語る
  • 白倉が創る
  • 杉崎が挑む
  • 小金井が伝える
  • 川上が伝える
  • 内藤が伝える
  • 亀卦川が伝える
  • 柳生が描く
  • 石森が伝える
  • 田中が伝える
  • 松尾が伝える
  • 山崎が挑む 田中が応える
  • 西村が描く
  • 木村が届ける
  • 鮎川が伝える
  • 藤本が伝える
  • 中田が語る
  • 矢崎が伝える
  • 立花が語る
  • 佐藤が語る
  • 依藤が語る
  • 北森が語る
  • 佐久間が吠える
  • 黒木は語る

ページトップへ