z 多摩大学 現代の志塾
EnglishChinese

現代の志塾 多摩大学オフィシャルウェブサイト。経営情報学部、グローバルスタディーズ学部、社会人大学院の紹介、入試情報等。学長:寺島実郎

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ
☰ MENU
徹底分析。多摩大の志
  • 高い志をもって社会で活躍している多摩大学の卒業生たち。
    彼らが大学で身につけた力、その力を社会でどう生かしているか?
    卒業生たちの姿を通して、多摩大学で養われる力に迫ります。

    黒木の志 ゴールを決めて自分を追い込む。それが、結果へとつながっていく 佐久間の志 真っ当なプロジェクトを遂行する。その志を常に持ち続けたい 北森の志 何気ない積み重ねが自分のやりたいことへとつながる。 依藤の志 自分が心地良いと感じる居場所を知っている。 佐藤の志 アタマで考え、カラダを動かす。 立花の志 一つのツールとして英語を極める。「世界中の人々とコミュニケーションが出来る」自分がいる。 矢崎の志 自分で考え、自分の足で歩くこと。今の仕事を楽しむための法則。 中田の志 ITと経営が学べる環境で、アウトプットの大切さを学んだ。 藤本の志 「日本を元気にすること」共有できれば可能なはず。 鮎川の志 幅広く興味を持って、新しいアイデアを生み出す。その第一歩を踏み出す力を大切に。 木村の志 相手の気持ちをくみ取る、コミュニケーションの重要性 西村の志 志が職業に直結できなくてもくじけないこと。アジアと日本の架け橋になる夢を、いつか実現したい。 田中 山崎の志 難しくても諦めない気持ち。この「ぶれない心」がボクたちの志。 松尾の志 全体から客観を見ていくうちに 強みや個性が見えてくる。 田中の志 やりたいことは学生が主体になって先生を巻き込んでいく。それが多摩大学流の学び方。 石森の志 机の上だけでは学べない実際のビジネスを海外インターンシップで学ぶ。 柳生の志 ゼミで学んだ強靭な発想力と構想力で小豆島のオリーブを世界へ。 内藤の志 ゼミで身につけた顧客目線やコミュニケーション能力を消防士として生かしていく。 亀卦川の志 多摩大学が教えてくれた気づきが将来弁理士になるという目標を与えてくれた。 上川の志 ゼミでの経験をもとに個の力を育む。 小金井の志 数多くのプレゼンの経験から柔軟な対応力が身についた。 杉崎の志 つねにチャレンジ精神 日本のレジャーを変えていきたい。 白倉の志 無いなら創れ!の発想でトイレの新職業を創る! 松田の志 演奏会の企画運営から学んだ多くの人に喜んでもらうためのノウハウ。 中村の志 英語はあくまでも手段。前向きなキャリアを見つける。 橋本の志 経営のエッセンスを活かし、「志」を持って政治課題に取り組む。 阿部の志 ゼロからイチを生み出すベンチャーマインドで自分の道を切り拓く。 里見の志 香料業界のリーディングカンパニーで「香り」のエキスパートを目指す。 青池の志 あらゆる場面で臆せずコミュニケーションがとれる「対話力」でプロジェクトの成功に貢献。 瀬田の志 語学力はもちろん、行動力を高めるのも、湘南キャンパスならではの魅力! 高橋の志 着物を通して「異文化コミュニケーション」を実践 馬場の志 村山ゼミⅠ期生としての活動で、社会人に必要な基礎力が身に付いた 小俣の志 誰もが才能を活かせる世界をつくりたい。多摩大学が自分にチャンスをくれたように。 松下の志 自分をとことん見つめ直すこと。その向こうに新たな可能性が広がっていく。 藤田の志 情報セキュリティの専門家として世界最先端の技術にチャレンジ!

  • 藤田が挑む
  • 松下が伝える
  • 小俣が語る
  • 馬場が伝える
  • 高橋が繋ぐ
  • 瀬田が語る
  • 青池が吠える
  • 中村が挑む
  • 阿部が語る
  • 橋本が挑む
  • 中村が挑む
  • 松田が語る
  • 白倉が創る
  • 杉崎が挑む
  • 小金井が伝える
  • 上川が伝える
  • 内藤が伝える
  • 亀掛川が伝える
  • 柳生が描く
  • 石森が伝える
  • 田中が伝える
  • 松尾が伝える
  • 山崎が挑む 田中が応える
  • 西村が描く
  • 木村が届ける
  • 鮎川が伝える
  • 藤本が伝える
  • 中田が語る
  • 矢崎が伝える
  • 立花が語る
  • 佐藤が語る
  • 依藤が伝える
  • 北森が語る
  • 佐久間が吼える
  • 黒木は語る