多摩大学 現代の志塾

大学概要

TOP メールマガジン「現代の志塾」・・・多摩大通信 vol.81

メールマガジン

「現代の志塾」多摩大通信

━2015.11.2━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「現代の志塾」多摩大学・・・多摩大通信   Vol.81

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1>多摩大学メルマガ「多摩大通信2015」配信について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ご登録の皆様に多摩大学の最新情報をお届けするため、メルマガ
「多摩大通信」を配信いたしますので、是非ご覧ください。

■送信の解除・アドレス変更、追加、ご意見ご感想は、下記アドレス
までご連絡ください。 mm@tama-u.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2>問題解決学セミナー@品川 無料公開講座! のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・多摩大学 大学院×経営情報学部

実学とは「問題解決学」であります。多摩大学経営情報学部34名
の教授陣が3年間かけて研究開発した「問題解決学」を初披露。
各専門分野の立場から「問題の発見と解決の方法」を伝授します。
多摩大学経営情報学部 事業構想学科長
大学院経営情報学研究科(MBA)教授
金 美徳

★11月12日(木)開講
講師:趙 佑鎭「急がば回れ-組織のイノベーションと人材育成-」
講師プロフィール:https://www.tama.ac.jp/guide/teacher/tyo.html

組織が抱える問題の所在は、その究極は「ヒト」にある。
「あのリーダーが悪かった」、「組織内での人材不足」は
誰でも評論できる問題発見の言葉だが、本質をある程度は
突いている。
では、上記の問題解決の方法である「人材育成」は誰でも
実行できるものであろうか。
答えが否である理由は、皆様も容易に推測できるであろう。
本講義では、人材育成を起点とする組織改革の「ピンと来
る」日本と韓国の実例を中心に、問題解決の実践を考えて
みたい。

お申込はこちら
https://w2.axol.jp/entry16/tama/step1?f=39
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<3>2015 多摩大学T-Studio 公開講座ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・2015年10月1日~2016年1月21日 会場:多摩キャンパスT-Studio
(毎週木曜日 13:00~14:00 年末年始など休講 )
受講料:1,000円 当日会場にて

★11/5 (木)「中国語を学ぼうII」
講師:巴特尓(バートル)経営情報学部准教授
https://www.tama.ac.jp/guide/teacher/baator.html

中国語の発音と基本的な文型を始め、挨拶と自己紹介の簡単な表現
を学習します。また中国語の新語の紹介を通じて「中国の光と影」
の両面から今の中国の実像を開設します。

お申込:https://www.tama.ac.jp/t-kouza/index.html
(当日のご来場も可能です)
TEL:042-337-7300 多摩大学学長室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「現代の志塾」多摩大学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経 営 情 報 学 部    産業社会の問題解決の最前線に立つ志人材
               (人物)を育てる
グローバルスタディーズ学部 グローバルな問題を解決できグローバル
               な舞台で活躍できる人材を育てる
大学院 経営情報学研究科  一業を起こし一業をマネジメントできる
               人材を育てる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:多摩大学 学長室
〒206-0022 多摩市聖ヶ丘4-1-1
TEL 042-337-7300 FAX 042-337-7103
https://www.tama.ac.jp/
■アドレス変更、追加、ご意見ご感想は、下記アドレスまでご連絡くだ
さい。
mm@tama-u.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバー



ページトップへ