多摩大学 現代の志塾

徹底分析。多摩大の志
自分をとことん見つめ直すこと。その向こうに新たな可能性が広がっていく。株式会社エイチ・アイ・エス 松下 素直 グローバルスタディーズ学部 2015年卒業

2015年3月多摩大学グローバルスタディーズ学部を卒業。2015年4月に株式会社エイチ・アイ・エスに入社。以来、渋谷本店にて、国内旅行を中心としたカウンターセールスに従事している。少しずつ顧客のリピーターが増え、信頼関係を築いていくことの喜びとやりがいを実感している。

Interview

学生時代に取り組んだこと

学生時代に取り組んだことグローバルスタディーズ学部がある湘南キャンパスでは、授業中はもちろんのこと、あらゆる場面に英語が飛び交っています。国際関係の仕事に憧れ、英語を習得したくて多摩大学に入学した私にとっては、とことん英語に浸る濃密な環境は期待以上のものでした。3年生の夏休みには語学研修に参加し、イギリスのシェフィールド大学へ。現地の授業には、韓国やタイなどさまざまな国の学生が参加しており、みんなとディスカッションを重ねる中で、大きく視野が広がったと感じます。こうした日々を重ねて入学時からTOEICの点数が300点近くアップしたことは、多摩大学でつかんだ大きな成果。しかし、得られたものはそれだけではありません。自分の興味や志向を見つめ直し、本当にやりたいことを明確にできた4年間だったと思います。そのきっかけと方法を与えてくれた授業が、佐藤美津子先生の「キャリアビジョン」。幼い頃までさかのぼり、徹底的に自己分析に取り組んだ体験が、自信を与えてくれたと思います。就職活動で挫けそうになったときは、授業のレポートを何度も読み返し、自分を勇気づけました。


社会人になって想うこと

社会人になって想うこと就活中に大変お世話になったのが、キャリア支援課の方々です。頻繁に足を運んでは、疑問に思うこと、不安に思うこと、とにかく何でも相談しました。その都度、的確なアドバイスと励ましの言葉をいただき、落ち着いて就職活動を進めることができました。就職活動以外の面でも、多摩大学では職員の方々のサポートが行き届いていたと思います。現在はエイチ・アイ・エスに勤め、旅行コンサルティング業務に携わっています。相談に来られるお客様は、100人100通りのご要望をお持ちです。そのご要望を旅行プランにまとめてご提案する仕事は、まさに100通りのプレゼンテーションをしているようなもの。もともと人前で話すことが苦手だった自分がこの仕事を楽しめているのは、大学時代に萩原浩一先生の授業を受けたおかげです。ニュースなどを題材に自分の感じたことを発信する練習を積み、伝達力やコミュニケーションスキルを培いました。お客様の旅行プランがまとまって、「楽しみだね」なんて話している声を聞くと、自分のことのように嬉しくなります。


思い出の一枚
共に留学を経験したみんなと
共に留学を
経験したみんなと

大学3年生のときに参加したイギリス留学の仲間と、別れ際に成田空港で撮った一枚。留学中は、学年の垣根を超えてたくさん語り合いました。私が持っている「I ♡ SHEFFIELD」のバッグには、ホストファミリーからのお土産が。向こうのパパとママの愛情で、パンパンに膨らんでいます。留学プログラムを通じて日本とイギリスに生まれた絆は、一生の宝物です。

コレが私のマストアイテム
父にもらった腕時計
父にもらった
腕時計

就職祝いに父からもらった腕時計です。もともと腕時計を身につける習慣がなかったのですが、社会人になるということで、プレゼントしてもらいました。緊張の入社式も、初めてカウンター業務に入ったときも共に乗り越えて、今ではとても愛着を感じています。父が守ってくれている、と言っては大げさかもしれませんが、常に身につけていたいと思っています。



ご登場いただいた方々の所属や肩書きなどは取材当時のものです:このインタビューは2016年11月に実施いたしました。

  • 村木が描く
  • 井上が語る
  • 三代が伝える
  • 田坂が願う
  • 西田が伝える
  • 齋藤が語る
  • 梅田が伝える
  • 野澤が語る
  • 藤田が挑む
  • 松下が伝える
  • 小俣が語る
  • 馬場が伝える
  • 高橋が繋ぐ
  • 瀬田が語る
  • 青池が吠える
  • 里見が語る
  • 阿部が語る
  • 橋本が挑む
  • 中村が挑む
  • 松田が語る
  • 白倉が創る
  • 杉崎が挑む
  • 小金井が伝える
  • 川上が伝える
  • 内藤が伝える
  • 亀卦川が伝える
  • 柳生が描く
  • 石森が伝える
  • 田中が伝える
  • 松尾が伝える
  • 山崎が挑む 田中が応える
  • 西村が描く
  • 木村が届ける
  • 鮎川が伝える
  • 藤本が伝える
  • 矢崎が伝える
  • 立花が語る
  • 佐藤が語る
  • 依藤が語る
  • 北森が語る
  • 佐久間が吠える
  • 黒木は語る

ページトップへ