EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学オフィシャルウェブサイト。経営情報学部、グローバルスタディーズ学部、社会人大学院の紹介、入試情報等。学長:寺島実郎

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ

ニュースリリース

☰ MENU

アーカイブ

グローバルスタディーズ学部の記事

本学グローバルスタディーズ学部2年生の一條拳吾(2016年度「志」AO入試 コミュニケーション型入学)が2016年11月27日に行われたF4日本一決定戦にて3位入賞しました。

001.jpg
004.jpg
002.jpg
003.jpg



レース参加報告書はこちら(PDF 699KB)

本学の平成30(2018)年度入学試験及び教育内容につきまして、説明会を開催させていただきます。
説明会終了後、個別相談の場も用意しております。
入試担当教員及び職員が控えておりますので、併せてご活用いただければ幸いです。

日時・場所
第1回 平成29(2017)年6月9日(金)15:30~19:10 多摩キャンパス
第2回 平成29(2017)年6月23日(金)16:00~18:50 湘南キャンパス

本説明会でお伝えしたい主な内容
学長の寺島実郎による講演「日本の教育に問われるもの」
副学長の久恒啓一による講演「大学改革の『多摩大モデル』」
【経営情報学部】
 ・経営情報学部紹介
【グローバルスタディーズ学部】
 ・グローバルスタディーズ学部紹介

学長 寺島 実郎 副学長 久恒 啓一
学長 寺島 実郎 副学長 久恒 啓一
プロフィール
1947年北海道生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授等を歴任し、現在、一般財団法人日本総合研究所会長も務める。その他に文部科学省 日中韓大学間交流・連携推進会議委員、同省 グローバル人材育成推進事業プログラム委員会委員、経済産業省 資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、国土交通省 国土審議会計画推進部会委員等兼任。1994年石橋湛山賞受賞。2010年4月早稲田大学名誉博士学位。
近著に、『シルバー・デモクラシー 戦後世代の覚悟と責任』(岩波新書)、『寺島実郎 中東・エネルギー・地政学--全体知への段階的接近』(東洋経済新報社)。主な著書は、『二十世紀と格闘した先人たち-- 一九〇〇年 アジア・アメリカの興隆』(新潮社)、『新・観光立国論-- モノづくり国家を超えて』(NHK出版)、『何のために働くのか-- 自分を創る生き方」(文春新書)、他多数。
現在、BS11「週刊 寺島文庫 〜寺島実郎の未来先見塾〜」毎週金曜日20:59〜21:49 放送中
プロフィール
1950年大分県中津市生まれ 九州大学法学部卒業。昭和48年日本航空株式会社入社、広報課長、サービス委員会事務局次長を歴任。ビジネスマン時代から「知的生産の技術」研究会(現在はNPO法人)に所属し著作活動も展開。
早期退職し、平成9年4月新設の宮城大学教授(事業構想学部)に就任。平成14年に日本経済新聞社から出した「図で考える人は仕事ができる」がベストセラーに。
NPO法人知的生産の技術研究会理事長。平成16年度より中国・吉林大学客員教授。平成20年度より多摩大学教授。宮城大学名誉教授。平成24年度より多摩大学経営情報学部長。平成26年度より多摩大学総合研究所所長、平成27年度より副学長を兼務。平成29年4月1日より多摩大学副学長、研究開発機構長。

お申し込み方法
下記項目を記載の上、メール(nyushi@gr.tama.ac.jp)にてお申し込みください。
出席日 ②貴校名/貴社名 ③役職名 ④御氏名 ⑤電話番号

詳細はこちらをご覧ください。 (PDF 392KB)

2016年度寺島実郎学長主宰のインターゼミ、最終発表の模様を掲載しました。

多摩学
アジアダイナミズム
サービス・エンターテインメント
地方再生
環境・エネルギー

平成29年1月に創設した、多摩大学および多摩大学の附属中学校・高等学校教職員をメンバーとする『高大接続アクティブ・ラーニング研究会』の発足会議を4月17日(月)に開催しました。当日は、多摩大学目黒中学校・高等学校、多摩大学附属聖ヶ丘中学校・高等学校、多摩大学より総勢24名が一堂に会し、研究活動内容と高大連携プロジェクトの進め方につき活発な議論が行われました。これを持ち10に上る高大連携プロジェクトが本格始動しました。

NMS_6850.jpg

グローバルスタディーズ学部では、平成28(2016)年度秋学期VOICE(授業評価)結果を「多摩大学授業評価規程」に照らし、以下のとおり、評価の高かった教員を顕彰しました。
なお、顕彰対象候補者は、アクティブ・ラーニング支援センター委員会が「授業評価表彰に関する基準」を基に集計し、学部長が顕彰者を決定します。

IMG_2352.JPG

顕彰対象者
対象教員名カテゴリ
ブライアン イングリッシュ 教授 EP(English Program )科目
渡邊 泰典 教授 コア科目
エリック ホノベ 教授 一般科目
竹内 一真 専任講師 専門科目

3月28日(火)、グローバルスタディーズ学部は台湾花蓮市の国立東華大学と相互交流に関する覚書を締結しました。台湾東海岸北部に位置する花蓮は、タロコ渓谷や少数民族(原住民)が多く住む風光明媚な観光地として有名であり、日本統治時代には日本人が多く移民してきた場所として今も多くの遺産が随所に見られます。

調印式に臨んだ朱景鵬副校長は、グローバルスタディーズ学部から花蓮の自然の中で歴史や人文学を学びに来台する学生を大いに歓迎するとし、安田震一学部長は、2020年東京オリンピックのセーリング会場となる江の島が位置する藤沢市の魅力や、ホスピタリティ人材の育成に取り組んでいるグローバルスタディーズ学部の取り組みを紹介しました。今後は両大学の学生が、短期交換留学やサマースクールなどで相互訪問を重ねることが期待されます。

【国立東華大学ウェブサイトhttp://www.ndhu.edu.tw/bin/home.php

170328.jpg

3月27日(月)、グローバルスタディーズ学部は台湾新北市の真理大学と相互交流に関する覚書を締結しました。台北から近く、観光地としても有名な淡水に位置する真理大学は、1882年にカナダ人宣教師が開設した西洋式教育施設が起源の総合大学。調印式に参加した真理大学の林文昌校長は、学術シンポジウムや、教員の相互交流、学生の語学短期留学や長期交換留学、専門的な分野での交流を希望しました。

安田震一学部長は、東京五輪のセーリング競技会場予定地となった江の島がある藤沢市と提携するなど、インバウンドをサポートしてホスピタリティを学ぶ環境を整備していることを紹介。「英語や日本語を学ぶ学生、観光について学ぶ台湾の学生を歓迎する」と述べ、両大学の交流促進を大きく前進させたいと伝えました。

【真理大学ウェブサイト http://www.au.edu.tw/

170327.jpg

多摩大学グローバルスタディーズ学部新入生オリエンテーションおよび入学式についてご案内いたします。

開催場所、開催時間等ご確認のうえ、余裕をもってご参加ください。

詳細はこちら (PDF 287KB)

日時:2017年4月4日(火)
   受付 午前10:00~12:00、午後13:00~16:00)
場所:湘南キャンパス中庭、駐輪場

健康診断の日ですので時間に余裕をもって来校してください。
献血をすると、無料で自分の健康状態を知ることが出来る上に、記念品も頂けます。

グローバルスタディーズ学部では、ユニークな入学前学習プログラムを展開しています。
2月11日(土)に開催の登校日では太鼓集団「響」をお招きしてミニコンサートを開催、実際に太鼓に触れるワークを行いました。

太鼓集団「響」