English

多摩大学オフィシャルウェブサイト。経営情報学部、グローバルスタディーズ学部、社会人大学院(MBA ビジネスデータサイエンス)の紹介。イベント、入試情報等。学長:寺島実郎

現代の志塾 多摩大学

  • 初めての方へ
  • 資料請求
  • 交通アクセス
  • スクールバス時刻表
  • お問い合わせ
徹底分析。多摩大の志
香料業界のリーディングカンパニーで「香り」のエキスパートを目指す 高砂香料工業株式会社 フレーバー事業本部フレーバー販売第一部 里見直彦 経営情報学部2004年卒業

2004年3月多摩大学経営情報学部卒業。その後、世界28ヶ国に拠点を持つ、国内トップの香料メーカーである高砂香料工業株式会社に入社。フレーバー事業本部フレーバー販売第一部に所属し、食品・飲料メーカー向け法人営業を担当。時代が求めている「香り」を知るために、最新レストランや食のイベントにも頻繁に足を運ぶなど、多忙な日々を送っている。

Interview

学生時代に取り組んだこと

学生時代に取り組んだこと多摩大学に入学しようとしたきっかけは、ゼミに力を入れた実学重視の学びに興味を持ったから。在学中は野田稔ゼミに所属し、組織論やマーケティングを学びました。このゼミは、個性的な学生が多く、本気で議論をしていたのを覚えています。また先生が招聘した第一線のビジネスマンが、課題を持ってゼミに参加する機会もありました。そういった機会を通し、大学内だけでは身につかない、リアルなビジネスとの接点も経験できました。多くの人々とのディスカッションやプレゼンなどを通して、社会に必要なルールを学び、「自分が働く」ということを早くから意識するきっかけになったと思っています。気の合う友人だけと過ごす大学生活ではなく、世代が異なる人たちとの交流の積み重ねが、自然とコミュニケーション力を高めていくのではないでしょうか。真剣に議論したゼミの友人たちとは、いまでも交流が続いています。それぞれがさまざまな業界で活躍していますが、そこでの情報交換もいい刺激になっています。


社会人になって想うこと

社会人になって想うこと現在は、高砂香料工業株式会社でフレーバー事業本部に所属し、主に食品や飲料メーカーの法人営業を担当しています。お客様であるメーカーからのオーダーをもとに、「香り」をつくり、それを提案していく。五感の一つである「香り」は、一言で「甘い香り」といっても一人ひとり捉え方は違います。それをどれだけ細かく聞き出し、いかに提案できるか。多摩大学時代に身に付けたコミュニケーション力は、「対話力」として、この仕事に役立っていると思います。お客様であるメーカーの先にも、必ず最終消費者がいます。いわゆるB to B to Cであり、マーケットとも“対話”できるような、イマジネーションが提案の出来を左右します。つねに今何が流行っているのかを意識し、新製品が発売されたら必ず試し、新しいお店ができたら行ってみること。自分で確かめることが大切です。最近、「香り」と関わりの深い、ワインエキスパートの資格を取得しました。資格取得については、会社側でも支援する体制が整っています。より高い専門性を身に付けた個人が、社内外の知見を結集し、世界と戦っていく。そういう時代であることを実感しています。野田ゼミで学んだことを、いま自分が実践しているのかもしれません。


思い出の一枚
夢中で活動したテニスサークル
夢中で活動したテニスサークル

大学時代に所属していたテニスサークル「アボガド」での1枚です。高校時代からはじめたテニスを大学でも続けたいと思い、大学内で一番真面目にテニスをやっていたこのサークルに入りました。関東学生庭球同好会連盟にも所属し、試合にも出場。上下関係もしっかりしていて厳しい反面、サークル内のヨコのつながりはとても強く、いまでも毎年のように同級生はもちろん、1期生の先輩から在学生まで集まって交流を深めています。

コレが私のマストアイテム
時計&筆記具
時計&筆記具

営業マンにとって欠かせないアイテムがこのペンと腕時計です。ペンは入社時に、腕時計は結婚時に妻にもらったものです。営業にとって必ず時間を守ることは基本中の基本。この2つはつねに身に付けています。やはり長く使っていると愛着がわいてきます。絶対に手放せません。また仕事がら帰宅が遅くなることも多いのですが、この時計を見るたびに妻の顔が浮かび、「早く帰らないと」と思ってしまいます(笑)。



ご登場いただいた方々の所属や肩書きなどは取材当時のものです:このインタビューは2016年2月に実施いたしました。