多摩大学 現代の志塾

大学概要

TOP 大学概要教員紹介(業績公開) 荻阪 哲夫

教員紹介(業績公開)

荻阪 哲夫/オギサカ テツオ

荻阪 哲雄/オギサカ テツオ

職 名

客員教授

所 属

経営情報学部


プロフィール

多摩大学大学院 経営情報学研究科修士課程修了(MBA取得)。
警視庁に勤務時、組織文化に問題意識を持ち、組織変革のコンサルタントになることを志す。退庁後、ビジネスをゼロから学ぶためにベンチャー企業へ転職。新規法人営業に従事し1年後、全国トップの営業成績を収める中で、顧客中心の組織づくりを研究する。その後、一橋大学 山城章名誉教授の経営研究所へ プロジェクトマネジャーに転身。OD(組織開発)理論を習得、上場企業300社で働きかけの修業を経て、1994年、組織風土改革コンサルティングファーム スコラ・コンサルトの創業期に参画。スコラの風土改革NO1コンサルタントとして活躍後、パートナーに就任。2007年、独立。組織の結束力を高めて、ビジョンを行動へ変える『バィンディング・アプローチ』手法を提唱して、株式会社 チェンジ・アーティストを創業。代表に就任。これまでの20年間に、3万時間のコンサルティングを展開して、1万人以上のリーダーを支援。組織を動かす「ツボ」と「コツ」を、実践フィールドでわかりやすく教えることに定評がある。現在、講演・ファシリテーション・コンサルティング活動を通してクライアント企業を支援している。
2015年、多摩大学大学院にて「バイディング・アプローチによる新たなビジョン実践手法の創出」を発表して、優秀論文賞受賞。
2016年、多摩大学 経営情報学部 客員教授就任。「入門 ビジョン・マネジメント論」を開講。

講師紹介動画

―MEDプレゼンのメインプレゼンターとして登壇―

主要著書

『成長が「速い人」「遅い人」(日本経済新聞出版社)』
『社員参謀!人と組織をつくる実践ストーリー(日本経済新聞出版社)』
『リーダーの言葉が届かない10の理由(日本経済新聞出版社)』
『結束力の強化書(ダイヤモンド社)』
『ここから会社は変わり始めた(日経ビジネス人文庫/共著)』

学部担当科目

産業社会特講( ビジョン・マネジメント論 2019春 )

関連ウェブサイト


ページトップへ